Ogden Nash
オグデン・ナッシュ
(1902-71)

Frederic Ogden Nash, b. Aug 19, 1902 in Rye, NY. Briefly educated at Harvard (1920-1). Known generally for his humorous light verse. Was on the staff on The New Yorker magazine. In 1943 he collaborated with composer Kurt Weill on the musical "One Touch of Venus"
本名フレドリック・ オグデン・ナッシュ。1902年、ニューヨーク州ライ市生。ハーバード大中退。ユーモアのある詩作で知られる。 「ニューヨーカー」誌に在籍。1943年に、作曲家クルト・ワイルとの合作ミュージカル『生き返ったヴィーナス』がある。 (*エヴァ・ガートナー主演の映画化(1948年)の邦題は『ヴィーナスの接吻』。)

 

Table of Contents


Nonsense Poem:Geddondillo
The Musical: A Touch of Venus:
  • "Foolish Heart"
  • Wry poem on Japanese Immigration
    Ice-Breaking
    Related links

    目次


    ナンセンス詩:ゲドンジロ
    ミュージカル:『 生き返ったヴィーナス』
  • 「お馬鹿さんな心」
  • 日本移民についての風刺詩
    ナッシュの有名な一作
    関連リンク

     

    The following is Nash's nonsense poem, supplied with footnotes where I speculate on its meaning.

    Geddondillo1

    The sharrot2 scudders3 nights in the quastron4 now,
    The dorlim5 slinks undeceded6 in the grost7,
    Appetency8 lights the corb9 of the guzzard10 now,
    The ancient beveldric is otley lost.

    Treduty13 flees like a darbit14 along the drace15 now,
    Collody lollops16 belutedly17 over the slawn18.
    The bloodbound bitterlitch19 bays the ostrous20 moon now,
    For yesterday's bayable majicity21 is flunky22 gone.

    Make way, make way, the preluge23 is scarly24 nonce now,
    Make way, I say, the gronderous25 Demiburge26 comes,
    His blidless27 veins shall ye joicily28 rejugulate29 now,
    And gollify30 him from 'twixt his protecherous31 gums.


    1gedondillo. Composite noun made up of "armadillo" and "armageddon".
    2sharrot. A flying creature presumably consisting of part shark, par parrot.
    3scudders.Flight motion combining both the "scud" and "flutter" at once, perhaps.
    4As to what or where quastron might be, I can only speculate. The "quasillum" in Latin is a small basket, while "alabastron" is a small Greek vase or ampule often made of alabaster. Combining the two may suggest a "small bird-cage" of some kind.
    5dorlim. Its "slinking" behavior makes it likely it is part dormouse, a hibernating rodent in-between a mouse and a squirrel. Perhaps though the creature appear near the "doorsill" or "doorjambs" of human domiciles. (Although the true etymology is not "door" but rather French dormir meaning 'to sleep', alluding to its hibernating behavior.)
    6undeceded. This verb has the same Latin root -cedare as "recede" and "proceed", hence must be a motion of some kind. The OED lists "decede" as an obsolete verb meaning "go away, depart, remove"
    7grost. A contraction for "ground-post" is my guess.
    8appetency. In comparison with "competency", deriving from "compete", which is formed from the Latin com with + petere to seek, "appetency" might be construed to mean, "lack of effort or zeal". Or, it may just be a malapropism for "appetite".
    9corb. A "corneous" (horny) knob.
    10guzzard. Probably a sub-type of the buzzard, with a prominently featured gizzard.
    11beveldric. "bevel" is "angled", and a "baldric" is a type of belt or strap that's slung diagonally crosswise across the shoulders, meant for carrying a sword, bugle, etc.
    12Otley is an English town and birthplace of cabinet maker Thomas Chippendale. The suffix "-ley" is frequently used in place names, and is a variant spelling of "lea", meaning 'grassland, meadow'. Usage of "otley" here as an adverb perhaps means 'at ley (at ley)'; cp. "men lost at sea" or "far asea".
    13Treduty. Unknown. Since it occurs here as singular noun without an article, I'll treat is as a proper noun. Likewise for Collody below.
    14darbit. A combination "derby" (pronounced "darby") by the English, and "rabbit". This may well be the decoy rabit used in grayhound races.
    15drace. Pehaps "drapes" made from "lace".
    16lollop means either 1. lounge about or 2. move in a clumsy or relaxed way. (New Webster's dictionary)
    17belutedly. A take on "belatedly", while "lute" is a medieval string instrument.
    18slawn. Perhaps a "slick lawn" or "slated lawn".
    19bitterlitch. adverb. "bitterly and in a bitching(griping) sort of way."
    20ostrous. may be amenable to several interpretations, but I adopt "oysterlike", from Latin ostrea 'oyster'.
    21majicity. "majesty" like that of a "magic city" ?
    22is flunky gone. One can interpret this as an antiquated (present perfect) form of "has gone flunky," perhaps meaning has turned into a failure.
    23preluge. Perhaps a disaster predating the "deluge".
    24scarly. Perhaps a portmanteau word consisting of "scarcely" and "nary".
    25gronderous. "great" and "ponderous".
    26Demiburge This appears to be a monstrous being of some kind. A "demogorgon" is the name of a terrible infernal being. Or it may be a veiled coinage for "demi bourgeoisie", that is to say, those segments of society who consider themselves above the "petty bourgeoisie", thus subject to satire.
    27blitless. both "bloodless" and "blitheless"
    28joicily. demonstrative of "icy" "joy".
    29rejugulate. "re-" + "jugular" + "circulate"
    30gollify. both "gall" and "mollify" at once.
    31protecherous. "protruding" and "lecherous"?

    以下は、ナッシュによるナンセンス詩。脚注に、その意味の解読の試論を展開した。この訳詩も その推論にもとづいて行った。

    ゲドンジロ1

    鮫鵡シャロット2は今、 夜な夜な籠瓶クアストロンの中を かけばたき、
    戸鼠5 は、 不進するにあら6して、 地柱グロスト7にこそこそと這う。
    食慾度8は今、砂嚢禿鷹じゃげたか9胼胝瘤たここぶ10を輝かせ、
    いにしえ斜綬帯ベヴェルデリック11 は、牧原にて12失えリ。

    トレデュティー13は今、 競兎14の如く レーステン15づたいに逃げ、
    コロディーは、ウクレレばせながら16に、 滑芝すべしば17蹣跚まんさん18する。
    ブラッドハウンドは今、苦愚痴にがぐちっぽく19 牡蠣的なる20月に吠える。なぜに、
    昨今の遠吠えにあたう妖厳さ21はもう、へな損なわれしゆえ 22  

    道開け、道開けい、大洪氷23は今や、ちぼっとも24一度こっきりならず。   
    道開け、と言うに。巨太25なるデミブルジュ26は来たり。その   
    無血無笑の27静脈を、うぬらは今、嬉憂きゆう 28として再頚脈動29させ、
    その突淫なる30歯茎の間から、これをさかなだめる。31


    1 gedondillo. "armadillo" 「アルマジロ」 と"armageddon" 「ハルマゲドン」からなる合成語。
    2 sharrot. 鮫(シャーク)と鸚鵡(パロット)をかけ合わせた、飛行性の動物か。和名コウム、またはサメオウムドリ?
    3 scudder. "scud" 「すうっと飛ぶ」 と "flutter"「羽ばたく」動作を兼ねたような、空飛ぶしぐさであろうか。
    4 quastron. これは、ほとんどあてずっぽうだが、ラテン語で "quasillum" は「小さな籠」で、"alabastron"「アラバストロン」は ギリシャ容器の一種で、アラバスターでできた香油瓶であることから、「小さな鳥かご」が連想できる。
    5 "dorlim" 「こそこそする」習性をもつことからして、おそらくは"dormouse" 〔ヤマネ:リスとネズミとの中間の動物。冬眠性のげっ歯類〕に近い小動物であろう。 人家の"doorsill"「敷居」や"doorjamb"「戸口のわき柱」に出没するのかもしれない。 (本当の語源は、"door-"ではなく"dormir"フランス語で「眠る」である。つまり冬眠性に言及。)
    6"undeceded" これは、 "recede" や "proceed" と同様に、ラテン語の語根 -cedare [羅] をもつ、移動をしめす動詞だる。オクスフォード英辞典では、"decede"は、「いなくなる、去る、離れる」等の意味の古語として 載っている。
    7grost. これは、"ground-post"「地に埋め込んだ丸柱」の短縮形か。
    8appetency. これに近い形態の "competency" 「有能さ」の元になるのは、 "compete"で、 その語源はラテン語の com 「~と」 + petere 「求める」である。そこから推論するなら、 "appetency" は、さしずめ、 「探究心/努力/熱意の欠けたありさま」となろう。 あるいは、"appetite"「食欲」の誤用かもしれない。
    9guzzard. " buzzard"(ハゲタカなど腐食性の猛禽類)の一種で、おそらく"gizzard"(砂肝)が、 特に際立っているのだろう。鳥類の砂肝は、名どおり砂利〔じゃり〕が入っているので、「じゃげたか」と訳した。
    10corb. "corneous" 角質の"knob" 瘤〔こぶ〕であろう。 "corn"は、足にできる、 角質の隆起(足のたこ)もさすので、「たここぶ」とした。
    11beveldric. "bevel" は、「斜め」、 "baldric" は、「綬帯、飾帯」などといって、 肩から斜めにたすき掛けにかけ、剣やラッパを吊る革帯。
    12otley. 英国の町 Otley は、家具師チッペンデールの生まれ故郷。 "-ley"は、地名のとしてもよく使われる接尾語で、「草原,牧草地」を意味する。"ley"は"lea"の変形つづりである。 ここで用いられる"otley"は、あるいは"at lea"つまり「牧草地にて」という意味なのか。
    13Treduty. 不明。単数形だが、"the", "a"など冠詞がついていないので、 固有名詞とみなすことにする。次行の Collody コロディーも同。
    14darbit. "derby"(英国では"darby"と発音する)「ダービー競馬」 と"rabbit"「兎」。あるいは、グレイハウンド競争に使うデコイの兎のことかもしれない。
    15drace. レース編みの"drapes"(カーテン)か。
    16belutedly. これは"belatedly"「遅まきながら」のもじり 。"lute"「リュート」は、 中世の弦楽器。 ここでは、「ウクレレ」+「遅ればせながら」で駄洒落を通した。
    17slawn. これは"slick lawn"「つるつるした芝生」もしくは "slated lawn"「粘板岩の敷石をした芝」か。
    18lollop. 1. 寝そべったり、のらくらする、2. よたよた歩く。
    19bitterlitch. "bitterly"「苦々しい」、かつ、"bitch"「ぶうぶう不平をいう」ようなありさま。
    20ostrous. いくつか解釈はあろうが、ここでは、ラテン語 ostrea に由来する「牡蠣のような」 とした。
    21majicity. まるで"magic"("magic city") のような"majesty"(威厳、荘重、壮麗、)。 ここでは「妖艶」と「威厳」をあわせた合成語を使った。
    22is flunky gone. これは、現在完了形"has gone flunky"の古形と とることもできる。「へなちょこになってしまった」あたりの意味か。
    23preluge. "The Deluge" 「大洪水」以前の大災害か?ここでは、 [水」を「氷」に変えてひねった。
    24scarly. "scarcely" と "nary"の混成語か。(いずれも「少しも...ない」の意味)。 訳では「ちっとも」と「ほぼ(まるで)」を合わせた。
    25gronderous. "great"「大なる」 と "ponderous"「非常に重い」の混合語。 ここでは「巨大」をひねって「巨太」とした。
    26Demiburge どうやら恐ろしい怪物のようである。"demogorgon" 「デモゴルゴン」は、 地獄の大悪魔。 あるいは "demi bourgeoisie" つまり「デミ・ブル」=「半市民」という意味合いでの造語かもしれない。 すなわち、「プチ・ブル」=「小市民」よりも、自分らは上流だと思い込んでいる人々を風刺したもの?
    27blitless. "bloodless"「血のない(冷血な)」 、かつ、 "blitheless" 「陽気さのない」。
    28joicily. "joy"「嬉しそう」にして、それが "icy" 「氷のようにつめたい」。
    29rejugulate. "re-"「再」 + "jugular"「頚動脈」 + "circulate"「循環」
    30protecherous. "protruding"「突出して」おり、"lecherous"「淫乱な」?
    31gollify. "gall"「いらだたせ」 また "mollify" 「なだめる」ことを同時におこなうこと。 ここでは「逆撫でする」と「なだめる」をあわせた。

    from: A Touch of Venus

    Storyline:
    Synopses can be found at The Guide to Musical Theater and KWF.
    Art collector Whitelaw Savory has acquired a 3,000 year old prized Venus statue (it bears a resemblance to his lost love), which is getting mounted in his museum. Savory's barber Rodney Hatch comes along, and by happenstance slips his finaceée's engagement ring on the statue. A flash of light, and Venus comes back to life. The goddess falls in love with Rodney, and relentlessly pursues the engaged man, but he spurns her advances. Below is the song that the love goddess Venus sings, bemusing on how the world has changed in her millenial hiatus, wondering if she's "lost her touch," etc.

    Foolish Heart

    (Music by Kurt Weill, lyrics by Ogden Nash; from the musical One Touch of Venus, 1943 by Weill/Nash and S. J. Perelman)

    Will you tell me how these things happen?
    Have I trusted in love too much?
    Where did the magic vanish?
    Have I somehow lost my touch?
    How gay the world could be
    Could I love you, could he love me

    Love shouldn't be serious—should it?
    You meet, perhaps you kiss, you start
    I fancied that I understood it
    It was just my foolish heart
    Love can't be illogical—can it?
    You kiss, perhaps you smile, you part
    It happens the way that you plan it
    If you hush your foolish heart

    Poor foolish heart,
    Crying for one who ignores you
    Poor foolish heart,
    Flying from one who adores you

    Ah, love used to touch me so lightly
    Why will my heart betray me so?
    I could dance with a new lover nightly—
    But my foolish heart says no

    『 生き返ったヴィーナス』より

    ストーリーライン:
    美術コレクターのホワイトロー・セイヴァリーは、(思い出の彼女にそっくりな) 3,000 年前のヴィーナス像を手に入れる。ホワイトローの床屋のロドニー・ハッチは、何気ない思いつきからフィアンセの婚約指輪をこのヴィーナス像の指にはめてみる。すると像は光をはなち、愛の女神ヴィーナスがここ現代に蘇る。女神は、自分をこの眠りから解き放ってくれたロドニーに一目惚れ。容赦なく彼を追いかけるが、ロドニーは拒み続ける。 以下は、数千年のブランクから下界に戻ったヴィーナスが、世界はどうかわってしまったのか、自分の愛の女神としての手腕はさびれてしまったのか、などと思案する歌である。ロドニーは、許婚のグロリアからは指輪はどこにやったのかと責められるし、ヴィーナス像が歩いていなくなってしまったホワイトローは、てっきりロドニーが窃盗したものと思い込み、ドタバタ劇となる。

    お馬鹿さんな心

    (クルト・ワイル作曲、オグデン・ナッシュ作詞 ミュージカル『 生き返ったヴィーナス』, 1943年より)

    どうして、なっちゃったの? こんなことに
    愛を 信じきってたせい? 
    魔法が きれたのね? いつのまに
    それとも腕が落ちたせい?
    世の中もっと華やかにぃ、
    愛しちゃおっかナ、してもらちゃおっかナ?

    愛は、真面目きったらだめ、―でしょ?
    出逢って、もしかキスして、始めるの。
    わかりきってただなんて とんだ、..
    ただの、お馬鹿な心だったのね〜。
    愛は、理詰めなんかじゃだめ、―でしょ?
    キスして、もしか笑って、別れるの。
    まんまといくわ 図ったとおり。
    お馬鹿な心を 黙らせちゃえば。

    可愛そうね お馬鹿な心、
    無視するアイツに 泣かされて
    可愛そうね お馬鹿な心、
    慕うアイツから 飛んで逃げて

    ああ、愛なんて軽く感じてたのに、
    なぜ心は私をこうも裏切るんだろう?
    夜ごとに、違う相手とダンスできるけど−
    お馬鹿な心は ノーだって。


    Nash's poem on Japanese Immigration
    ナッシュの日本移民についての詩

    Nash summed up popular opinion in the West
    [of Japanese immigration] with the following verse,
    which appeared in Life magazine in 1932:

    	How courteous is the Japanese
    	He always says, "Excuse it, please."
    	He climbs into his neighbor's garden,
    	And smiles, and says, "I beg your pardon"
    	He bows and grins an friendly grin,
    	And calls his hungry family in,
    	He grins and bows a friendly bow
    	"So sorry, this is my garden now."
    
    
        — quoted from Hirohito: The War Years, Paul Manning.

    FYI: On the origins of the phrase "Yellow Peril"

    グデン・ナッシュは、1932年の『ライフ』誌に掲載された次の詩で、
    西海岸のアメリカ人の[日本人移民に対する]の世論を、こうまとめている:

    	なんて礼儀正しい日本人、
    	いつでも「失礼、お願いネ」
    	垣根をよじって、お隣りの庭へ
    	笑って「平にご容赦ネ」
    	お辞儀し、親しい笑いで笑い
    	腹ペコ一家を呼び入れる
    	笑って、親しいお辞儀でお辞儀、
    	「ほんと、ゴメンなさい。ここ、
    	私の庭になっちゃいましたですよ。」         
              
    

        −出典: P・マニング著「Hirohito: The War Years」


    参照: 「黄禍」という成句の成立


    Nash's famous poem on Ice-Breaking
    ナッシュの有名な一作
    -§-

    His famous poem is:

       Reflexions on Ice-Breaking
    
    	Candy 
    	is dandy 
    	But liquor
    	is quicker.	
    

    A translation of the poem is provided as a selection in the bilingual anthology, Amerika mei-shi-sen ("Selection of American poetical maseterworks") published by Iwanami Press. Here I have supplied my own version in Japanese.

    ナッシュの有名な詩は次の一句である。

       相手と打ち解ける作法についての一考察いちこうさつ
    
    	キャンディーも   
    	けっこう  
    	だがリカー
    	のがてっとりばやい。   
    
    

    この詩の邦訳「座の気分のほぐし方に関する所見」は、 岩波文庫『アメリカ名詩選』にの対訳で収録されている。 上の和文テキストは、これとはことなる拙訳である:



    Related Links/Info

    § Ogden Nash (English sites)

    § Recordings of Nash-Weill's Music

    Stratas Sings Weill
    Canadian-born Teresa Stratas was supposedly handed the mantle of the interpretess of Weill songs by Lotte Lenya (widow of Weill) herself. I do not hesitate to praise this work in the highest terms. Ute Lemper sounds trite in comparison, though the dictates of mainstream tastes may be otherwise.

    § Terms of Prejudice against the Japanese/Asians

    • Origin of the term "Yellow Peril" (on this site)
    • Coinage of the phrase "Yellow Journalism" - originates in the intensified rivalry between Pulitzer's and Hearst's papers over publication of Richard Felton Outcault's cartton, The Yellow Kid (NY Public Library etc.)
      関連リンク

    § 作家ナッシュ

    § ナッシュ詞ワイル曲の録音など

    『テレサ・ストラータス、ワイルを歌う』
    ワイルの未亡人ロッテ・レーニャから、ワイルの歌い手の衣鉢をつがされたというストラータス(カナダ生まれ)。 個性あり、彩があるこのアーティスト。私なら躊躇せずにこちらを絶賛したい。比べてウーテ・レンパーは断然ヌルいと思うのだが、 メインストリームの好みは、どうもこの限りでないようだ。

     

    § 日本人・東洋人の差別用語など

    • 黄禍」という語の由来 (サイト内)
    • イエロー・ジャーナリズム(煽情ジャーナリズム)という句の由来− Richard Felton Outcaultの漫画「ザ・イエロー・キッド」をめぐるピュリッター系とハースト系の新聞王同士の過激化競争にちなんでいる。 (NY公立図書館 ほか)
    Back to Home