脚注用のフレーム。

 

 

 

参考文献

サガ

古ノルド語の原本テキスト版:
H. Bertelsen, Didriks saga af Bern, コペンハーゲン, 1905-11.

ドイツ語訳:
Die Thidrekssaga, oder Dietrich von Bern und die Niflungen, uebersetzt durch Friedrich Heinrich von der Hagen. Mit neuen geographischen Anmerkungen versehen von Heinz Ritter-Schaumburg. Otto Reichl Verlag, St.-Goar, 1989
Die Geschichte Thidreks von Bern, Sammlung Thule XXII, uebertragen von Fine Erichsen, Eugen Diederichs Verlag, Duesseldorf, 1967

また、数人の方から英訳があるとの連絡を受けましたが、具体的な情報を得ていません。

近代の文献

Th. M. Anderson, An interpretation of Thidreks saga, in: Lindow, Loennroth & Weber (eds.) Structure and meaning in Old Norse Literature, Odense University Press, 1986, p. 347 ff.

 

J. Bazelmans, Een voor allen, allen voor een, Dissertatie UvA 1996.

 

H. Beck, Einleitung zu den Beitraege der Arbeitskreis Thidrekssaga, in: Arbeiten zur Skandinavistik, 6. Arbeitstagung 1983, Verlag Peter Lang, Frankfurt am Main, 1985, p. 427 f.

 

H. den Besten, Bemerkungen zu einen Kritik, in: Amsterdamer Beitraege zur aelteren Germanistik 33, 1993, p. 117 f.

 

R. C. Boer, Ueber die Handschriften und Redactionen der Thidrekssaga, in: Arkiv foer nordisk filologi VII, 1890, p. 205 ff.

 

R. C. Boer, Thidrekssaga und Niflungasaga, in: Zeitschrift fuer deutsche Philologie XXV, p. 433 ff.

 

R. C. Boer, Untersuchungen ueber die Nibelungensaga, Verlag der Buchhandlung des Waisenhauses, Halle, 1906.

 

R. C. Boer, Hoegni's Sohn und Racher and Hoegni's Tot, in: Arkiv foer nordisk filologi 16, p. 185 ff.

 

H. de Boor, Kapitel 168 der Thidrekssaga, in: Edda, Skalden, Saga, Festschrift fuer Felix Genzmer, Heidelberg, 1952, p. 157 f.

 

C. M. Bowra, Heroic Poetry, Macmillan/St. Martin's Press, 1966

 

W. Dinkelacker, Nibelungendichtung ausserhalb des Nibelungenliedes. Zum Verstehen aus der Tradition, in: Ja muz ich sunder riuwe sin, Festschrift fuer Karl Stackmann, Vandenhoeck & Ruprecht, Goettingen, 1990, p. 83 f.

 

U. Ebel, Die Thidrekssaga als Dokument der norwegischen Literatur des 13. Jhdt., in: Niederdeutsches Wort xxi, p. 1 f.

 

H. Friese, Thidrekssaga und Dietrich-epos, Mayer & Mueller, Berlin, 1914.

 

Grundtvig, Danmarks gamle Kampeviser part IV, 19th century
I'm sorry, I seem to have lost my reference to this book.

 

A. T. Hatto, Appendices to the translation of the Nibelungenlied, Penguin, Harmondsworth, 1982

 

H. Hempel, Saechsische Nibelungendichtung und saechsischer Ursprung der Thidrekssaga, in: Edda, Skalden, Saga, Festschrift fuer Felix Genzmer, Heidelberg, 1952, p. 138 f.

 

H. Hempel, Nibelungenstudien, Carl Winter - Universitaetsverlag, Heidelberg, 1926

 

O. Hoefler, Siegfried, Arminius und die Symbolik, Carl Winter - Universitaetsverlag, Heidelberg, 1961

 

J. Janota & J. Kuehnel, Uns ist in niuwen maeren wunders vil geseit, in: Soester Zeitschrift 97, 1985, p. 13-25

 

Th. Klein, Zur Thidrekssaga, in: H Beck (Hrsg.) Arbeiten zur Skandinavistik, 6. Arbeitstagung 1983, Peter Lang Verlag, Frankfurt am Main, 1985, p. 407 ff.

 

S. Kramarz-Bein, Zum Dietrich-Bild der Thidrekssaga, in: H. Beck (hrsg.), Arbeiten zur Skandinavistik, 10. Arbeitstagung 1991, Peter Lang Verlag, Frankfurt am Main, 1993, p. 112 f.

 

J. Peeters, Siegfried von Niderlant und die Wikinger am Niederrhein, in: Zeitschrift fuer duetsches Altertum, 115, p. 1 ff. Reaction.

 

A. Quak, Siegfried und die niederlaendische Wikinger, in: Zeitschrift fuer deutsches Altertum, 116, p. 280 ff.

 

Heinz Ritter-Schaumburg, Die Nibelungen zogen nordwaerts, Herbig, Munchen-Berlin, 1981

 

Heinz Ritter-Schaumburg, Dietrich von Bern - Koenig zu Bonn, Herbig, Muenchen-Berlin, 1982

 

Heinz Ritter-Schaumburg, Sigfrid ohne Tarnkappe, Herbig, Muenchen - Berlin, 1983

 

K. F. Stroheker, Studien zu den historisch-geographischen Grundlagen der Nibelungendichtung, in: Deutsches Vierteljahrschrift fuer Literaturwissenschaft und Geistesgeschichte 32, 1958, p. 216 f.

 

J. Vansina, Oral Tradition: a study in historical methodology, (English translation of French original), Penguin, Harmondsworth, 1973

 

R. Wisniewski, Mittelalterliche Dietrich-Dichtung, J.B. Metzler, Stuttgart, 1986.

 

 

 

付記

ベーダ Bede (『英国教会史』V, 9)は、北西ドイツに住むフン族 Huns なる 部族にふれています。すなわち、『サガ』がいった通りの名の部族が、いった通りの場所[ゾースト付近] にいたということです。
ベーダは、教会関係の事項についてあらわした英国人の著者として有名です。 その『英国教会史(The Ecclesiastical History of Britain)』は、6〜8世紀の英国史を をもっとも詳細に網羅した資料の一つです。ガリアやゲルマニアについても興味深いことを 書いています。
第V巻、第9章で、ベーダはその司教エグベルトが、アングロ・サクソン人と近い関係にある フリジア人、ルギア人、デーン人、フン人、古ザクセン人、ボルクチュアール人など 異教徒の国々を啓蒙して回ったと書いています。この壮大な布教活動の試みが頓挫するのは、 神がエグバートに、異教徒のゲルマン国家ではなく、おそれおおくも復活祭を間違った 日に祝う異端のスコットランドを改宗させるべきだ、とお告げになったためです。 それを考えただけでうんざりとなったエグバートは、結局ふるさとの地にとどまったのです。
フリジア人、ルーギ人、デーン人、フン人、古ザクセン人、ボルクチュアール人など フリジア人、ルーギ人、デーン人、古ザクセン人、フン人 (=英国のサクソン人ではなくドイツのザクセン人)はすべてドイツの北海沿岸 ちかくに住んでいました。 よって、フン人がその近くに住んでいるいえば、うなずけます。そうすれば、『シドレクスサガ』 の地形におまことにすんなりとあてはまります。
(ボルクチュアール人は、歴史のもやに失われた一族です。)

 

 

その川底がかわったのは、この1840年のことです。 そのため、現在は、ライン川の支流として挙げられなくなりました。

 

 

20-24行と64-67行. バツェルについて

 

 

『シードレクスサガ』222章(Ths. 222)で、ディートリヒに負かされた あとでジークフリートは、明確にそういっています。

 

 

Kramarz-Bein は、このディートリヒがこうした トリックをもちいることをして、真の勇者ではなかった証拠のひとつにあげています。 しかし、私は異議をとなえたい。勇者は、ときに策をもちいることも許されるのです。 膂力のみならず知能も兼ね備えたということを見せているのです。

 

 

逃亡の身とはいえ、ディートリヒは、王としての自立的な立場を保っていたようです。 ですが、グランシュポルトの戦いまでは、どれもアッティラのための戦争ばかりを戦っています。

 

 

その著作以外、本人についてはまるでなにも知りません。 他にノヴァーリス(詩人)についての著作があるようです(ノヴァーリスについては詳しく知りません)。 また、そのその崇拝者たちは、ナチ主義者であるというドイツのウェブサイト がありました。リッターは一九九六年に没しています。

 

 

『シードレクスサガ』134−7章(Ths 134-137)は、アッティラを喧伝するため、 内容が改ざんされているのです。 要約と比較してみてください

 

 

ここで、まるっきり違う話題にはいりますが:

 

Structured User-Friendly Interfacing

 

オランダの学術的用語で、おおよそ「つまならさが足りない」と言う意味です。

 

脚注の凡例。