Fantasy Box HOME >
⇒幻想の武器・器物(固有名編)
⇒幻想の馬
⇒Bookshelf / 書架
Errata

Fantasty Box: Belongings 幻想アイテムの拾遺匣:《所有物》編

— Aa —

English Japanese
«Aaron's breastplate» [Biblical OT]
High Priest's accessory adorned with the gems of the Twelve Tribes of Israel.
    Otto the Great's crown, once set with the waise stone, had these 12 gems on the back plate.
《アロンの胸飾り》 : 【宝物】 【聖書】 《裁きの胸当》ホシェン・ミシュパト。アロン以来、ユダヤの高僧が身にまとう、イスラエルの十二部族を象徴する十二の宝石が嵌め込まれた装飾具。
かつて前央にみなしご石ヴァイゼを嵌めこんでいたオットー大帝の王冠は、前板を十二使徒の宝石 でかざり、後板は十二部族の宝石をはめている(ので後板は《アロンの胸飾り》を模している)。
«Aaron's rod» [Biblical OT]
matteh [maṭēh] מטה [Heb.]
Famously turned into a serpent (tanin), or perhaps a dragon. The serpent of Eden is referred to by a diffent noun (nahash), and this distinction is maintained in the Septuag. and Vulgate. The episode of the Budding Rod probably influenced the burgeoning spear tale in the Pseudo-Turpin.
《アロンの杖》 【装身具:杖】 【聖書】
蛇(あるいは竜?)と化した杖。アロンの蛇はヘブライ語で「タニン」だが、 エデンの園の蛇は「ナハシュ」という個別の名詞が使われ、この使い分けの区別は ギリシア訳やラテン訳でも踏襲されている。
 アロンの花芽吹く杖のエピソードは、偽テュルパンの葉が生い茂る槍柄の挿話などの元ネタであろう。
Adamus Steirn "Adam-Stone" (VII.29) [Icel.]; The jewel encrutsted on the helm of Faustinus (Fástínus), the Scythian invading Ambales's homeland. The gem protected the heathen king when the Cimbrian counsellor Gamaliel (Gamalíel) stuck a direct blow with the sword. アダム石 【宝石】 【アイスランド・サガ】
主人公アンバレスの祖国キムブリアに攻めいるスキタイ人ファースティーヌスの兜に埋め込まれた石。 キムブリア国の宰相ガマリーエルの剣の直撃に耐えた。
«Abaris's arrow» [arrow] [Greek history]
golden flying arrow upon which Abaris traveled over rivers and seas, with which he dispelled pestilence and calmed storms. (+) This Abaris the Hyperborean is sometimes theorized to be identifiable with "King Bladud" of Britain
アバリスの矢  オーイストース 【武器:矢】 【ギリシア史】
ὀιστός Ἀβάριος [希]。 「天空エーテル〕歩行者〔アイトロバーテス〕」ともあだ名されるアバリスが搭乗して各地に飛行したとされる黄金の矢。また、この矢に語りかけながら疫病や強風を鎮静したという。「姿隠しの能力」はいまだ未確認。そのじつはアポロン神の矢で、アポロンの権化(生まれ変わり)と目されたピタゴラスに「返還」されたと伝わる。 (+) 一説に拠れば、このヒュペルボレアのアバリスは、ブリテン島のブラダッド王と同一人物。
«Abisme's enchanted shield», [Charlemagne]
bejeweled, devil-sent shield of the Saracen.
《アビームの魔法の盾》 l'escut amiracle 【防具:盾】 【シャルルマーニュ伝説】
悪魔に授かった宝石のちりばめられた盾。
«Abisme's dragon»[Charlemagne] Banner. See under Baligant's equipment (see ⇒Precieuse) 《アビームの竜旗ドラゴン dragun 【アイテム:旗】 【シャルルマーニュ伝説】
軍旗。総督バリガンの持ち物のひとつ。(⇒プレシユーズ)
«Achilles's spear» [Greek myth]
Spear of deadly wound and miraculous cure. With it, Achilles inflicted upon Telephus (son of Hercules and King of Mysia) a wound only the rust from the spear could cure. Generally thought to be the same as "the Pelian spear" Achilles inherited from his father Peleus, who obtained it from Chiron the centaur. With the Pelian spear, Achilles struck Hector through the windpipe .
《アキレウスの槍》 【武器:槍】 【ギリシア伝説】
Ἀχιλλῆος ἔγχος [希]。  あるときは致命傷、あるときは全快をもたらす槍。アキレウスはこれでもってテ[ー]レポス王(*ヘ[ー]ラクレスの子で、ミュ[ー]シア[ー]の王。)の腿に深手を負わせた。その傷の唯一の治癒法は、槍から出た錆を王の傷に塗りほどこすことだった。
 この槍は、アキレスウスが父のペーレウスから相続し、ペーレウスがかつて半人半馬のケイロンから贈られた《ペリオン山の槍》Πηλιάδα μελίαと同一だとされる。この槍の柄はケイロンの住んだペリオン山の梣(トネリコ)材だった。槍の穂先はヘファイストスが鍛え、その柄はアテナが磨いたという。 《ペリオン山の槍》でアキレウスは、ヘクトールの身体で唯一守られていなかった喉笛を破った(残りの部分は、ヘクトールがパトロクロスから奪ったアキレウスの前の甲冑で覆われていた)。
«Adrastus's sword» [Greek myth]
According to Roman de Thèbes, a sword of Adrastus (Adraste [F.], Adrastus [OF]), son of Aeneas (Énéas[F.], Oëneüs [OF.]); forged by Galanz and carved by Vulcan. Hence likely the selfsame sword which Venus requested Vulcan to make for her son Aeneus. It neither bends nor rusts and delivers a sure unhealable wound to its victim. The sword passed to Adrastus' son-in-law Tydeus (Tydée [F.] Thideüs [OF.]). Thus it is also «Tydeus' sword» as well.
The Vulgate Merlin says that a sword of this provenance was later became ⇒Marmiadose, the sword of Rion, a descendant of Hector.
《アドラストゥスの剣》 【武器:剣】 【ギリシア伝説】
 ギリシアを舞台とした『テーブ(テーバイ)物語』 で、エネウス[=アーエネウス]の息子、アドラストゥスが所有する剣。 ガラン[ス][=ウェーランド]が鍛え、ヴュルカンが彫り・刻銘を入れたという。
 よって、おそらくその父代のとき、女神ウェヌス[羅](ヴィーナス)が夫ウルカヌス[羅]にたのんで彼女の息子アーネウスの ためにしつらえたものと同一であろう。それは曲がらず錆びず、けっして癒えぬ傷を負わせる刀であった。 アドラストゥスからその婿のティデウス[=テュデウス]に伝えられたので、《テュデウスの剣》と称してもしかるべきである。
 流布本『メルラン物語』によればアドラストゥスからテュデウスへ相伝された剣は、やがてヘクトルの末裔リオン王の剣 ⇒マルミアドワースとなったといわれる。
Ælfheres lāf [OE]; "Aelfhere's heirloom" (++)
Byrnie worn by Waldere (Walther of Aquitaine) in the OE fragment of the poem. Aelfhere (=Alphere) is tha name of Walther's father. Cf. Waske.
《エルフヘーレの遺産》 【防具:兜】 【ドイツ英雄譚】
古英詩『ワルデーレ』の断片Bにおいて、ワルデーレ(アクイタニアのワルタリウス[羅]、 スペインのワルテル[独])の鎖鎧。エルフヘーレ(=アルプヘーレ[羅、独])は、父親の名。 スペインのワルテルの剣⇒ワスケを参照。
«Aeneas's (divine) arms » [Greek myth]
For the war between the exiled Trojans with the Latins, his mother Venus commissioned a whole panoply to be made from her husband Vulcanus: A death-dealing sword [fatifer ens(is)]; A crested helm; breastplate [lorica]; light greaves of electrum and refined gold; spear and shield (q.v.).
《アエネアスの(神懸りの)武具》 【防具】 【ギリシア伝説】
トロイア戦争のときには怪我を負ったアエネウスだが、トロイア流民とラテン人との戦争では、 母のウェヌス女神が、夫のウルカヌスから具足一式を注文した: 運命的(致命的)な剣〔ファティフェル・エンシス〕; 「炎立つような」頭頂飾りのついたの革兜〔ガレア〕; 胸鎧〔ロリカ〕は、 びくともまがらない青銅製で、血や太陽の遍照のように赤かった; 軽量の脛当て〔オクレア〕[複数形] は、エレクトラムと黄金の製;槍。 とりわけその盾こそは、もっとも注目に値するしろものだった(参照)
«Aeneas's shield » [Greek myth]
Turnus's sword shatters upon contact with it. An immense shield, welding together seven round layers, apparently forged from gold, bronze and steel [chalybs[L.]). It was crafted at the bidding of Vulcan by the Cyclops [who were named Brontes, Steropes, and Pyracmon/Pyragmon] of Vulcania Island (or Vulcano) near Sicily and within the bellowing earshot of Mt. Aetna. (VIII:416-454) Richly decorated with "indescribable plaiting," and depicted future commemorative events of the Romans, of whom Aeneas is ancestor. (VIII: 610-).
《アエネアスの盾》 【防具】 【ギリシア伝説】
『アーネウスの歌』の終幕をかざる決戦でトゥルヌスの剣を砕いた盾。
 巨大な盾で、金・青銅・鋼〔カリブス〕 などの種類の金属でできた円形の層を七つ溶接したもので、 鍛冶の神ウルカヌスに命ぜられて嘆願巨人キュクロペスたち(その名もブロンテス、ステロペス、ピュラクモン) が、シチリアやエトナ火山にほど近いウルカニア島で鍛造した。 (VIII:416-454)
 「名状しがたい組みひも文様」で豪華に装飾され、アーエネウスの子孫たるローマ人の未来の 記念すべき出来事を描いていた (VIII: 610-).
«Aeneas's sword» [Greek myth]
According to Virgil, it was a death-giving sword fatifer ens(is) among the panoply of arms given him by his mother Venus's husband, Vulcan. Heinrich von Veldeke elaborates that this sword of Ênêâs was sharper and harder than Eggesas (Eckesachs), Mimminc, Nagelrinc, Haltecleir, or Durendart.
《アエネアスの剣》 【武器:剣】 【ギリシア伝説】
 ウェルギリスのラテン詩『アエネイス』に拠るならば、トロイアの避難民とラテン人との紛争において、 アーエネウスの母親である愛の女神ウェヌスが、夫の鍛冶神ウルカヌスにたのみこんで調達した 武具一式のひとつで、「必殺の剣」(逐語訳すると「運命をもたらす剣」)。
 ハインリヒ(フェルデケの〜)『エネイーデ』によれば、 エーネーアーゼ(?)(アエネアスのドイツ読み)のこの剣は、 「頑丈なエッケ・ザックス、 有名なミーミンクよりも、良きナーゲルリンク
ハルテクレイルドゥレンダルト (アルトクレールやデュランダル)よりも、鋭く硬かった」という。
« Agamemnon's sceptre » [Greek myth]
scepter crafted by Hephaestus(Hephaestos/Vulcan), which Zeus gave to Hermes for slaying Argus(Argos) the hundred-eyed guardian. Hermes gave it to Pelops, the mighty charioteer, who gave it to Atreus, who bequeathed it to Thyestes, who passed it onto Agamemnon, that he might be lord of all Argos and of the isles. (Iliad, Book II)
《アガメムノンの王杖》 【防具】 【ギリシア伝説】
鍛冶の神ヘファイストスが造った王杖で、ゼウスがヘルメスに百眼の守人アルゴスを倒した褒美として与えた。 (≒伝令杖?)。ヘルメスはこれを御者ペロプスに与え、その息子アトレウス、その弟テュエステースと、 その甥のアガメムノーン(アトレウスの子)と相続される。 アガメムノーンをアルゴスと諸島の君主とさせるため甥の手に戻したのである。 (『イリアス』第2巻)
«Agric's sword» (also Agrik, Agrico) Агрикова меча Agrikova mecha [Ru.]
The weapon, to be wielded by Peter (Pyotr) that the would kill the devil-sent serpent, who had assumed the semblance of Prince Paul (Pavel), ruler of Murom and debased his wife. The wife through flattery elicited from thee serpent how he was destined to die, and it was by "Peter's hand and Agric's sword". Paul's brother Peter was praying at the Church of the Elevation of the Holy Cross when a youth showed him where Agric's sword was hidden, in a niche in the brick in the altar's wall. (Sometimes described as a "Sword Kladenets" that appears in several folk tales.
《アグリクの剣》 【武器:剣】 【ロシア民話】
[アグリクとはユダヤのヘロデ王の伝説上の後継者の名だと言う]
ムーロム公国を治めるパヴェル大公に化けて大公妃を陵辱した、悪魔の手先の大蛇を退治するピョートルの武器。 大公妃は、賢い蛇から自分の死に様もご存知なのでしょうね、とおだてて「ピョートルの手によりアグリクの剣にて」死ぬ、と知った。 ピョートルが十字架挙栄修道院[монастыри Воздвижение честнаго креста]で祈っていると、若者がやってきて、祭壇の煉瓦の隙間にあるアグリクの剣のありかを示した。 ピョートルは、この剣で大蛇を切り殺すが、返り血を受けて重病に罹る。ピョートルは、この剣で大蛇を切り殺すが、返り血を受けて重病に罹る。 これを治癒したのはフェヴロニアだった。(『ピョートルとフェヴロニア』)。 クラデニェッツ剣(「隠されし剣」とも語釈される)の一例だとされることもあるようだ。
«Alberich's heavy scourge of gold» «(Albrîchene) geisel swaere von golde» [MHG] A seven-knobbed scourge with which Alberich shattered Siegfried's shield, not recognizing him as the master of the Nibelung treasures. 《アルベリヒの重い金の鞭》 【武器:剣】 【ドイツ英雄譚・ジーフリト伝説】
ジーフリトは、小人族のニーベルンゲンの財宝を奪い、命拾いさせてやったアルベリヒを財宝の保管役に任ずる。 ジーフリトがふたたび訪ねて来たとき、アルベリヒはそれが主人とわからず、重い金の鞭を振るって攻撃をしかける。 鞭の先には七つの重い瘤がついており、ジーフリトの盾を砕け散らせた。
«Alius' & Olius' sword» , pair of dwarven swords commissioned by King Budli. 《アリーウスの剣》と《オリーウスの剣》 【武器:剣】 【北欧サガ】
ブズリ王が注文した二振りの剣。二つの剣の因縁は、腹違いの兄弟同士の死闘という悲劇をもたらす。 かたや兄で「フン族の勇士」の異名をとるヒルディブランド、かたや弟のアースムンドであった。サガと同一の悲話は、 『デンマーク人の事績』にも収録されている。
«Ancient Sword of Giants» (eald-sweord eotenisc Fitt 23: v.1560) or "old-sword of Eotens" (tr.Grummere)
The "victory blessed", oversized sword of the giants (ettins) that Beowulf found in the underwater lair of Grendel's mother, slaying her with it where Hrunting failed; her blood caused the braid-patterned blade [* blade with "wave-mark," "damascene" pattern, "scrollwork"] (1618) to melt, leaving only the hilt. The "ring[ed] hilt" (1565) was afterwards presented to Hrothgar, and upon it was engraved a scene of the flood slaughtering the race of giants; a gold plate on it was inscribed in runes with the name of the person for whom the sword was originally wrought. The sword was made from the choicest of irons and was "twisted-hilted and serpent-patterned" (1694-). (cf. Helgi Hjorvarthsson's sword, carved with snake on the blade. )
《巨人の造りなした..古剣》 【武器:剣】【ベーオウルフ】
グレンデルの母のねじろ(水底の洞窟)で運よく見つけた剣で、フルンティングで傷一つおわすことできなかった この女怪(水妖)を斃した「勝利を呼ぶ」特大の剣(23節1558行)。 女怪の毒性の流血により刃紋bródenmaélある刃は溶け、柄(つか)だけがのこった(1616行)。
[* 「刃紋」は、原文直訳すると、「組紐の文様・色彩」なので、組紐文が象嵌、彫金されている可能性が出てくるが、 現代訳では、焼刃に「ダマスコス文様」、「スクロール文様」の刃文が現れていると解釈するのが主流。]
 その柄は、「環柄」fetelhiltであると記され、これは<柄頭に環がついた柄>と考察される(1564行)が、 のち、フロースガール王に献上;洪水が「巨人の族(うから)を滅ぼ」す(1688-9行)模様が彫られており、 その黄金の銘板 (scenn)には、ルーン文字の印刻で、 その剣の本来の所有者の名(「誰がために造られたるか」)が刻まれていた。
 また「この上なき鉄(くろがね)の名剣、柄を曲がりくねた蛇(くちなわ)の意匠をもて飾られた」(1695-6行)剣 とあるが、原文(wreotenhilt ond wyrmfah)を<編紐状柄で(刃に)蛇文様をほどこした剣>と解釈もできよう。(参:ヘルギ・ヒェルヴァルズソンの剣には、 刃や峰に巻きついた蛇が彫られていた。)
«Angelica's ring» magic ring of Angelica, the beautiful enchantress daughter of Galafron/Galaphron (It. Galafrone), king of Cathay (It. Cataio). The ring countered against all magic spells when worn on the finger, but when placed in the mouth (on the left side of the cheek) it rendered its owner invisible. 《アンジェリカの指輪》 【装身具:指輪】【シャルルマーニュ伝説】
指にはめると魔法を封じる指輪で、口に含むと姿隠しの効果があり、 ならびなき美姫で魔女でもある、契丹(キタイ)の王女アンジェリカの持ち物。 そもそもは、弟のウベルト(実名アルガリア)が与えられた甲冑や馬ラビカンなど一式のひとつだった。
«Antuaigh, mantle of the king of» brat Ríġ na h-Antuaiġe A body-preserving mantle given to Cod and Curairè Crookfoot [Curaire Camchosach] by the talking swan; they placed it on the corpses of their brothers to wear thus preserving them in their state, while they sought the balm of healing [íocshlánte]. (Eachtra cloinne ríg na n-Ioruaidhe) 《アントゥーフ国王のマント》 【衣服:マント】【アイルランド】
人語をあやつる白鳥よりコドと曲足のクラレ[クラレ・カヴホサッハ]が与えられた外套で、 これを死者に着せると遺体の状態が長くも短くもそのまま保たれた。白鳥の入れ知恵で、彼らは兄弟の亡骸をこれにくるみ、 そのあいだ治癒薬〔イーグスランデ〕 を探すことにした。(『イルアーズの王の子らの冒険』)
arkenstone
Prized jewel of the dwarfish clan of Oakenshield.
アーケン石 【宝物】 【トールキン創作:指輪物語】【ベーオウルフ】【北欧神話】
ドワーフのオーケンシールド一族の至宝。
«Arthur's Mantle » (Gwen) [Mabinogion, Thirteen Treasures].
The llen of Arthur in Welsh literature:
  • 1) the "mantle" in Culhwch and Olwen,
  • 2) a "mantle" of invisibility of The Thirteen Treasures,
  • 3) Gwen, the "carpet" (Dream of Rhonabwy)
Lady Guest. Moreover she calls the llen of Caswallawn the "Veil of Illusion" which is another variant rendering.
《アーサー王のマント》(グウェン) 【衣服:マント】 【アーサー伝説】
 アルスル(アーサー)の「スェン〕」 llen は、 ウェールズ文学では、次のかたちで登場する。
  • 1)アーサーの"マント"。誰にも譲れない宝。(『キルッフとオルウェン』)、
  • 2)ブリテン島の十三財宝のひとつ。姿隠し(不可視)の"マント"、(『ブリテン島の十三財宝』)、
  • 3)上にアーサーの大椅子が置かれ、使用する者の姿を隠す。(『ロナブイの夢』)。 グウェン (「白い」の意)という名がついている。この使用法の違いから ゲスト女史は、"絨毯カーペット〕"と違う英訳しているが、 原典では、1), 2), 3) とも「スェン〕」である。
参:⇒カスワッサウンの「布」スェンについては、 ゲスト女史は、さらに違う第三の英単語(「幻惑のヴェール」)を充てている。 中野節子訳ではこれらすべて「マント」に統一しているようである。
«Arthur's Shield » according to Spenser's Faerie Queene, Arthur's shield was made by Merlin, who also made his sword Morddure. It was an impervious diamond shield that gave off (x) a pale light like the moon (+) that counteracted magic and petrified foes.
A similar description is paralleled by a 15c. account in Lambeth MS. 84 which tells us that   Arthur's shield of glass tricked wildcats of Cornwall (or Torre near Glastonbury) into attacking shadows (their own reflections).
 
《アーサー王の盾》(スペンサー『妖精の女王』) 《不壊〔ふえ〕の盾》(野上訳ブルフィンチ『中世騎士物語』p.49)【防具:盾】 【英国ロマンス】【アーサー伝説】
英詩『妖精の女王(神仙女王)』では、アーサーの剣 モルドデュール[?]やその盾は、 マーリン作で、ダイアモンド製、槍も通さず剣撃でも割れず、通常カバーに覆って人目に見せないでいるが、 いったん覆いををはずせば(x)、月光のような淡い光をはなち、それは 魔法を無効とし、多勢の敵を石と化す。(+)
 似たような描写として、15世紀の記述に、アーサーがコーンウォルもしくは グラストンベリー近郊のトア・アビーの狩猟園で山猫を退治する際、ガラスの盾を使って 影(自分らの写った姿)を攻撃させたのだとある。(《ランベス84写本》)
 また、ウェールズの古歌で、アーサー王の騎士たちがキャス・パリーグという 化猫を退治する際、カイ(ケイ卿)が用意した「磨きぬかれた(mynud)」盾が効を奏したらしい。 (『門番は何者か』)
«Asclepius' staff» The medical symbol should properly be this staff rather than the Mercury's caduceus ("heralding staff", kerykeion [Gk.]) 《アスクレピオスの杖》【装身具:杖】 【ギリシア】
 医術の神アスクレピオスがもつ蛇の巻きついた杖。
 医療マークは、本来ならばヘルメスの伝令杖ケリュケイオーン(ラテン読みカドケウス)よりもこちらであるべきだろう。
«Assal, spear of» The name of the spear of Lugh Lámhfada obtained for him by Brian, Iuchar, and Iucharba, the sons of Tuirill Biccreo (Piccreo) in the older but briefer account of their eric-questing trip. In the narrative Fate of the Children of Tuireann of a late date, the spear was named ⇒Areadhbhar "Slaughterer" and wrested from Pisear, king of Persia, while Easal (=Asal) is transposed into the owner of seven revivifying pigs. 《アサールの槍》【装身具:杖】 【ギリシア】

古写本に伝わる『来寇の書』の寸話(概略)によれば、トゥリル・ビックレオ(別名デルバイス)の息子たちブリアン、イウハル、イウハルバら3神(トゥアハ・デ・ダナーン)が、賠償としてルーに渡した槍は、 《アサールの槍》である。
『トゥレンの子たち』の物語(18世紀末以降)では、ルーに渡した槍は ペルシアの王ピサルから奪った⇒アラドヴァル「屠殺者」という槍で、 アサールは、蘇生復活の豚七匹の持ち主に設定されている。
«Astolpho's lance of gold» lancia d'or d'Astolfo [It.]
enchanted lance which unhorsed everyone it touched.
《アストルフォの金の穂先の槍》 【武器:槍】【シャルルマーニュ伝説】
触れた者をかならず落馬させてしまうという魔法の槍/矛。アンジェリカの弟アルガリアの持ち物だったが、 多くの時間をアストルフォとともに過ごすことになる。
Attila's «Sword of Mars» Unearthed by a shepherd and presented to Attila who proclaimed it the sword of Mars; (mod. 10.09.24) i.e., it was the iconic sword which emodied or represented the war-god to the Scythians, at some temple of yore. 《アティラの軍神の剣》【武器】【フン族・ゴート史】
羊飼いが、地中に刺さっていたのを掘り出した剣で、これを献上されたアティラは、 「軍神マルスの剣」であるとした。(11.09.06 改) つまり、ご先祖のフン族あるいはスキタイ族の神殿で、 軍神の分身として祀られたご神体の剣(ヘロドトスなどの史家が記述)の 出土品とみなしたのだ。
«Azoth sword»
Paracelsus's sword labeled "Azoth," the name of the a demon/imp held trapped in the crystal pommel.
《アゾットの剣》【武器】 【西洋魔道・錬金術】
錬金術師パラケルススの肖像画は数多く、大半は剣柄をにぎる図であるが、柄頭に"Azoth"と刻まれる。 「アゾット」とは、柄頭のクリスタルに封じこめられたパラケルススの使い魔スピリットともいわれるが、錬金理論上では 「金属の精髄スピリット」をさし、実践医療でパラケルススがアゾットとしてもちいた物質は水銀であった。

— Bb —

English Japanese
«Barnstock, the sword drawn from» Sword drawn out of the tree trunk by Sigmund the Völsung, later to become ⇒Gram 《バルンストックから抜かれた剣》 【武器:剣】 【北欧サガ】
ヴェルスング一族のシグムンドが、巨木 Barnstokkr の幹からから抜いた剣。 その破片を鍛えなおして初めて ⇒グラム Gramr と名づけられたのである。
«Bladud's wings» [E. tr.]; alia [L.] Bladud, a king of Britain tried to fly with it. 《ブラドゥドの翼》 (《ブライジードの翼》[ウェールズ読み])【器物:翼】 【ブリテン史】
ブラドゥド王が製作した、空飛ぶ翼。

— Cc —

English Japanese
«Caswallawn's Veil of Illusion »
The llen of invisibility which he wore to lay an assault against Caradog son of Bran.
《カスワッサウンの幻影のヴェール(マント)》【衣服:マント】 【ケルト:ウェールズ伝説】
姿隠しの「布」スェン。カスワッサウン(カスワラウン)は、 その血族であるウェールズの王ブランやその兄弟がアイルランド庸懲軍として遠征中、 国の留守を守っていたブランの子カラドッグの元にあらわれ、姿すら現さず剣撃のみをみせ、 とりまく側近を殺していった。カラドッグは憤死し、カスワッサウンは王位を簒奪した。
«Charlemagne's Lance (obtained by Athelstan) Athelstan was an avid relic-collector. This acquistion is attested to in the riming chronicle. 《シャルルマーニュの槍》(アゼルスタンが得た) 【武器:槍】 【英国史】
 「ブルナンブルフの戦い」の覇者として知られるアゼルスタンは、稀代の聖遺物蒐集家であった。
«Charlemagne's sword (given to him by an angel to fight in Melayne) 《シャルルマーニュの剣》(ミラノ救援せよと天使より得た) 【武器:槍】 【英国史】
 中英詩「メレイン(ミラノ)包囲戦」で、ミラノの救援軍をさしむけよと告げる神の天使からシャルルが授かった剣。
Cloc in aidachta "Bell of the Testament" "Bell of the Will", Name of a bell of St. Patrick (Annals of Ulster, anno 553). 《遺書の鐘》クロック・イン・アダフタ[?] 【器物:鐘】 【アイルランド:聖人伝】
聖パトリックの鐘のひとつ。聖人の没後60年の西暦553年に発見された(『ウルスター年代記』)
Coire Brecáin "Cauldron of Brecain" Corrievreckan. A bay famous for its whirlpool north of the island of Jura, off the coast of Scotland. The Norse counterpart would be the Maelstrom. ブレカンの大釜 【地理/自然現象】 【アイルランド:オノマスティコン(地名人名由来説集)】
ケルトの伝承で、スコットランド沖(アイルランド海側)のジュラ島コリーヴェッカン湾。 ほか、渦潮を器物とする伝承には、北欧のメールストロムがある。
«Colbrand's brand» Colbrandys brond [ME]. Sword used by Miles, second son of Sir Bevis of Hamptoun, and once owned by Roland. 《コルブランドの剣》 【武器:剣】【英国ロマンス】
ハンプトンのビーヴィス卿の次男マイルズ(ミルズ)の剣。もとローランド(英雄ロラン)の剣であった。 (ただし一般的にはローランドは後の時代の人物とされる)
@Cochobar mac Nessa (Conor, Conaire) sword Culghlas/Gorm Glas; spears Cosgrach and Foga; lance Craisech Neme "Venomous Lance"; shield Ochain fidchell game board - Cennchaem; beer vat - Ol nGuala / iern-gual / Aradach コンホヴァル・マク・ネッサ(、(コナレ、クルフーアなどとも表記) 【アイルランド:アルスター伝説群】
ウルスター王。バイソン角杯[?] ;銀の王杖(三個の黄金の林檎/玉がついていて、これをふるうか頭上の板をたたいて、 一同を静粛にさせる);剣クルグラス/ゴーム・グラス 「蒼緑の刃」;槍コスグラッハとフォガ、矛クラセッフ・ネヴェ「毒矛」 、 盾オハン、将棋〔フィドヘル〕盤ケンハイム[?]、酒樽オル・ングーラ 「炭樽」/ イエルン・グール「鉄炭」/アラダッハ「梯子付」
@Connal Cernach Ulster hero, son of Amargin. Shield was Lamthapad or Bricriu. Cul glas (spear/sword) is sometimes said to belong to him rather than to Conchobar. コナル・ケルナッハ「勝利の~」 【アイルランド:アルスター伝説群】
ウルスター勇士。詩人アヴァルギン(アマーギン)とFinnchoemの子で、クーフーリンの乳兄弟(母方の従兄弟だともされる)。 盾はラーヴサバズ(?)またはブリクリウ。またクル・グラスはコンホヴァルでなくこのコナルの槍/剣だったという伝承もある。

— Dd —

English Japanese
Dagda's staff/club
lorc, lorg "staff, stick; rod or wand of office (DIL)" [OIr.] A staff which Dagda obtained on a loan from three brothers in the East. It had two ends (i.e., prongs, since the staff was a "fork" according to the CMT), and could bring the dead to life by touching with one end/prong (which was smooth), and it slayed the living by touching with the other/prong (which was rough). The three also had a shape-shifting cloak (lumann) and a shirt (lenn) of protection from harm and sickness. (Best ed., "How the Dagda got his magic staff").
A better known episode of the Dagda's lorg comes from the Cath Maige Tuired, which says that a 'The Track of the Dagda's Club' (Slicht Loirge an Dagdai) was left as a mark in the landscape when the Dagda dragged his "fork" (gabol, gabul). O'Curry's Manners calls it "a wheeled eight-pronged [of eight power] military fork" while Gray rationalizes this to "wheeled fork which was the work of eight men to move." And later, Dagda proclaims he will shatter the bones of the Fomori with his club (luirg).
ダグザの杖/棍棒 【楽器:竪琴】 【アイルランド:神話伝説群】
ダグザ(ダグダ)が借りうけた二つの尖端がある(おそらく二叉の)大きな杖〔ロルグ〕で、 他書によれば「フォーク」。不思議な力が宿っていて、滑らかなほうの尖端で触れると死者が蘇り、 荒削りの尖端で触れると相手の命を奪った。ルーに殺された息子ケルマトを生き返らす方法を探す旅で、 東の地の三つの宝をもつ三兄弟からせしめた。三兄弟は、自在の姿や色に変身できるクロークと、 災厄や病魔から身を守るシャツも合わせて持っていた。 (《レカン黄書》の挿話。Begin 編「いかにしてダグザは魔法の杖を得たか」(仮訳題名))
 『マグ・トゥレドの戦い』にも登場するが、一般に「ダグザの棍棒」の訳名で知られる。 ダグザがその「フォーク〔ガヴァル〕」を地に引きずり「ダグザの棍棒の軌跡」という跡を地形に残した とされている。この大棍棒には車輪がついており、八人力でやっと動かせるとされる。 ならば、このできあ軌跡は「轍〔わだち〕」とも言換えよう。 後日には、棍棒をふるって敵のフォヴォリ族の骨を砕いて見せよう、と宣誓している。
«dragon» The standard (flag, banner, enseign, gonfanon) under which Amiral Baligant's Saracen forces rally; it is carried by the enchanter Abisme. 竜旗ドラゴン dragun 【アイテム:旗】 【シャルルマーニュ伝説】
総督バリガンの指揮するサラセン勢の軍旗で、アビームがこれをもつ。
«dragon banner» Banner that breathes fire from the dragon head when used by Merlin; given to Artus; Keu(Kay) is designated its standard-bearer. 竜旗ドラゴンバナー dragon, la baniere Merlin 【アイテム:旗】 【アーサー伝説】
メルラン(=魔術師マーリン)がアルテュス王に与えた軍旗。ケウ(ケイ卿)がその旗手。メルランが手にとると火を吹き散らす
«Dubthach's spear»
Blood-thirsty spear that burst in flame when not immersed in a cauldron of black liquid (venom), in the possession of Ulsterman staying at the Tech Midchúarda "the Mid-court House", the royal banquet hall of Tara. It was then held by Dubthach the chafer-tongued, but in truth it belonged to anothe Ulster warrior, and was ⇒Luin of Celtchar mac Uthechair; it was discovered at Magh Tuired (thus hinting it was a TTD artifact, the yew-spear of Lugh to be precise).
《ドゥヴサッハの槍》(?) [古発音]、 ドゥヴタッハ(?) [簡易表記]、ドゥファッハ(?)[現代発音] 【武器:槍】【アイルランド:王族/アルスター/神話伝説群】

別名:ズフタフの槍(マイヤー「女神転身」)「タマオシコガネの舌」のドゥフタハ(マイヤー『ケルト事典』)
『ダ・デルガの館の崩壊』において、上王コナレ・モールのもと、首都タラにある饗応の館 <テフ・ミズフールザ>に詰所していたアルスター戦士たちが取り扱っていた魔槍。 血に飢え、黒い液(毒)の大釜に漬けないと、静まらずに発火するとされる。 このときは「カナブンブンの」ドゥヴサッハが持っていたが、本当は 別のアルスター戦士ケルトハル・マク・ウテハルの槍ルーンであり、 マグ・トゥレドで見つかったものである。(つまりこれはダナーン神族の遺産ということが示唆されているのであり、 別の文献によればルーの櫟木の槍であった。)

— Ee —

English Japanese
«English Coronation Swords» 1) "Curtana" or the Sword of Mercy, 2) Sword of Temporal Justice, 3) Spiritual Justice; these were lost and remade, and later 4) Sword of State and 5) Jewelled Sword of State were added. 《英国の戴冠式用の剣・五振り》 【武器:剣】 【イギリス史】 戴冠式に使われた、三本の剣で、もとは1) クルタナこと慈悲の剣、 2) 俗界正義の剣、 3) 天界正義の剣。 「チェスター伯がもつ聖エドワード(エドワード懺悔王)の剣クルタナ」の記述がこの剣名の初見 (マシュー・パリス、ヘンリー三世の妃のための儀式(1236年)についてのラテン語の記録)。元の三剣は、 議会制下で逸失し複製された。のち4)国剣 と 5)宝飾の国剣(仮訳)が追加された。
[* 第五剣を「献納の宝剣 (Jewelled Sword of Offering)」と呼ぶようになったのは近年のこと。 (参:2011年発行の英国切手図柄)。
ephod
«Aaron's breastplate»
エポデ 【衣装:装飾品】 【ユダヤ・キリスト教】
裁きの胸当ホシェン・ミシュパト
Eldrige sword [eldritch "weird, ghostly", etc.]
The sword hard as flint that Sir Cawline took as token of victory from the Eldrige king, who suffered no man to hold nightly vigil on the Eldrige Hill where the thorn tree grew.
エルドリッジ剣 「妖しの剣」 【武器:剣】【英国ロマンス】
コーライン卿(コーリーン卿)が、エルドリッジ王を打ち負かし、その勝利の証拠として奪った剣。 燧石(ひうちいし)ほどに硬い。卿は、「棘の木」(サンザシ)生えるエルドリッジ丘で晩を過ごすことを禁じる妖しの王を、 「逆手の一刀」でその五本指の手を断って勝負をつけた。のち五本首の巨人であるソルダン(異教王)ともこの剣で果し合い、 五つの首級をあげた。

— Ff —

English Japanese
@Faridun
For his «ox-headed mace» see ⇒«gurza 'i gavsar»
@フェリドゥーン 【人物】 【ペルシア:王書】
 ⇒牛頭の鎚矛グルザ・イ・ガウサール
«Flaming Sword» (of the angel guarding paradise) 《焔の剣》 (楽園を警護する天使の) 【武器:剣】 【ユダヤ・キリスト教】 旧約聖書では、ヘブライ語で《焔の剣》はラハト・ヘレブ(ラハト・ケレブ)と呼ぶ。
«Fothad's five-pronged spear» A spear with venom, among the items of his possession that the dead spirit of Fothad Canainne told his lover to gather up.(+) The story is considered by A. C. L. Brown to contain elements from the proto-Grail Quest (works by Tuirbe the smith [prototype of Trebuchet?] and the criol [prototype of grail]) are among Fothad's treasures. 《フォサッドの五叉の矛》 sleg cōicrind 【武器:槍】 【アイルランド:フィアナ伝説群】
フォサッド・カナーッンネ[?]の霊(生首)が、その不貞の愛の相手 (アリル・フラン・ベック・マック・エオーガンの妻)に回収せよと指示した所持品のひとつ。 (+) A・C・L・ブラウンが、《聖杯探求譚》の原型の要素を含む話と 考えている(列挙された宝には鍛冶師トレビュシェの元祖?=トルベの工芸品や、 聖杯の元祖?=クリオル criol が含まれる)。

— Gg —

English Japanese
«Garcy's Ring» Garcy his goldryng [ME] A gold ring that allowed King Garcy (a man skilled in magic and an underling of King Ivor of Mombrant) to visually see what is happening in places far removed. (Bevis of Hampton) 《ガーシーの黄金の指輪》 【装身具:指輪】 【英国ロマンス】 ガーシー王が持つ金指輪で、遠く離れた場所の出来事も目に浮かべることができる、千里眼の指輪。 『ハンプトンのビーヴィス』の題名主人公の許婚ジョシアン姫は、意に反してモンブラントのイヴォールと結婚させられるが、ガーシーはイヴォールの手下。
«glove of victory», sigurshandskar [Faroese]. Glove which the peasant used in order to beat the monster Skrimsli[Skrímslið] at chess(talv) 勝利の手套シールスハンスカル【器具:手袋】 【北欧:フェロー諸島】 sigurshandskar [フェロー語], Sijurshanskar [Lyngbye の音写表記]
農夫はこれをはめてターヴル将棋の勝負でスクルィームスリ[怪物]に勝ち、のぞみのままの願いをせしめた。 フェロー諸島のバラード『スクルィームスラ(スクルィームスリの韻歌)』CCF90。
«gurza 'i gavsar»
ox-headed mace of Faridun and other heroes.
牛頭の鎚矛グルザ・イ・ガウサール 【武器:メイス】 【ペルシア:王書】 ファリドゥーンのメイスとして有名。
«Gwyddno's basket» [W.] A lidded basket (mwys) of plenty that is one of Culhwch's quest items and also listed among the Thirteen Treasures of Britain. In the Tale of Taliesin, Gwyddno posesses a weir of bountiful catch of fish. 《グウィーズノの籠》 【アイテム:篭】 【ケルト伝説:ウェールズ】
蓋をあけらばのぞむままの食べ物が出てくる有蓋の篭。 キルフッフに課せられた探求のひとつであり、ブリテン十三財宝にも数えられる。 『タリエシィーンの物語』の内容は少し違い、グウィーズノは大漁の筌(うえ)をもっていることになっている。

— Hh —

English Japanese
«Hagen's spear»: the spear Hagen used to slay Siegfried during the hunt, which was Siegfried's own ger "ancient spear for casting and thrusting". 《ハーゲンの槍》 【武器:槍】 【ドイツ英雄譚】 狩に誘ったジーフリトを不意打ちした裏切りの槍だが、じつはジーフリト本人の「ゲール」(投げる・突く併用の古期の投槍)。 写本挿絵では、武器が矢になっているものもある。
«Hildebrand's shield» wolves are depicted on the armorial bearings of the Hildebrand's kin, the "Wolfings". 《ヒルデブラントの盾》 【防具:盾】 【ドイツ英雄譚】 師傅ヒルデブラントの、家系(「ウルフィンゲ」家)の家紋である、緑地に環と狼をあしらった盾。
«Hrethel's Heirloom (1)»: The byrnie (mail-coat) worn by Beowulf when he arrived in Denmark to contend with Grendel. It was the work of Weland the smith, and heirloom of his maternal grandfather, the late king Hrethel (VI:454). [* Can be seen as armor name, following ON examples (e.g. Finnsleif). ] 《フレーゼルの遺産》(1)、フレードラン・ラーヴ Hrǽdlan láf 【甲冑:鎧】 【ベーオウルフ】 イェーアト(スウェーデン南部)の勇士ベーオウルフが、悪鬼グレンデル退治のためデーン人の地にまみえたとき、 纏っていた輝く鎖帷子で、鍛冶師ウェランド作であり、祖父フレーゼル王伝来の家宝(450~5行)。 邦訳では鎧名とみなしていないが、北欧文学の例(フィンスレイヴ等)にならえば固有名ととることができる。
«Hrethel's Heirloom (2)»: A a goldwork masterpiece sword of Beowulf, passed down from his grandfather, king Hrethel (XXXI:2191). [* Again, perhaps sword-name, by example of Dáinsleif). ] 《フレーゼルの遺産》(2)、フレーゼルス・ラーヴ Hreþls lafe 【甲冑:鎧】 【ベーオウルフ】 ベーオウルフの祖父フレーゼルより伝わる宝剣(2191行)。 伯父にあたる当代のイェーアト国王ヒイェラークは、この剣と王座の共有をもちかけた。 これも、北欧文学の例(ダーインスレイヴ等)を手本に剣名とみなせよう。
«Hygelac's neck-ring»
A breast-ring set with an ⇒ arkenstone, worn by Hygelac in his fatal war against Frisians; formerly «Wealhtheow's Bee», and she had awarded it to Beowulf for eradicating Grendel; he then presented to the queen (Hygd) of his liege (Hygelac).
《ヒイェラークの宝環》 【宝物】【ベーオウルフ】
ヒューゲラク王が戦死した合戦で身につけていた、アーケン石(宝玉)を 嵌めた胸飾りで、敵方フリジア軍に奪われた(ただしベーオウルフが奪還した可能性あり)
もとデーン人の后《ウェアルフセーオウの首環》 で、 怪物グレンデルを退治したベーオウルフに与えられ、のち君主(>ヒューゲラク)の王妃(ヒュイド)に献上している。

— Ii —

English Japanese
«Ice-Brook Sword»
Othello's spare sword. A sword with a Spanish hallmark but tempered in Innsbruck, accord. to Ffaulkes.
雪解け水アイス・ブルックで鍛えた剣 【武器:剣】 【英:シェイクスピア/オセロー】
オセローの控えの剣。武器専門家フォークスによれば、実はインスブルックで鍛えたスペイン印の剣。

— Jj —

English Japanese
jinglu sword 径路刀
Type of sword employed by the Huns (Xiongnu); also used by Wudi (Emperor-to-be of Chou) against Zhou Wang (king of Shang dynasty that was downfelled).
径路けいろ 【武器:剣】 【中国:周・前漢】
匈奴がもちいた両刃の剣。また、周の武帝がもちいて紂王ちゅうおう〕を討った「軽剣」もじつは=「軽呂」=「径路」。(『封神演義』では、武帝は直接手を下さず、紂王が屋形に火を放つ。)
«Josian's Ring» of chastity
Magical ring worn by the betrothed of Bevis that prevented the husband of her forced marriage from entering her bed.
《ジョシアンの指輪》 【装身具:指輪】 【英国ロマンス】
 ビーヴィスの許婚、ジョシアン姫がはめた貞淑の指輪。むりやり嫁がされた相手イヴォールを 寝床から遠ざけるために七年間はめつづけた。男性は、その婦人の閨に近よろうとする意志がまったく失せてしまうという魔力を持つ。 異本では指輪ではなく「護符」であり、英国ノルマン人のフランス語の武勲詩版では「指輪」ではなく「帯」。
«Judas Maccabeus, golden sword of», envisioned by him in a auspicious dream. 《マカベウスのユダの黄金の剣》【武器】 【旧約聖書】【ユダヤ史】
圧政に反抗したイスラエルの英雄ユダ・マカバイ(前161 没)が啓示的な夢の中で視た剣。

— Kk —

English Japanese

— Ll —

English Japanese
"Leifnir's fire[?]" ; Leifnis eldr [ON]; Fetter-loosening charm that Groa taught to her son. Rydberg interpreted it as the chain-cutting fire-breath such as Thidrek (Dietrich von Bern) is famed for. However, Bugge emends this to Leysigaldr "loosening charm".
(++) Comparison of Dietrich's breath with Havelok the Dane's bright light in the mouth has been noted by past commentators;Gillespie's Catalog directs atention to S.R.T.O. d'Ardenne's article (a festschrift to J.R.R. Tolkien on the occasion of his seventieth birth, p.84-93), in which she examines a genealogical tract of depicting radial lines emanating from Woden's mouth to the mouths of the chief kings of the heptarchy (Liège University Library 369C).
"Leifnir" is mentioned as þulur, as a name of a sea-king and either a name or heiti of a ship, as well as "Leifnir's hurt" being a heiti for a sword. Perhaps the reference is to Leiptr: in the Latin Edda Saemundar (Copenhagen, 1787-1828), the glossary states that this is a glittering river in the underworld, equivalent of the flaming river Phlegeton; the word leiptr colloquially used to denote "lightning" in Iceland. Perhaps M.E. leven "lightning" is related as well.
レイヴニル[?]のエルド 【武器:剣】【北欧】
グローアがその息子に教えた、身柄を拘束されてもその手錠・足枷から身を解き放つ呪術。
 『詩エッダ』の編者ブッゲは、この「レイヴニルの炎」を「解きほどきの呪術レイシ・ガルドル」と読替え、以後それがあたりまえのように踏襲されてしまっている。
(改正 09.12.17)  しかしリュードベリ説では、これは鉄鎖をも断つ炎の息吹、シズレク(ディートリヒ・フォン・ベルン)に 備わると同じ能力であるという。(参:マッケンジー『ゲルマン神話』8章, p. 125(大修館書店))
 また、シズレクとは「民衆の王」を意味し、これは王者に与えられる称号である。よって、「シズレク」伝説とは、 様々な「王者」の挿話の混在物であり、「王者」ハッディングスが オージン神から授かった神通力の飲物もまた火炎息ではないか、とリュードベリは推測した。
(++)  一方、シズレクの火炎息と爾来、比較されてきたものに、デーン人ハヴェロクのまばゆい口内 (王の血統を証明する口のなかの光)が挙げられる。ゲルマン人の間では正統な王の口には光(焔)が宿ると信じられていたのである。そしてウォーデン神の口からイングランドの諸王の口に伝わる炎か光明の筋(?)とおぼしき絵がリエージ大学所蔵 369C写本に現存する(参: S・R・T・O・ダルデーヌの論文"A Neglected Manuscript of British History")。
(++)  「レイヴニル」は意味不詳であるが、『詩の語法』の名列〔スラ〕によれば海王の名であり、 また詩文学で「船」をさす比喩名詞あるいは名前であり、また、「レイヴニルの痛み」とは「剣」 の言い回しである。独自の推論だが、あるいはLeiptr レイプトという、 北欧神話の冥界を流れるきらめく川と関連するのではなかろうか? 古いラテン語版『エッダ』(コペンハーゲン版)の用語解説によれば、 アイスランドの口語でLeiptr は「雷」を意味し、 デンマーク語 Løbeildや スウェーデン語Løpoareldも「走る川」の意味で、 ギリシア神話のフレゲトンなどの「冥界の燃ゆる川」に相当すると言っている。 中英語leven「雷」の語源は不詳だが、あるいは同源かもしれない。
«Lugh's sling-stone (which slew Balar) » In the Book of Invasions and the "The Second Battle of Moytura" text from Harl. 5280, the missile was a sling stone. But it was a tathlum according to a poem translated by O'Curry. 《ルーの投石器の石弾(バロールを斃した)》 【武器:弾】【アイルランド:神話伝説群】
cloich a thabaill 「スリングの石」(『侵攻の書』), lía talma 「スリング石」(ハーレー写本5280『モイツラの戦い』)、tathlum 「タフルム」(旧 W. Monck Mason 所蔵写本の詩の O'Curry による英訳)。

— Mm —

English Japanese
«Melion's ring»
Ring set with a white stone (touch it to transform into a wolf) and a red (touch it to revert). Melion, a knight-bachelor (≈squire) in Arthur's court is left stuck in the shape of a wolf as his evil wife absconds with the ring.(+)
《メリオンの指輪》 【装身具:指輪】 【ケルト伝説】
赤石に触れれば狼と化し、白石に触れれば元の人間に戻る指輪。 アーサー王に仕える下級勲爵士メリオンが、狼の姿にされたまま悪妻に指輪を持ち逃げされる。(+)
«Morgan's wings» [E. tr.]; pennae Morgenae, quasi Dedalus aera pennis ‹ dat.› "wings like Daedalus with which air was cut" [L.] Owned by Morgen the sorceress whose abode was the Isle of Apples (Jnsula pomorum) i.e., Avallon, this according to Taliesin's speech in the Vita Merlini written by Geoffrey of Monmouth. In the isle, she was said to nurse Arthur of his wounds, had a shapeshifting ability, and could fly with this implement. 《モーガンの翼》 【器物:翼】 【アーサー伝説】
モーガンの空飛ぶ翼。ジェフリー・オブ・モンマス作『マーリンの生涯』に登場するタリシエンの語りによれば、 「林檎の島」(すなわちアヴァロン)に棲むの九姉妹のひとりモルゲン(=妖精モルガナ)のもつ 「ダイダロスのような空をきる斬新な翼」。モルゲンは、変身能力があり、この羽を使って飛翔できた。 タリシエンも随行した船で、アーサー王は、このモーガンのもとに運ばれ、治癒を託されたとある。 [* モーガンの姉妹は、「モロノエ、モロエ、グリオルン、グリトネア、グリテン、テュトノエ、ティテン、琴の巧みなティテン」 であるが、 同じ名のティテンが二人いないと、数が足りない計算になる。
«Moses's rod» [staff] [Biblical OT]
matteh [maṭēh] מטה [Heb.]
Cf. «Aaron's rod».
《モーゼの杖》 : 【装身具:杖】 【聖書】
 参照:《アロンの杖》
«Moses's rod» [staff] [Irish: Book of Invasions]

Gaedel Glas, who invented the Irish from the 72 languages of the world (Leabor Gabhála §15), was cured from a snake-bite when Moses touched him with his rod.
《モーゼの杖》 : 【装身具:杖】 【ケルト神話】

アイルランド伝説上のゲール語の創案者、ゴイデル・グラス((「緑のゲール人」)が蛇に噛まれた傷を、モーゼが杖で触れて癒したと伝わる。

— Nn —

English Japanese
Nethin's spit bir Neithin, Bir Nechin, Bir Deichen [OIr.]
The spit that comprises one of three tools constituting a smith in the Triads of Ireland, togethere with "Dagda's anvil" inneóin in Dagda and the "Cooking-hearth of the Morrigan" fulacht na Morrígna.
From tracts on The Situation at Teach Midchuarta, it appears that the spit was a vertical pole suspended from the ceiling, which could overhang or be lowered into the hearth or fire-pit. At the royal banquet hall of Midchuarta, it was used to roast the pig, etc., but it takes after the name of Neithin (Nechin, Deichen) who was a royal smith at Tara, and purportedly manufactured by Goivenn, so that the same implement or one much like it must have been used by blacksmiths.
《ネジンの棒(串)》 【道具:棒】【アイルランド:神話伝説群】【王族伝説群】

『アイルランドの三題詩(トライアド)』の一詩のなかで、「この三道具をもって鍛冶師を成す」 と歌われる道具のひとつ。他は《ダグザの鉄砧〔かなとこ〕》イネン・イン・ダグザと、 《モリガンの炉》フラフト・ナ・モリーグナであった。
『三題詩』では、いかなる道具か不明であるが、近代の編者が『ミズファルタ館の状況』と称した、 アイルランド上王宮の宴会堂のもようを綴った一脈絡の文書によれば、それは天井吊しの垂直棒で、 床の炉に垂れるようになっており、上下調節できるしかけになっている。宴会堂では、 この棒を使って豚の丸焼きが調理され、どの役職のものがどの部位を分けられるかも詳しく記される。 棒は、かつて王都タラの(筆頭)鍛冶であったネジン(ネヒン、デヒェン)の所有物であり、 神話の鍛冶師ゴヴェン(ゴヴニュ)の作とも書かれている。(参照:ネス)

— Oo —

English Japanese
«Olius' sword», of which the first was broken in a test against «Alius' sword»; the second was mighty but came at the price of being accursed. 《オーリウスの剣》 【武器:剣】 【北欧サガ】
侏儒ドワーフのオリーウスが最初、手すさびで作った剣は、《アリーウスの剣》との試し切りで折れてしまう。 渾身の技倆をこめた二本目は、その威力のすさまじさとひきかえに、不吉の凶器という瑕物となってしまった。

— Pp —

English Japanese

— Qq —

English Japanese

— Rr —

English Japanese
«Rimnild's Ring»
The ring of fidelity or invulnerability she gave to Horn.
《リムニルドの指輪》 【装身具:指輪】 【英国ロマンス】
 彼女がホーンに与えた貞淑または不死身の指輪。
@Rustam
see also⇒«Rustam's arrow»
@ロスタム 【人物】 【ペルシア:王書】
 ⇒ロスタムの矢 

— Ss —

English Japanese
«St. George's Shirt»
Sant Jörgen hemt [MHG]. Life-perserving shirt that Wolfdietrich won from Belmunt, a heathen giant. (Wolfdietrich-D)
(Cf. Dietrich von Bern also sports a protective magic shirt while fighting Sîfr&icir;t in Rabenschlacht and Biterolf)
《聖イェルゲンの上衣ヘムト 【衣装】 【ドイツ英雄譚】
聖イェルゲン(聖ジョージのドイツ読み)のシャツ。(++) ウォルフディートリヒが、ベルムントという異教徒の巨人を倒してとりあげた。 これを着たお陰で竜の巣窟では仔竜に食べられずにすんだが、オルトニット王は、 アルベリヒに贈られた鎧を着ていたのに餌食になったのだ。 (『ウォルフディートリヒD本』) (『ウォルフディートリヒD本』)
最古のA本では、隠棲僧が洗礼のときに与えたもので、常に着用者にぴったり合い、年毎に男一人力の力が増す、 というしろものだった。
B本では、絹製の上衣で、「毛むくじゃらのエルゼ」が青春の泉に浸かって美女に生まれ変わったのち、 ジグミンネという洗礼名を受けたのち、夫となったウォルフディートリヒに贈った。 パーム椰子の絹で織られ、聖パンクラティウスの聖遺物がこめられていた。
(参考:ディートリヒ・フォン・べルンがジーフリートと対決するときも魔法のシャツを 着ていたと言う。『ラーベンの戦い』と、『ビテロルフ』でおきたウォルムスでの大試合)
St. Michael's Mount giant's (Dinabuc)'s garments Enemy who slew Arthur's kinswoman in "Brittany". His serpent skin jerkin proved impenetrable to ⇒Marmiadoise 聖マイケルの山の巨人(ディナビュク)の装束 【衣服】 【アーサー伝説】
ブルターニュでアーサーの親戚の女性を殺害した巨人が身につけるもの。(* 聖マイケルの山すなわちモンサンミシェルは、現今の低ノルマンディー州に入れられる)流布本では、その蛇皮の上着は、名剣⇒マルミアドワーズをもってしても傷つけることができなかった。
«Socht's sword» (Ellis, Dict. Ir. Mythol.). Heirloom sword of Socht, who bragged it was the sword that belonged to Cúchulainn, known by the name of Cruaidin Caidid-chean. It had a sharp point which shone in the night like a candle, and could split a floating hair flowing downriver. Its blade could be bent back on itself and snap back, and cut a hair floating downcurrent into it, or cleave a man clean in two without him realizing it for awhile. A legal dispute arose over its ownership, and its judge, Cormac mac Airt, awarded it to himself in the end.
ソフドの剣 [古読み]; スフトの剣 [現代読み]; : 【武器:剣】 【アイルランド:王族伝説群】
 ソフドの重代の家宝で、その切っ先は夜になると蝋燭のように輝いた。 その刃の撓いようは、たとえ刃を折り返しくっつくけても、投槍のようにぴんとまっすぐ元通りになった。 水に浮かべて流した毛髪を触れただけでこれを斬り、 人を両断してもいずれの半身もしばし気づかぬほどだった。 伝えによればかつてのクーフーリンの剣クルージーン・コジド=ヒャン[?]「堅き堅頭?」だった。
 その所有権をめぐり、家令大臣は自分のものと主張した(ひそかにその柄に自分の名を刻銘させていた)。 ソフドは剣を差し出すも、それは祖父を殺した凶器であるから、大臣が自分のものと仰せなら、 償ってほしい、と反論した。裁断をくだした名君コルマク・マク・アルト王は、賠償を命じたが、 この剣は見覚えがあり、クーフーリンの剣をアルスターの王が使って祖父コン百戦王を殺したものだと 断定し、王室がとりあげ、以降、マナナーンの杯と枝とともに、エリンの三至宝に数えられる。

— Tt —

English Japanese
«Tegau Eurfron's mantle»
The mantle of Tegau the wife of Caradawc Vreichvras "Strong-Arm," which only fits chaste women; one of the Thirteen Treasures of Britain.
In the First Perceval Continuation occurs the story of how Carados earned the nickname Short-Arm, while his wife-to-be (Guinier) lost the tip of her breast, but later restored a golden breast by the magic shield-boss given by Alardin; Carados's veracity is proved by the magic drinking-horn, Boënet.
There are French, Norse, MHG works called tales of the "cort mantel" or "mantel mautaillé" (the short, or ill-fitting mantle) that describe how Cardoc's wife is he only one in Arhur's Court who can wear the mantle without appearing ridiculous.
《「黄金の胸乳アイルヴロン」のテガイのマント》【衣服:マント】【ケルト伝説:ウェールズ】 【アーサー伝説】
剛腕キャラドクの妻テガイのマント。貞淑の女性にしか丈が合わないという、ブリテン十三財宝のひとつ。
(+)フランス語の『ペルスヴァル第一続編』が明かすところでは、 腕萎えのキャラドスを治癒するため、キャラドスは酸っぱい酒ないし酢(vin aigre)の樽に入り、 その妻となる女性(ギニエ)が牛乳に浸かって、呪いの蛇をおびき出し、兄が一刀のもとに両断するが、 そのはずみに彼女の乳房の先も切り落されてしまう(ブルフィンチの要約はこうした詳述に乏しい)。 後日、アラルダンという騎士から、ある魔法のアイテムをもらいうける。その盾の丸鋲で、損なった胸を 触れると黄金でもとどおりの胸が復元されたという。さらに、アーサーの王宮では、キャラドスのみが 正直者を見極める角杯ボエネ(ット)を飲み干すことができる。
このほか、一般に「クール・マンテル」または「マンテル・モータイェ」(短い/着こなしの合わないマント)と 呼ばれる作品群が、古仏語、古ノルド語、中期高地ドイツ語の断片などで現存しており、 その貞操を見破るマントをアーサーの王宮の淑女たちが試着すると、キャラドクの妻を除き、 丈が短かったり、背後に大穴があいてたりで、恥をかくのである。
«Turpin's crosse», bishop's crosier, or a luminous crucifix containing a piece of the True Cross. 《チュルパンの笏杖》または《十字架》/ 【衣装:儀杖】 【シャルルマーニュ伝説】
司教が持つ、先端がうずまいた杖。またはまばゆい光をはなつ十字架(キリスト磔刑の 真の十字架の欠片が使われている)。

— Uu —

English Japanese

— Vv —

English Japanese

— Ww —

English Japanese
«Wealhtheow's Bee»
A treasure comparable to the Brisingamen, which the Danish queen (Welahtheow) awarded to Beowulf who slew Grendel; it is probably the same as the breast-ornament set with arkenstone later worn by his liege-king Hygelac. In battle the king lost his life, and the treasure was captured by the Frisians (though possibly recaptured by Beowulf from Daeghrefn).
《ウェアルフセーオウの首環》 【宝物】【ベーオウルフ】
デネ人(デーン人)の后が、グレンデル退治をはたしたベーオウルフに与えた首環で、のちに勇者の君主である ヒューゲラク王が身につけたアーケン石(宝玉)を嵌めた胸飾りに同じであると推察できる。 ヒューゲラクが戦死し、敵方フリジア軍に奪われた。(ただしベーオウルフがデイフレヴンから奪還した可能性あり)

— Zz —

English Japanese