Fantasy Box HOME >
→幻想の武器・器物
→Bookshelf / 書架
Errata

Fantasty Studbook, Breeder's List, and Ship Directory/ 幻想の馬号血統帳スタッドブック〕・家禽畜系譜・船号目録

— Aa —

English Japanese
Abjer, black horse of Antar, the poet-warrior of black and Arab descent. His sword was →Dhami "the Trenchant". アブジュル 【禽獣:馬】 【アラブ・アンタル物語】
アンタルの漆黒の馬。持ち主のアンタル(アンタラ)は、黒人とアラブの血筋をひく「詠吟の武人」アンタル・イブン・シャッダード(550〜615年)がモデル。アンタルの剣は「鋭利な」→ジャミ
Abstruget (Austreget) [Pr./Occit.]
[<diminut. of estru, (e)struci (also autrucha)= "autruche (ostrich)" (my guess)]
Navarrese horse of Bertran, son of Count Maurin; Bertran with his "sword of Anfos (=Alfonso)" slays two of the three Jausbers [brothers?], but loses his horse. (Cf. Fortun).
アブストルジェト(アウストレジェト) [オック語] 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[ 語意:(e)struci, autrucha 「ダチョウ」の指小形(?)(私論)]
ベルトラン(マウリン伯爵の子)の馬で、ナヴァール産駒。 ベルトランは、《アンフォスの剣》[s'espade .. qui fo al rei n' Anfos] (アルフォンソ王の剣と解釈)で、三人のうち二人のジャウスベルト[兄弟?]を斬るも、馬を失う。 (参:フォルトゥン)。
Abul-Abbas, elephant of Charlemagne, the gift of the Caliph of Baghdad, Harun al-Rashid. アブル=アッバース 【禽獣:象】 【シャルルマーニュ伝説】
シャルル大帝が、アッバース朝第五代カリフ、ハールーン・アッラシードより贈られたインドゾウ。(史実)。象の名は、王朝の初代カリフとなった預言者ムハンマドの伯父の名にちなむ。
Adhnuall, Adnuall, Adhnúall, [OIr. "sweet of sound"] A hound of Finn mac Cumhaill アズヌール[?] 【禽獣:犬】 【アイルランド:フィアナ伝説群】
[「甘き音」]
フィン・マックールの猟犬の一頭。
Aethon, [Æthon is the name of one of the sun-steeds.] horse that wept for its master, Pallas, after he was slain by (the enemy leader) Turnus who led the Latin army. Pallas was the son of Evander (a son of Mercury), and had allied with the Trojan Aeneas and subsequently accompanied him to war. アエトーン 【禽獣:馬】 【ギリシア伝説】
[アエトーンは、太陽の牽引馬のうち一頭の名]
飼い主パラスの死の際、涙した馬。パラスは、エウアンドロスの子で、メルクリウス神の孫であり、トロイア人アーエネウス側に与し、敵方ラティーニー軍をひきいるトゥルヌスに殺された。
Afilé [OF.]; Affeleir [MHG./MDu.] horse that Galafre, king of Toldedo (and later father-in-law)loaned to Mainet (young Charlemagne in exile).
In the Rhenish/Middle Dutch Karl und Galie, Galosevele (The name Galie in the title, called Galien[n]e in Fr. is the daughter of Galafre whom Charles marries).
アフィレ アッフェレイル(?) [中期高地ドイツ/蘭]: 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
メーネ[ット](国外逃亡中の若きシャルルマーニュの偽名)に、のちの岳父トレドの異教王ガラフがさずけた馬(フランス武勲詩『メーネット』[断片])。
なお、中期オランダ版『カルルとガリエ』(厳密にはアーヘン市周辺のライン方言、フランコニア=ライン語ともいう?)では、この馬のほかに剣→ガロセフェレ(?) Galosevele [中高独/蘭](=ジョワイユーズ)も授かったことになっている。題名のガリエ=ガリエンヌ[仏]は、のちにシャルルが娶るガラフの王女。
Aig, Taig, Tairechell, The triad of hounds of the Tuatha De Danann (LG ¶317) cf. Attach, Gaeth, Sidhe アグ、タグ、ターレヘル 【禽獣:犬】 【アイルランド:神話伝説群】
[aig taig (成句)= 「去来・往来」; taig「帰還」;tairchell 「包囲」]
トゥアハ・デ・ダナーン族の三匹の犬(『侵寇の書』¶317.) 参:アタッハ(馬)
Ailbe
The hound belonging to Mac Da Thó. Connacht and Ulster competed for its ownership, but the dog pursued the chariot of the rulers of Connacht and was cut down.
Originally from the same litter as Dóelchú of Celtchar and the hound of Culann the smith.
アルベ(アルヴェ) 【禽獣:犬】【アイルランド:アルスター伝説群】
マク・ダトー(マク・ダ・ゾ)の犬(「白」の意?)。コノートとウルスターの王がそれぞれ飼う ことを所望した。犬は後者に味方し、コノートのアリル王・メイブ女王の馬車に喰らいついたので、 御者によって打ち首にされてしまった。(『マク・ダ・ゾの豚の物語』)
 斑点のあったこの犬と、鍛冶師クランの犬、それにケルトハルの犬ドイルクーとは、同時に拾われた仔犬たちであった。
Airavata(Airāvata) ऐरवत [Skr.] elephant ridden by Indra. アイラーヴァタ : 【禽獣:象】 【ヒンズー神話】
乳海撹拌のとき 生まれた象〔古語:きさ〕で、インドラの乗(ヴァーハナ)をつとめる。ふつう四本牙の白象として描かれる。
Albain horse of Alexander [Alexandre III, 6054] アルバン 【禽獣:馬】 【アレクサンドロス伝説】
アレクサンドルの馬。(フランス詩)
Albain horse of King Louis in FC = Foucon de Candie 144 アルバン 【禽獣:馬】 【フランス王伝説群】
『カンディーのフーコー』でルイ王の馬。
«Alcaliph's sorrel» The sore (sorrel, or bright chestnut) coated horse ridden by Marganice, the alcaliph and uncle of Marsile.
* Also expounded upon a hypothesis that Marganice the alcaliph and Margarice of Seville may be one and the same.
教皇アルガリフ〕(マルガニス)の栗毛ソール〕》 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
異教徒勢のマルシル王の叔父であり、「アルガリフ」の称号を持つマルガニス が跨る栗毛ソレル〕の馬。岩波文庫版では「柑子こうじ〕栗毛」。 「アルガリフ」とはおそらくイスラーム王朝の指導者「教皇カリフ〕」からきているようだが、じっさいは地方勢力(国王)クラスであろう。また、「マルガニス」と「マルガリス」も同一人物ではないかという、自己の仮説を展開。
Alferrant (d'oltremar) [Pr./Occit.]
[OF auferan (auferrant) adj. "hot-headed, impetuous" s.m. "warhorse, courser" (after Godefroy).]
horse-name (according to Brossmer ed.) of Folque/Folcon de Saure but may only mean a "courser from Outremer (=overseas, Palastine)" (Scheler's ed. does not list is as a name). (cf. Fortun, Roïn de Bar).
アルフェラント(オルトレマール産駒の) [オック語] 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
スペイン人フォルクエ・デ・サウレ(ドラウグエの兄弟)の馬で、 マウリン伯が、ロダンでの武芸試合において、乱戦〔メレー〕で マウル・デ・ティレを突き落として勝ち得、フォルクエに与えた。
ただし Brossmer は馬名とみなすが、Scheler はそうしておらず、 単に「海外〔ウートルメール〕の軍馬」と意釈できる。 ウートルメールは海外領土の意味だが、中世物語などでは主に聖地パレスチナなどの異教徒圏を指す。 (参:⇒フォルトゥン、ロイーン)
Alion , Horse that Guillaume d'Orange won from Corsolt, the pagan giant that lopped off half his nose (from which he earned the sobriquet "court nez [short-nose]" or "courb nez [bent-nose]"). Cf Baucent. アリオン 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
オランジュのギヨーム(英風ならばウィリアム・オブ・オレンジ)が、 異教徒の巨人コルソルト(ギヨームがのちに「短鼻クールブ・ネ〕」 または曲がり鼻クール・ネ〕と呼ばれるゆえんの、 鼻傷を負わされた相手)を斃して奪った馬。 (参:ボーサン)
Al-Yahshur, Al-Yaḥschoûr [F. tr.] A remarkable hawk kept by the father of Usama ibn Munqidh Arab historian and amir of Shaizar. I died while on loan to Shihab ad-Din Muhamud, lord of Hamah, and a funeral for it was held.
The falconer (austringer) Gana'im trained this hawk. There was also the hawk Al-Lazîk, with beak, feet, and eyelids colored red, like Al-‘Ausaḳ (ib., p.210), and a yellowish-furred bitch la Ḥamâtite [Fr.] = "the Hamathite"[?] (al-ḥamawiyya).
アル=ヤフシュル[?]【禽獣:鳥】 【十字軍遠征】 十字軍遠征史のアラブ側史家である、シャイザルの都督ウサマが述懐する、父親の愛鷹。 ハマの君主、シハーブ・アッディーン・マフムードに貸されたときに死に、葬儀がおこなわれた。
 その鷹匠ガナイムは、獲物の鶴の心臓を食い破れかたをみて、アル=ラジーク[?]なる鷹のしわざと見分けることができた。 その鷹は、嘴、足、瞼が赤色をしていて、あたかも名鷹アル=アウサッフ[?]のようだったという。 ウサーマの父はまた、黄色い毛並みのアル=ハマウィッヤ「ハマー人〔びと〕」という雌の猟犬を持っていた。
Anderoc, (Meyer tr., 393) Horse of Girart de Rousillon, the title character. アンデロク 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
題名主人公ジラート・ド・ルーション(ルッシヨンのジェラール)の馬。
Aonbarr Aonbárr [Ir.].   [pronunc. /ain-barr/ (T.W. Rolleston)/; aon /e:n/ "one". Etymolgy:"'One Mane" (O'Curry ed. OCT) [''aon'' "one" + ''barr'' "hair, tip (as well as mane of a horse")]; "Froth" (Cormac's glossary, O'Donovan tr., Sanas Chormaic] (1868), p.66 ''én'' "water" + ''barr'' [''cacumen, spuma'']; "'unique supremacy" (Mackillop's Dictionary); "meant possibily that she had a bird's head" (Rhys, Studies in Arth. Leg., 221](2012.01.22) Sea-faring horse of Manannan mac Lir. Lugh Lamfhota would not make a "loan of a loan" of it to the Sons of Tuireann, but consequently could not refuse them the use of the → Wave Sweeper (Sguaba Tuinne [Ir.]) エンヴァル、アンヴァル、アンバル(2012.01.22 発音や語意) 【禽獣:馬】 【アイルランド:神話伝説群】
[発音: /ain-barr/ (T.W. Rolleston)/; aon /e:n/ 「(数詞)一(いち)の意」。語意:「ひとつのたてがみ」"'One Mane" =「一」+「人間の頭髪や馬のたてがみ」(O'Curry 編『トゥレンの子ら』);「泡しぶき」 "Froth"=én「水」+ barr 「被りもの?」 =羅:cacumen, spuma (コルマクの語彙集); 「唯一の超越性?」 "'unique supremacy" (Mackillop 事典); 「あるいは鳥の頭をしていたことを意味する」(én =「鳥」) (Rhys Studies in Arth. Leg., 221](2012.01.22) 長腕のルーが、海神マナナン・マックリールより借り受けた海陸を馳せる不思議の馬。ルーは「借り物の又貸しはできぬ」と トゥレンの息子たちにそれを貸ししぶるのだが、「それならば魔法の舟の「静波号」ウェイヴ・スウィーパー (スクーブ[ァ]・トゥイニエ(再訂正))をどうかお貸しくだされ」、と請われてそれすら拒むわけにはいかなくなったのである。
Argus (Argos)
The old faithful hunting dog of Odysseus [Ulysses] that recognized its master on his return to Ithaca after an absence of 19 years (Trojan War and his odyssey), even though Odysseus was dressed as an old beggar preventing other Ithacans from identifying him. The dog dropped its ears and wagged its tail, and soon died having laid eyes on his master.
アルゴス : 【禽獣:犬】 【ギリシア神話】
十九年の歳月(トロイや戦争と漂流の十年ずつ)を経て故郷イタカに生還したオデュッセウス(ユリシーズ)をちゃんと覚えていた忠犬(かつては勇猛な猟犬)。このときオデュッセウスは老いた乞食の姿をしていて他の市民には、それが誰なのか判別がつかなかった。 犬は嬉しさあまりに耳をひたたらせて尻尾を振り、ついに主人を一目見たことで満足したのか、まもなく息をひきとった。
Arion (Areion) Αρειον [Gk.].
Adrastus, king of Argos, escaped on this horse, becoming the only survivor of the Seven against Thebes. Demeter in the likeness of an Erinys [the Furies] bore it on Poseidon (Apollodorus 3.77). By accounts the horse was black-maned. (+)According to Vulgate Merlin, Adrastus was once keeper of the sword →Marmiadoise
アレイオーン : 【禽獣:馬】 【ギリシア神話】
アルゴス王アドレーストス(アドラストゥス)はこの神馬で逃げ帰り、「テーバイ攻めの七将」のうち、たったひとりの生き残りとなった。 豊穣の女神デーメーテルが、復讐の女神エリニュス〕の姿と化して海神ポセイドンと 交わり生んだ仔馬だという。 (アポロドールス 『ギリシア神話』 3.6.8)。
 「黒たてがみの」馬であるとつたわる。 (+) アーサー伝説(流布本「メルラン」)によれば、アーサーの敵、 リオン[リヨン]の剣→マルミアドワーズ[?]は、その先祖であるヘラクレスの所有物であったが、アドラストゥスは長年その剣の管理を預かっていたと言う。
Arondel, Arundel (1) [OF] Arwndel [W]; Rondel, Rondelo [Fr.-It.] Famed horse of Sir Bevis of Hampton. Middle English "A" version is not explicit, but Bevis as a stable boy must have obtained it from King Ermin's stud, as is the case in the Italian prose Il Reali di Francia IV, Chap. 9 (where the lad Buovo alias Agostino tames an untamable horse and named him Rondel because "when it ran it seemed like a flying swallow (rondinello)".
Alternately, the Middle-English "CC" text (and Italian poem fragment Bovo, Veneto text) says the princess Josian (/Druxiana) gave the hero both the horse Arondel (/Rondelo) and the sword Morglay (/Chiarenza).
アロンデル、アルンデル(1) [古仏]; アルンデル [ウェールズ]; ロンデッロ [伊] ロンデル、ロンデロ [仏=伊]: 【禽獣:馬】 【英国ロマンス】
ハンプトンのビーヴィス(ビーヴェス)卿の馬。アングロ=ノルマン語(古仏語)で「ツバメ」の意。 中英詩のA本では、入手方法は不詳だが、アーミン王に仕えたときに王の厩舎から戴いたと考えるのが すじであり、イタリア散文『イル・レアリ・ディ・フランチア』第4部第9章によれば、 馬子のブオヴォ(仮名アゴスティーノ)が、王の荒れ馬を馴らしてしまい、 走りが飛ぶ燕子(ロンディネッロ)のような馬ロンデッロと名づけたという。
しかし中英詩のCC本(とイタリア詩『ボヴォ・デ・アントーネ』ヴェネト本)では、 ジョシアン(ドルシアナ)姫が、馬アロンデル(ロンデロ)も剣モーグレイ(キアレンツァ)も 主人公に与えている。
(*注:イタリア版などでは、ブウォーヴォ物語は英国が舞台ではなく、 シャルルマーニュ伝説系に組み込まれている。さすればアントーナは、 ロレーヌ地方?のムーズ川岸の都市メス?あたりだろう。)
Arondiel (2) , The first horse of Fergus of Galloway, given to him by his father before he sets out to become knight of the Round Table. It had a sorrel (light chestnut) coat, and worth one thousand pounds in gold. Later in a tourney he is mounted on Flori. アロンディエル(2) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
フェルギュス・ド・ガルヴォワ(スコットランドの騎士ギャロウェイのファーガス)、一名「美しき盾の騎士」が、円卓の騎士にくわわるのを志し、出立したとき農夫の父よりさずかった最初の馬。 値千金(黄金1000ポンドの価値ある)「ソレル毛色」(栗毛または「柑子栗毛」)の馬だった。 後の模擬試合では、白馬のフロリにまたがる。
«Arthur's horse(s)»
In Culhwch ac Olwen, Arthur's mare is named Llamrei, and this is ridden by Kei during a boar hunt. In the same story (chwedl), there is an inserted triad which names Hengroen "Old Skin" as the king's horse upon which Cynwyl Sant escaped alive from the Battle of Camlann.
Also Aubagu (Erec et Enide), Passelande (Béroul's Tristan), Spumador (Faerie Queene), and in local lore, dun stallion.
《アーサーの馬(たち)》【禽獣:馬】【アーサー伝説】
ウェールズの伝承:『キルフッフとオルウェン』ではアルスルの牝馬は スァムライ(ラムレイ)でこれをカイ卿が使用する場面がある。また同物語に挿入された三題詩では 王所有のヘングロイン「古い皮」という馬に乗って聖キンウィルという戦士がカムランの戦場から撤退したとされる。 《タリシエンの書》の『馬の歌』にはこのスァムライの名が挙がるが、『ブリテン島の三題詩』(『馬の三題詩』の部)には、 どの異本にもこのアルスルの馬名は記述されない。
クレティアン・ド・トロワの『エレックとエニード』では王はオーバギュに跨る。 ベルールの『トリスタン物語』ではパッスランド[?] 。 『妖精の女王』ではスプマドール。ある郷土地方の言い伝えでは王の馬ダン・スタリオンが出没するという。
Assile
Horse obtained by Arthur of Little Britain (of Brittany, France), a descendant of Lancelot who also owned the sword Clarence
アッシール【禽獣:馬】【アーサー伝説】
小ブリテンのアルテュスが得た馬。その持主のアルテュスは、円卓の騎士ランスロの末裔、 出身地小ブリテンこと現今の仏領ブルターニュ州の出身で、のちに名剣クラランスの保持者。
Attach, Gaeth, Sidhe, The triad of horses of the Tuatha De Danann (LG ¶317) cf. Aig アタッハ、ガイス、シーズ 【禽獣:馬】 【アイルランド:神話伝説群】
[attachata 「風(吹く?)」; gáeth 「風」; side 「突風、強風」 ]
トゥアハ・デ・ダナーン族の三頭の馬(『侵寇の書』¶317.) 参:アグ(犬)
Aubagu
horse that Arthur was riding when his party encounered Erec.
オーバギュ【禽獣:馬】【アーサー伝説】
アルテュール王(アーサー)が、エレックと遭遇したおり乗っていた馬。
Surŭsh falcon dispatched by marzban general Kishwād "Twin-Sword" on a scouting mission and mercilessly cut down by Lord Silver Visor (rival Prince Hirmes) before carrying an intelligence message. Its paired hawk Azrael seemed to detect what happened even from afar. 告生天使スルーシ【禽獣:鳥】【ペルシア素材】【小説:田中芳樹『アルスラーン戦記』】 『ア戦記』では双刀将軍ターヒールキシュワードのもう一羽の鷹で、 斥候任務遂行中に無残にもヒルメスに斬られた。 同じ巣雛の兄弟⇒告死天使アズラエルは、 遠く離れても兄弟鷹の身の異変を感じ取っていた。

— Bb —

English Japanese
Babe
The blue ox kept by Paul Bunyan the giant lumberjack.
ベイブ【禽獣:牛】【アメリカ民話】
巨人のきこりポール・バニヤン[Bunyan バニアン]の青い牝牛の名。
Babieca
The war-horse of the Cid.
In a later ballad, the corpse of the Cid, with his sword Tizon attached to his head, and mounted on Babieca, put Bucar to flight. — "Los Del Cid llevando su cuerpo sobre Babieca.." (tr. in intro., W.S.Merwin ed. Poemof the Cid)
バビエーカ【禽獣:馬】【スペイン伝記】
エル・シードの軍馬。
後世のバラッド、『エル・シードの手の者、主の遺体をバビエーカに載せ、聖人サンティアーゴの加護のありて、 ヴァレンシアを包囲するブーカルのところに参る』 によれば、エル・シードの屍は、名剣ティツォーンを握らせられ、 バビエーカの鞍に跨らせられ、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」よろしく敵将を敗走させた。
Balios Βᾰ&lamda;ιF79;ς [Gk.]. [< balios, spotted, dappled, piebald]
Together with Xanthus(Xanthos), one of a pair of horses that pulled Achilles' chariot.
バリオス [希] 【禽獣】【ギリシア伝説】
兄弟馬クサントスと二頭でアキレウス戦車を牽引する神馬。
Barbamouche
horse of the Saracen count Climborins
バルバムーシュ【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
異教徒クランボランの馬。北欧サガでは「アムス」という馬名。
Bastard Tristan's reguar horse according to the Post-Vulgate Queste, which would have sped fast while carrying two knights (had he been riding it), but instead, Tristan current mount was doing a cumbersome walking gait bearing the extra weight of the injured Asgares the Sad. Cf. Passe-Brewel, Bel Joeor. バタール 【禽獣:馬】【アーサー伝説】 続流布本系『聖杯探求』によれば、トリスタンのいつもの自分の馬。それがあれば2人乗りでも 早駆けできたはずなのだが、トリスタンは別の馬にまたがっていたので、 身元不明のまま負傷させてしまった円卓騎士、悲嘆者アスガレスの負荷もくわわると、 のろ歩きしか出来なかった。(参:パス・ブルーエル、ベル・ジョイオール[?])
baucent, (of a horse's coat) black and white, mottled, pied, piebald. In ME bauson means "badger". It has been said there is no Old French example of the word being used in this sense, but the Cambridge Old Fr.-Eng. Dictionary listed "baucent=badger". (FYI: The black and white banner of the Templars also bears this name.) 駁毛ボーサン〕(ぶち〕) 【禽獣:馬】 【--】 「白と黒色」または「ぶち、まだら」な馬の毛並み、またはそうした馬をさす。中世英語 bauson は「アナグマ」。 古仏語では baucent を「アナグマ」の意味で用いた例はないともいわれる。 が、ケンブリッジ古仏=英辞書には「baucent=badger」と掲載されていた。 (豆知識:テンプル騎士団の白黒の軍団旗もこの名をもつ。)
Bauçant (1) (of Bréhus) (= Marche­vallee of Bruhier [E., Bulfinch]), horse of Bréhus, the Saracen with the «Lord Savior's balm» who fought Ogier. ボーサン (1) (ブレユスの) (=マルシュバレー [ブルフィンチ版]) 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
《主キリストの膏薬》を持つサラセン人ブレユスの乗馬。 デーン人オジエは彼との一騎打ちの際に愛馬ブロワフォール。 を失うかわり、この馬をわがものとする。(武勲詩『オジエの騎士道』)
ブルフィンチによる再話も、武勲詩のあらすじとほぼ合致するが、固有名に差異があり、 オジエが"ブリュイエ"の馬"マルシュバレー"を得、 "ベフロール"を失ったことになっている。
Baucent (2) (Guillame d'Orange's); Bauçant, Bauchant [OF] Puzzat (Willehalm. ) [MHG]
The famed horse of Guillaume d'Orange or corb-nez that later dies during the battle of Aliscans.
  According to the Enfance de Guillaume, the young Guillaume intercepted the horse from an envoy conveying it from Orable of Orange to her betrothed, the Arab amiral Tiebaut.
  Baucent goes unmentioned in the Couronnement de Louis where Guillaume has his horse killed and nose disfigured by Corsolt, though he wins the latter's steed Alion. In the same work, Guillaume also takes the horse Clinevent (var. Prinsaut) from Gui d'Alemagne.
  Conquest of Oragne ends with Guillaume protecting and marrying Orable of Orange, but no horse names occur.
  In Aliscans, Guillaume rides Baucent until he obtains Aerofle's horse Folatil to ride; Baucent is subsequently killed.
  In the German adaptation Arabel (=Orable), the hero's horse Belur is killed by Tybalt's men.
  In the German Ogier, Wilhelm "Firenbraes" von Narbonne rides a loyal horse named Ferrant.
ボーサン (2) (オランジュのギヨームの) 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
オランジュのギヨーム(ギヨーム・ドランジュ)の愛馬。のちアリスカンの戦いで騎乗するが、そこで馬は死ぬ。
 『ギヨームの少年時代』によれば、この馬はそもそもオラブル婦人からその許婚のティボー提督へ贈物として移送中だったが、 ギヨーム少年の一行は、その異教徒団とこぜりあいになり、父(エメリ・ド・ナルボンヌ)の救助の際、この馬を分捕った。 父の乗馬が殺されたので、かわりの一頭が入用だったのだ。
 また、この馬は、オラブルが手ずから毛並みをととのえたりして七年間育てたもので、贈物は愛のあかしであるはずだった。 だが、このオラブルは将来ギヨームと夫婦になるわけだから、その意味でおあつらえだったともいえる。
 『ルイの戴冠』では、ボーサン号は登場しておらず、ギヨームが「短鼻」の綽名を得るもととなった負傷をこうむった、 コルソルトとの対戦のときの乗馬は両断されてしまったが、そのかわり相手の軍馬アリオンを得る。 同作では、ギー・ダルマーニュの馬クリヌヴァン(異本プランソー)も勝ち得ている。
 『オランジュ陥落』は馬名が登場しないが、オランジュのオラブルを守ったギヨームは彼女と結婚を果たす。
 『アリスカン』では、ギヨームはボーサンに乗って合戦に出るが、アエロフルの馬フォラティルを獲得しそちらに乗り換える。  しかしボーサンはこののち、討たれてしまう。
 なお、ウォルフラム・フォン・エッシェンバッハによるドイツ翻案『ウィレハルム』では、プッツァト という馬号であるが、その前編として後発的に書かれた『アラベル』(オラブルのこと)では、 ウィレハルムがベルールという馬を失っている。
 ドイツ詩『オギエル』(=オジエ)では、ウィルヘルム・フィレンブラエス・フォン・ナルボンヌ の忠馬はフェラントという。
Baucent (dog)
The shaggy dog Ipomedon boasted of as having hunted the most game that day, although he was secretly enrolled as White Knight in the tournament contest over his beloved duchess known only as "the Proud". (He mentions three dogs: see under Nublet). In the Middle English version A, Blokan ("pale" or sometimes misused as "black") likely corresponds to this dog, because Ipomadon says "the white hath borne hym best," and in C the equivalent is probably Blanchard.
ボーサン(犬) [古仏/アングロノルマン]: 【禽獣:馬】【キリスト教圏】【ノンサイクルもの】
イポメドンの猟犬。驕慢の公女の婿の資格をかけたトーナメント試合の一日目、ほんとうは白騎士として参加していたのに、 狩猟をしてさぼっていたととぼけ、そのとき毛深いボーサン号がいっとう獲物をしとめたのだと言っている。 (イポメドンはこのとき三匹の犬に言及。 ニュブレ[?]を参照。)
 一方、中英語版『イポマドン』(もっとも内容が合致するA本)A版では、「とりわけ白犬の働きがよかった」と言っており、 これはブロカン号(「蒼白い」の意、または「黒い」と誤用)のことであろうし、中英語C本ではブランチャードなる白犬が相当する。
bayard; baiart [OF] bay-colored horse. A "bayard-of-ten-toes" means (having to travel on) one's own legs. 鹿毛バヤール : 【禽獣:馬】 【--】 「鹿毛かげ〕」の毛並みの馬。「足指十本のテン=トード〕ベイヤード」という表現は、まさに「膝栗毛」と同じで、自前の足での徒歩の旅を余儀なくされること。
Bayard (1) [F.], Baiardo, Bayardo, Bajardo[It.], horse of Renaud de Montauban that understood human speech. バヤール 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ルノー・ド・モントーバンの馬。人語を解す「魔法の馬」。ルノーの従兄弟にあたる魔法使いモージ・デーグルモンの伝記をつづる英雄詩(ジェスト)では、 この馬はそもそもモージが入手したことになっている。
Bayard (2) [E.], St. George's horse in Johnson's Seven Champions of Christendom. See →Ascalon ベイアード[?] 【禽獣:馬】 【英国ロマンス】
リチャード・ジョンソン作『キリスト教圏の七勇士』における。聖ジョージの馬の名。 →アスカロンを見よ。
Bayard (3) [E.], The horse Doon of Brittany (lai of Doon) for winning the maiden of Daneborc (Edinburgh) dwelling in Chastel as Puceles (of Maidens). Doon survives by the perilous bed, and then ride as far as a swan can fly in a day as required. バイヤール[?] 【禽獣:馬】 【英国ロマンス】
ブルターニュのドーンの馬(『ドーン』のレー(歌))。主人公が「乙女らの城(シャ[ス]テル・ア・ピュセル)」に 棲むダヌボール[ク]の乙女(=エジンバラ市の姫)と結婚する資格を得るための冒険の成否に欠かせなかった。 ドーンはまず、サウザンプトンからエジンバラまで一日駆けで行き、さらに危険のベッドで寝ずの番を勤めて生存し、 他の求婚者たちをしりぞけた。そして姫が要求するとおり、白鳥が一日で飛翔する距離を、馬で駆けて見せ、結婚を果たした。
Bayard (3) [E.], The horse Doon of Brittany (lai of Doon) for winning the maiden of Daneborc (Edinburgh) dwelling in Chastel as Puceles (of Maidens). Doon survives by the perilous bed, and then ride as far as a swan can fly in a day as required. バイヤール[?] 【禽獣:馬】 【英国ロマンス】
ブルターニュのドーンの馬(『ドーン』のレー(歌)73, 143)。主人公が「乙女らの城(シャ[ス]テル・ア・ピュセル)」に 棲むダヌボール[ク]の乙女(=エジンバラ市の姫)と結婚する資格を得るための冒険の成否に欠かせなかった。 ドーンはまず、サウザンプトンからエジンバラまで一日駆けで行き、さらに危険のベッドで寝ずの番を勤めて生存し、 他の求婚者たちをしりぞけた。そして姫が要求するとおり、白鳥が一日で飛翔する距離を、馬で駆けて見せ、結婚を果たした。
Beiffror

Bulfinch's sp. for Broiefort, horse of Ogier the Dane.
ベフロール【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
ブルフィンチ版再話におけるデーン人オジエの馬の名。 ブロワフォールのこと
Bel Joeor Le Bel Joëor [OF] (Béroul's Tristan, Muret ed. v. 3999)
(+) Tristan's horse which was really "white like flower" (v.3597) but had been covered over with black wool, so that when Tristan (disguised as leper) wore a black mask and mounted his horse, Girflet recognized him as the Black Knight of the Mountain. Tristan (masquerading as a leper underneath) could thus now participate incognito in the tournament that the visiting King Arthur held at Blanche Lande (place of Iseut[Isolde]'s trial). (Cf. Passe-Brewel, Bastard)
ベル・ジョエオール[?] 【禽獣:馬】【アーサー伝説】(+) トリスタンの馬。ベルールの『トリスタン』3999行にに登場する 「それに勝るものは見つからない」無双の馬でカスティリア産駒。 そのじつ「花のごとき白い」馬(3597行)なのだが、師傳ゴヴェルナルに指示して、 黒羊毛で覆わせたので、誰にも見分けがつかず黒馬に思われた。 トリスタンは癩病者に扮していたが、黒頭巾を被ってこの馬に乗り、 ジルフレをして<山の黒騎士>であると思わしめ、正体がばれずに アーサー王が開催している模擬試合に参戦した。(場所はイズーの裁きが 執り行われるブランシュ・ラーンド)
(参:パス・ブルーエル、バタール)
Belûr, (Singer ed., Arabel) Belur, Belůr [MHG] (ib., Kassel codex, fol. 12r, 12v) [MHG]
A horse killed in action when its rider Willehalm (= Guillaume d'Orange) was captured by the pagan forces of King Tybalt, in Ulrich von dem Türlin's Arabel. The imprisoned Willehalm becomes enamored of Tybalt's wife Arabel, and they escape together. The work is a prequel to Wolfram's Willehalm, in which the hero's horse is named Puzzat (= Baucent [OF])
ベルール 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
ウィレハルム(ギヨーム・ドランジュのドイツ名)が無謀に単騎突入し、異教王ティバルトの軍勢に捕まったとき殺された乗馬。 ウルリヒ・フォン・デム・テュールリーン作『アラベル』(=ウィレハルム公夫人物語 アラベルは、もとティバルトの后。)による。《Kassel 写本》挿絵では、連銭葦毛(?)の馬として描かれる。
 同作品は、『ウィレハルム』を本編とする作品群の前編に位置するが、本編では、主人公の馬はプツァット(=ボーサン号[仏])。
Beo A pig/sow that ravaged the midlands of Munster, and Finn slew with a spear forged by the smith Lochán. The sow became the dowry from Finn to the smith, for taking his daughter Cruithne as bride. ベー[オ] 【禽獣:豚】【アイルランド:フィアナ伝説群】
マンスター地方の中高地を荒らした凶豚。フィンが、鍛冶師ロハーンの作った槍でしとめ、鍛冶師の娘クルーズネ[?]を娶った結納品として献じた。
[* 「(a) 生きている、 (b) 生き物や不死者」などを意味する。用例: 「生者の地」(ティール・アナ・メオ)は妖精郷の名の一つ。]
Birmaya The parti-colored cow who nursed Faridun. ビルマーヤ 【禽獣:牛】 【ペルシア:王書】 英雄フェリドゥーンに授乳して育てた孔雀色の牝牛。
Blanchard (1) [F.]; Blan[n]chart [OF.]

Roland's horse vs. Otinel's →Migardos. In the saga (XI ch.6) the same horse goes by the name of Bruant.
ブランシャール(1)【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ロランの馬。→コルスーズを剣としてふるい、 ミガルドスを乗馬とするオティネルと一騎打ちしたときに騎乗した馬である。 サガ版(第VI部、第6章)では、これに相当する馬がブルアントと呼ばれている。
Blanchard (2) Blanchart d'Alier (Chevalerie Ogier 3273), Blançart (ib. 6232, 6345) [OF]
(X) Horse ridden by King Charlemagne during his off-and-on strife against Ogier le Danois.
Branch II: Ogier in the wake of his son Baldwinet's death assaults the king with a club, only to kill Lohier and some others instead; Ogier then flees on Broiefort, and the king pursues astride Blanchard.
Branch IV: Ogier occupies a certain castle, hurling stones, saddles until nightfall, and espies Charles with Joiose (6225) and Blancart (6232) among his besiegers. After Ogier leaves this castle, Broiefort is wounded (6320), the pursuit begins anew, and Charles is again riding the horse (6345).
Branch IX: Years later, Ogier facing Bréhus (or Bruhier), and he needed to test-ride horses to find one that could serve him. Bulfinch's Charlemagne (ch. 26) asserts the king made available a number of fine horses except Blanchard (although Barrois's text makes no mention of Blanchard here). After the king's "fleet horse conquered from the amiral Balant" (10425) is tried, he prods Duke Naimes to enlist his horse Morel for trial, but since it was out of commission having received a spear between the shoulders, the duke offered up Penevaire (q.v.) instead.
ブランシャール(2) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
(X 全面改正)
武勲詩『オジエの騎士道』において、デーン人オジエと確執と和解をくりかえすシャルル王が、しばしにおいて乗馬する馬。 名前からして白馬である。
 第2枝篇では、オジエは、息子ボードウィネット(ボードワンの指小形)がたかが将棋をめぐりシャルロ王子に殺されたことに憤慨し、 王を棍棒で襲うが、代わりにロイエやその他の騎士が犠牲になった。オジエはそのあとブロワフォールで逃亡、王はブランシャールに 乗って追う。
 第4枝篇では、オジエは、ある城にたてこもり、石や鞍などを包囲軍に投擲し、夜が暮れると、包囲網のなかのシャルルが、 剣ジョワユーズ(6225行)を身につけ、白馬ブランシャール(6232行)に乗っていることを見据える。オジエがこの城をあとにするとき、 ボワフォールは負傷するが、鬼ごっこの再開で、シャルルはやはりブランシャールにまたがっていた(6345行)。
 第9枝篇では、オジエがブレユス(またはブリュイエ)の相手として白羽の矢が立ち、オジエは軍馬として使いものになる馬を 求めて試し乗りする。ブルフィンチ再話(『シャルルマーニュ伝説』26章349頁)によれば、このときシャルルは 「ブランシャールを除いて、いちばんよい馬を」を試させたとある。 だがバロワ編本ではブランシャールの名は言及されない。王は「余がバラン都督から奪った駿馬、オリエントでこれにまさるものはなし」 (10425-7行)を試乗させたのち、ネーム公(=ナモ公)にむかって、「そちの黒馬モレルはどうした?」と促すが、 公は馬は槍を両肩のあいだにうけて重傷だといい、かわりにペネヴェールをつごうする。
Blaunchard (3)
The fairy steed "whyt as flour" of Sir Launfal (=Lanval [OF]), given by Tryamour, daughter of fairy-king Olyroun, to her lover. This horse name does not appear in the original lai of Marie de France. ("flour" here is probably "flower".)
ブローンチャード[?]、ブランチャード[?](3) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
ローンファル卿の白馬。妖精王オリルーンの娘で、愛しの人であるトリヤムーア(トリアムールとも) から卿に贈られた「花のように白い」馬である。 他に扈従のギフレ、手を入れるごとに1マルクの金(貨)を出せる無尽の財布、模擬試合で身を守るペナント (旗印)などを進呈されている。(中英詩『ローンファル卿』) この馬名は、現詩であるマリー・ド・フランスのレー『ランヴァル』にも、 英訳詩『ランデヴァル卿』にも登場しない。 [*((x)訂正:387行"Blaunchard whyt as flour” 「小麦粉のように」ではなく「花のように白いブローンチャード[?]」であろう。 参考:『ランデヴァル卿』61行 "With facys white as lely floure"「ユリの花のごとく白い顔で」)
Beo A pig of Munster, which Finn slew using a spear forged by the smith Lochán, who gave his daughter Cruithne to him. Finn presented the sow as bridal gift. (Macgnimartha Finn) ベー[?] 【禽獣:豚】【アイルランド:フィアナ伝説群】
ムンスターの凶豚。フィンは鍛冶師ロハーンに鍛えられた槍でこの豚をしとめ、鍛冶師の娘を嫁にもらったた返礼として結納した。スリーヴ・ムック「豚山」の地名の由来とされれる。
«blood of the gabilun-like creature»;
«bluot gabilûne was ez anelîch Gave Hagen strength and wisdom (Kudrun)
《ガビルーンに似た獣の血》【アイテム:薬/禽獣:竜】 【ドイツ英雄譚】
『(王女)クードルーン』でハーゲンがしとめた「ガビルーンに似た獣」の血。飲むと力がみなぎり叡智をさずかった。
«blood of the winged monster»;
Bodver (Böðverr Bjarki [ON] Biarco [L.]) who kills the beast(presumably w. Laufi / Løvi) compels Hott, whom he has taken in as his ward, to drink the blood, which gives the latter strengh and courage on par with Bodver. (Hrolfs saga Kraka, Ch.35)
《有翼の獣の血》【アイテム:薬/禽獣:竜】 【北欧伝説】
『ロルフ・クラキのサガ』で、ベドヴェル・ビャルキ (≒ビャルコ)がしとめた「背に翼がはえた獣」の血。 この血を無理強いされて飲まされた弟分のホーットには、ベドヴェルに伍する互角の力と勇気がそなわった。 ちなみにベドヴェルの武器は、名剣ラウヴィ [アイスランド名] レヴィ [ラテン名](整理中)
Bohemond Horse of the deceased Margrave Rudeger made to journey back to Bechelaren/Pochlarn in The Lament of the Nibelungen (Div Chlage) ボヘムント(ポイムント) 【禽獣:馬】 【ドイツ英雄譚】
Bohemund; Boymvnt, Poimunt [MHG]
今は亡きベッヒェラーレンの辺境伯リュエデゲールの馬。『ニーベルンゲンの歌』の続編『クラーゲ(嘆き)』より。
Bondifer [OF]
All white horse with a horn like unicorn, belonging to the sultan who leads the Saracen forces against France. The sultan's daughter Marsabelle informed her lover, the French knight Florent of it; Florent's foster father Clement stole it. (OF romance of Octavian)
ボンディフェール 【禽獣:馬】【フランス材料(+ローマ)】【複合系】【キリスト教圏】
フランスを攻める異教徒の総称スルタンのもつ、白一色で額に角をもつ馬。角は鋭く、 武器では太刀打ちできない。スルタンの王女マルサベルが、愛するフランス騎士フロラン(フローレント) に教えた。フロランの養父クルマン(クレメント)が盗み出した。(古仏ロマンス『オトヴィエン(オクタヴィアン)』)
Bonivent [OF]
[etymology: Langlois does not take this as a horse name but as a descriptor of the geographic location where the horse was from, "a name for a Saracen village, inspired by the duchy of Benevento, Italy".]
Horse of the Saracen king Sadone/Sadoine who accepted single-combat with Charlot whilst Karaheu(s) faced Ogier. When Danemon[s] leads an ambush party to join the fray and thus interrupts the fair fight, Charlot steals the horse and flees. [ * Sadone is girt with a sword forged by Galant (Wayland) and tugs along Bonivent, a destrier that belonged to the soudan (vv. 1674-6).
ボニヴァン [ボニヴェント] : 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
[語意:イタリアの都市・旧公国ボニヴェント、または、そこから着想した、異教徒圏の町名。 ラングロワの固有名詞総覧では、あくまで町名とし、馬名と認めていない。]
異教徒の一介の王サドヌ/サドワーヌ[邦訳『ブルフィンチ』では「サドン」]の乗馬。 その一騎打ちの相手のシャルロ王子は好戦するも、都督の息子ダヌモンが、卑怯にも 伏兵の一団をしたがえてなだれこむと、シャルロわ肝をつぶして、この馬をかっぱらって逃亡した。 カラウー[ス]と尋常に一騎打ちしていたオジエは孤立無援の置き去りとなり捕獲の憂き目に。 [ * サドヌは、ガラン(鍛冶師ウェイランド)が鍛えた剣を佩き、 スルタンの持ち物だった馬ボニヴェンを牽く(1674-6行)。 ]
Brahane [MHG] Horse of Terramer, pagan father of Arabel/Giburc and Willehalm's hostile father-in-law. ブラハーネ[?]
異教徒王テラメール[?]の馬。ウィレハルムのと駆け落ちして結婚したアラベル(改宗後ギブルク) の実父である。
Brigliadoro "golden bridle" [It.] The horse of Orlando. Barberino explains that Briadoro was the name of the horse when the pagans owned it, and was afterwards renamed Vegliantino (Veillantif "vigilant"). ブリリアドロ 「黄金の馬勒」[伊]: 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
オルランドの駿馬。
これがロランの馬ヴェイヤンティフ (意味=「警戒的」・「古老」?) のイタリア語形なのかと不可解に思われるだろう。
しかしバルベリーノの散文『ラスプラモンテ(=アスプルモンの戦い)』によれば、 異教徒の持ち物だった頃ブリアドロ号だった馬が、 フランス勢が奪ってのちヴェリアンティーノ号に改名されたのだという。
Brisegaut
Horse of the amiral. Its name means "Break-woods" (Mort Aimeri)
ブリズゴー 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
総督の馬。「森壊し」の意味。(『エムリ(・ド・ナルボンヌ)の死』)
Broiefort [OF]; Bifolen, Befolen, Berfolen (Kms III), Brocklafer (Kms I) [ON]; Duraforte (Morgante, XXVIII, 64) [It.]
Horse of Ogier de Danemarche in Chevalerie Ogier (var. Beiffror in Bulfinch's Charlemagne).
ブロワフォール、 ベフロール (ブルフィンチ再話『シャルルマーニュ伝説』)、 ベフォーレン等(『カルル大王のサガ』第III枝篇)【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
デーン人オジエの馬の名。武勲詩『オジエの騎士道シュヴァルリ〕』等にみえ、 同武勲詩の第XI枝篇では、この馬を失い、敵将の馬ボーサンを手に入れる。
Bruant (1) [ON]
Norse form of →Bonivent, the horse of Sadone.
ブルアント(1) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
1) サドヌの馬→ ボニヴァンの北欧名。フランス式に発音するなら「ブリュアン[ト]」
Brega and Falga (Bodl. Dindsenchas #2)
The name of the ox of Dil, the daughter of Lugh-mannair, living in the Land of Promise aka the land of Falga. Tulchine the druid of Conaire Mór sought to carry her off, but the maiden would not part with her favorite calf, born on the same day as she. So the druid importuned upon Morrígan and caused the ox's whole herd to move to the plain, afterwards named Mag mBregh after the ox. (Cf. « Dil, ox », Fea and Femen)
[* The isle of Falga is also where the Ulstermen went raiding with Curoi, carrying away the kine of Iuchna]
ブレガファルガ × (フェメン) 【禽獣:牛】【アイルランド:王族伝説群】
ディルの牡牛。ディルはルフ=マナルの娘で<約束の地〔ティール・ナ・タルンギレ〕>または<ファルガの地>に住んでいた。 これをトゥルヒネという、大コナレ王のドルイド僧により連れ去られた。ただしディルは、自分と同日生まれで、 とりわけ可愛がっているファルガという仔牛がおり、この一頭からは絶対に離れられないと言った。そのため僧は、 モーリーガンの力を借り、 牡牛ブレガの君臨する牛群をある原まで移動させ、そこがマグ・ムブレグ( ブレガが原)と 名づけられた。(ボドレアン図書館所蔵の『地誌(ディンシェンハス )』#2)。 移動させた。(参:《ディルの牡牛》、フェアとフェヴェン)
[* ファールガの島は、クロイを含むアルスター戦士たちが、イウフナ王の牛ほか宝物を略奪した場所である。]
Bruant (2) [ON]
Norse form of →Blanchard ridden by Roland.
ブルアント(2) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
2) ロランの馬→ブランシャールの北欧名。
Bruiant [OF]
Horse ridden by Charles against the enchanter Maugis d'Aigremont.
ブリュイアン[ト] 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
シャルル大王が、魔術師モージ・デーグルモンと敵対したおりに乗っていた馬。
Brunfort
Fourth of Tristano's five horses (q.v.), in La Tavola Ritonda; the black stallion was given to him by la fata Morgana (Morgan le fay).
ブルンフォルト 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』で、<トリスターノの5頭の馬>(⇒参)のうちの4頭目。 黒馬〔ネロ〕で、妖精女モルガナの贈物。
Brunsaudebruel [OF]; ebrouns' saundbruel (3585) [ME]
The horse of King Embron of Apulia/Sicily, later inherited by William of Palerne, a young whose life was saved thanks to a wolf(werewolf) who carried him to Rome.
ブランスオードブリュエル[?] ブランソードブリュエル[?] [?] : 【禽獣:馬】 【非分類系(ノン=サイクル)】
[語意:おそらく brun 「褐色の」+ saute de 「〜から飛ぶ」+ bruel breuil 「林、茂み、生垣」]
シチリア/アプリア王国のエンブロン王から、やがてパレルモのギヨーム王子に渡った馬の名。 王子は、叔父の手の者に命を狙われたが狼(狼男)に助けられ、海峡を越えてローマに連れられる。 中英語版では、この馬のことは「エボロウン[王]のサウンドブルエル」と書かれている。
Bucephalas Βουκέφᾰλος (Boukefalas) [Gk.] Alexander's black horse. Some say it was literally "bull-headed", and romances add it even had horn-like growths (cf. Al-Iskandar's nickname "two-horned"); but older accounts say it was so named from a "bull's head-shaped mark" on a part of its anatomy. ブセファラス [英式]; ブケパロス (伝カリステネス・橋本隆夫訳)[希] 【禽獣】 【アレキサンダー伝説】
アレクサンドロス大王の黒馬。その名前の意味どおり「牛のような頭」をしていたとする説もあり、 中世ヨーロッパのロマンスでは、牛の角のような突起まであったとする (参: イスカンダルの渾名「二角」ズル・カルナイン)。  しかし、偽カリステネス伝記(A系本・アルメニア本36章)は、「牡牛のかたちをした傷(痣)が太腿にあった」ために名づけられた、としている。
Buraq A creature with an equine body but the head of a human female, ridden by Mahomet on his visit to the Heavens. ブラーク 【禽獣】 【イスラム教】  マホメットが天界への旅のおり、またがって乗った女頭馬身の生き物。
Burko (or Burka Бурка) chestnut horse that belonged to the father of Dobrynya Nikitich and provided for his use in order to rescue Vladimir Bright Sun's favorite niece Zabava from the twelve-headed dragon named Zmei Gorynishche. This name is given in only certain versions of the bylina "Dobrynya and the Dragon". The horse lost strength to go on when dragon pups got jawhold of it, but when Dobrynya lashed it with his mother's Shemakhan whip made of seven silks in a certain way, it was reinvigorated. Dobrynya's original horse (called Voroneyushka "Little Raven" in other versions) went astray in an earlier encounter. (Cf. Burushka) ブルカ Бурка : 【禽獣:馬】 【ロシア民話】 ドブルイニャ・ニキーテッチの父の代からの栗毛の馬で、ウラジーミル太陽公の姪ザバーヴァを十二頭竜の ゴルイニチから奪還するためソロチンスク山に向かうとき、母親に言われて都合されたもの。十五年間、馬糞まみれ に放置されていたのに、洗って世話すると駿馬となった。この馬は仔竜に食いつかれてへこたれそうになるが、 ドブルイニャが母親にもらったシェマハ製の七つのシルクで編んだ馬鞭をふるうと、勢いを取り戻す。 (叙事詩「ドブルイニャ・ニキーチッチと竜」の一部の異本)
 ドブルイニャは以前にこの竜と遭遇したとき乗っていた自分の馬(他本ではヴォロネユシュカ「大鴉っ子」 と呼ばれる)とはぐれてしまっており、この使命のときの乗馬がなくてべそをかいていたのである。
(参:ブルーシカ)
Burushka-Kosmatushka Бурушка-косматушка [Ru.]; "shaggy brown foal" (Hapgood tr., "I.M. and Svyatogor"), "Cloudfall, his shaggy bay steed" (Hapgood tr."I.M. and Nightingale the Robber); var. Borushka Matushka
[Burushko "bay horse" or Kosmatushko "shaggy horse" (James Bailey, Anth. Rus. folk. epics.) regarding Dyuk Stepanovich's horse of the same name.]
Name of the horse of Ilya Muromets in the bylina "Svyatogor". It may just be a description of a shaggy bay horse. Hapgood ascribes the name Cloudfall which may be an embellishment (based on interpreting the hero as thunder god).
ブルーシカ=コスマトゥーシカ Бурушка-косматушка (ブルーシカ=マトゥーシカとも) : 【禽獣:馬】 【ロシア民話】 [ブルーシカは「鹿毛」、コスマトゥーシカは「毛深い」の意。]
イリヤ・ムーロメツの馬。(英雄詩『スヴャトゴル』の一部稿本)。 これに乗っていると、巨人スヴャトゴルの妻に攫われ、人馬ともそのポーチに入れられてしまった。 ハプグッドの英訳では、クラウドフォール(「落雲?」)という名の毛むくじゃらの鹿毛だとされているが、脚色か?
Burushka-Kavurushka Бурушка-Кавурушка [Ru.]; var. Burushka-Kosmatushko.
Horse of Dyuk Stepanovich, title hero of the bylina. While visiting Prince Vladmir, the boasting of his homeland Galich landed him in jail, until Ilya and Dobrynya confirmed his story. Churila Plyonkovich then challenges him to horserace, which was to endure twelve days, and a leap across the Puchai River and back. Dyuk succeeded by Churila fell in water.
Vo slavnomm vo Novi grade ブルーシカ=カヴルーシカ 【禽獣】 【ロシア民話】 叙事詩の題名主人公、デュク・ステパノヴィッチの馬。ブルーシカ=コスマトゥーシカともいわれる。 デュクは、この馬に乗ってキエフのウラジミール公に拝謁するが、饗応の酒や食物をこっそり捨て、 それが自国ガリッチのものにかなわないから、という失礼を言う。一時投獄されるが、イリヤとドブルイニャが 見聞その豪語を確かめて無罪放免になる。不愉快なチュリラ・プリョンコヴィチは、 首をかけて十二日間の競馬勝負を持ちかけるが、最後のプチャイ川越えで、デュクの馬は飛び越え、 チュリラは川にはまる。

— Cc —

English Japanese
Caasa, horse that Khalid awarded (Antar) カアサ[?] 【禽獣:馬】 【アラブ・アンタル物語】
ハリドが賜った馬。
Capalu, Chapalu [OF] [Cath Palug, a monstrous cat in Welsh tradition]
Horse of Godfrey of Bouillon [Godefroi de Bouillon] (Conq. of Jerusalem 6305 etc.)
カパリュ 、シャパリュ、 【禽獣:馬】 【十字軍遠征】
[語源:アーサーの騎士たちが戦った化猫 Cath Palug。オジエが退治した capalus。]
ゴドフロワ・ド・ブイヨンの馬。(『エルサレム征服』) ゴドフロワは、伝説上は白鳥の騎士の孫であり、《九偉人》のひとりに数えられる。
Carnaflawg, Karnaflawc [W.] "Cloven Foot" horse of Owain ab Urien (≈ Owain, the Knight of the Fountain in the Mabinogion). カルナヴラウグ 【禽獣:馬】 【ウェールズ三題詩】
「蹄割れ」号。ウリエンの息子オウェインの馬。(泉の貴婦人の元亭主[ウェールズ三題詩では「黒騎士」だと伝わる]を倒し「泉の騎士」の後釜となったオウェインのモデルとなった6世紀の人物)
@Carados's beastly brethren;
Carados of the withered arm was so-called because a sorcerer caused a serpent to clasp and wind around his arm. The sorcerer Eliavret was his true father (for he had substituted King Caradeus' bride Ysave with three beasts he turned into the guise of woman), but when Cardos discovered this, he angrily forced the sorcerer to lay with the beasts of the same kind, and there were produced a mastiff named Guinalot, a boar name Tortain, a colt named Lorigal. (corrected), these offspring being Carados's half-brothers.
カラドス(キャラドス)の獣の兄弟たち:【人物】【ケルト伝説:ウェールズ】 【アーサー伝説】
 ブルフィンチによる「衰えた腕の」カラドス(≈腕萎のカラドク)の物語の要約には重大な欠落がある。 カラドスの綽名の元凶、彼に腕に蛇を巻きつけて萎縮させた張本人、魔術師エリアヴレは、そのじつカラドスの実父であった。 実の親と思っていたカラデウス王(あるいは一代目カラドス王)は、結婚の直後、后ではなく 替玉(女に化けた獣)を掴まされていたのである。カラドスはその事実を聞かされ、さらに魔術師がいまだ 母と通じていると知ると、意趣返しとして、魔術師に同じ種の三匹の雌の獣と同衾することを強いた。 その後産まれたマスチフ犬のグワナロ、猪のトルタン、仔馬ロリガルはカラドスの兄弟である。また、不貞を働いたことが知れたカラドスの母親は、幽閉させられてしまうが、気位の高い彼女はその辱めをそそぐため魔術師に報復を望んだので、蛇の呪術が息子にふりかかったのだ。
Catherine The great ship Edward III was aboard when in 1345 he led fleet into Sluice, Flanders. (Froissart, Ch. 114) キャサリン号; カテリーヌ号 [仏読み] 【船】 【イギリス史】
エドワード三世の巨艦で、1345年、艦隊をひきいてフランドルのスロイス[フランス語名エクリューズ]に 入港したときの乗船。ここでフランドルの実力者ヤコブ・ヴァン・アルテヴェルデと会ったが、後者に 悪い噂が立ち、暴徒に殺されてしまう。(フロワッサールの年代記114章)
Chestnut Long-Neck (Long-Necked Bay), English translated name (by Bromwich) of Gwineu Gwdwc Hir [W.], horse of Cei (≈ Kay the seneschal) according to the Welsh Triads of Horses. グウィナイ・グゥドゥク・ヒール 【禽獣:馬】 【ウェールズ三題詩】
カイ(≒ケイ卿)の馬。ゲスト夫人は「鹿毛頸長ロング=ネックド・ベイ〕」号と 註釈するが、近年のブロムウィッチ訳では「栗毛頸長チェスナッツ・ロング=ネック〕」。
Chantecler [F.]; Scantecler [MHG]
Rooster that the fox Reynard tricks by flattery. His hen is Pinte. In Chaucer's retelling it had a beak jet-black and its plumage was the color of "burned gold".
シャントクレール 【禽獣:鶏】 【仏ロマンス】【ファブリオー】
雄鶏。狐ルナールにおだてられ騙される。妻はパントという雌鶏。 チョーサー再話によれば、くちばしは黒玉炭〔ジェット〕のように黒く [西脇訳「ぬば玉のように」]、毛色は「いぶし金」の色。
Clinevent , horse of Gui d'Alemagne, conquered by Guillaume d'Orange (CL 2618). In a variant (ms. C), Gui's horse was called Prinsaut "black as death with four white feet" (v.2483), and Gui' sword was the work of "Magnificant". (+) (See Baucent) クリヌヴァン 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
もとはアルマーニュのギーの馬;これと対決したオランジュ公ギヨームが 戦利品とし、アリオンに乗りながらこの馬も牽いて連れ帰った。 (『ルイの戴冠』2618行)。異本Cでは馬名はプランソーという名の 「死の様に黒く四白の足をした」馬(2483行)とされており、ギーの剣も「マグニフィカン」 の作の剣と言うことだ。(+) (参:ボーサン)
Cobeitos [Pr./Occit.]
["covetous"]
A dappled-gray (liar) horse of Ascelines li Fris [Ascelin of Friesland], one of the captains under Maurin (who rode Fortun (q.v.)).
コベイトス [オック語] 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[ 語意:「渇望的、羨ましがりや(な)」(Raynouard 辞書)]
フリースランドのアスツェリネ[ス][仏:アシェラン](マウリンの軍属)の馬。 毛並は「リアル」(灰色か連銭葦毛)。 (参:⇒フォルトゥン)
Coppeld [ME], The prized brood-hen brought out of Kent, owned by Randolfe the reeve (bailiff) of Tottenham; it, the dunnyd (dun, brown) cow, and the hand of Randolfe's daughter Tyb (or Tybbe)'s hand in marriage being the prize of the townsman victorious at the mock-tournament. コッペルド[?] 【禽獣:鳥】 【英国ロマンス】
トットナム(トッテナム)の地方官ランドルフの持つ繁殖用の(?)雌鶏で、ケントから取り寄せたもの。 これと赤牛と娘ティブ(?)との婚約権が、住民が参加する模擬の馬上槍試合の勝者への賞品であった。 (『トットナムの馬上槍試合』)
Corengne [< Cornouaille(?)]
Charlemagne's horse which he rode against the title villain of Aquin, a pagan king (or viking) based in Britanny. Charles caputred it from the lord of Cordes (Cordoba).
コランニュ[?] 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
[語意:ブルターニュの「コルヌワイユ地方」に由来か?]
武勲詩『アカン』の題名悪役、ブルターニュの異教王(ヴィキング)とわたりあうシャルルマーニュが乗った馬。 シャルルがコルデス(コルドバ)の君主からせしめた。

— Dd —

English Japanese
Dabilla A little hound belonging to Boann [Boand, Boind], wife of Nechtan son of Nuada; it gave rise to the names of Dabilla's Hill (Bodeleian Dinsenchas); it was dashed between two rocks (Rockabill rocks) on the east coast of the [Plain of] Brega (q.v.). ダヴィラ 【禽獣:犬】【アイルランド:神話伝説群】 ボアンの小型犬で、ブルグ・ナ・ボアンのダヴィラの丘はそこから名づけられたという。 (レンヌ本『地誌〔ディンシェンハス〕』#4「ブルグ・ナ・ボアンの名所」) ボアンは、ヌアダの子ネフタンの妻であるが、魔法の井戸の禁をおかしたために、 その井戸水が湧き上がり彼女を溺れさせボアン川ができたという説が有名。 また、別の地誌(《バリモートの書》190葉-)によれば、ボアンの愛玩犬が、 ブレガ[の原](⇒参照)の東岸の二岩(ロッカビルの岩)のあいだに叩きつけられて死んだという。
Dahis, Dahir Dāḥis, ‏داحس‎ [Arabic]
One of a pair of horses whose race competition gave cause to tribal war in the Romance of Antar. (The other horse being Ghabra).
The colt was sired by Ocab, owned by Jahir, upon a mare named Helweh belonging to Kerim. Jahir laid claim and seized the colt then born, but Kerim forfeited the colt and mare so that the mother and colt should not be separated, which shamed Jahir into returning the colt.
ダヒス[?] 【禽獣:馬】 【アラブ・アンタル物語】
部族紛争の発端となった競馬の出場馬で、対抗馬はガブラ。
有名な血統の純血馬で、父馬はオカブ、母馬はヘルウェと言い、ともぶ稲妻より速いとアラブ人に もてはやされていた。父馬オカブの持主はジャヒルと言ったが、その娘が馬を放牧に出したとき、 他人の馬と番った。ジャヒルは生まれた仔馬の所有権を主張して奪ったが、相手の持主ケリムは、 母子を引き裂くのは可愛そうなので、母馬ともに進呈すると言い出した。己を恥じたジャヒルは、 仔馬を返還することにした。
« Dil, ox[en] of » Book of Invasions states that two oxen of Dil belonged to Brigid(Brigit) named Fea and Femen, though it is unclear who or what Dil is (it may refer to the Deluge). The Dindsenchas record Brega as the ox of Dil, and here Dil is a name of a maiden. The Brown Bull of Cooley is said to be the greatest ox of Dil ("The Battle of Findchorad") 《ディルの牡牛》 【禽獣:牛】【アイルランド:神話伝説群】 『侵寇の書』では、ブリギッドの牛フェアとフェヴェンが二頭のディルの牡牛とされるが、 ここでは「ディル」の意味は不明で、あるいは(フィンタンが生き抜いたという)大洪水の意かもしれない。 『地誌』によれば、ディレという女性で、ディレの牡牛はブレガという名である。 また、クアランゲの赤牛が「最大なるディレの牡牛だった」という記述もある(「フィンフォラズの戦い」)。
Dóelchú
The black hound of Celtchar. It grew to be a pest; Celtchar used his spear Lúin to kill it; he died himself from touching the dog's blood. This hound, the hound of Mac Da Thó (named Ailbe), and the hound of Culann the smith were were all three found together as whelps.
ドイルクー 【禽獣:犬】【アイルランド:ウルスター伝説群】
ケルトハルの黒犬。夜な夜な家畜などを襲う厄介な犬に育ったため、コンホバル王の命で、 ケルトハルはその槍ルーンを使って犬を処分したが、槍からしたたる犬の血に触れてケルトハルは死んだ。
 この犬と、マク・ダトーの犬アルベ(アルヴェ)、それと鍛冶師クランの犬 (クーフーリンが殺した番犬)は、時同じくして拾われた三匹。
Dubglas
Horse of Maelodrán mac Dimme Chróin. See his spear Carr Belaig Durgin.
黒鼠色ドゥヴグラス 【禽獣:馬】【アイルランド:王族伝説群】
魔槍カール・ベラグ・ドゥルギン の持主、ディマ・クローンの子マイロドランの馬。
Dun Mouse luch donn
A pesty dog that Celtchar exterminated. See his spear →Luin, his dog Dóelchú
赤鼠ルフ・ドン〕(英名ダン・マウス) 【禽獣:犬】【アイルランド:ウルスター伝説群】
ケルトハルが退治した害犬。参照:ケルトハルの槍→ルーン、飼い犬→ドイルフー(ドイルクー)
Duraforte (Morgante, XXVIII, 64) [It.].
Duraforte (Morgante, XXVIII, 64) [It.]
Horse of Uggieri il Danese; equivalent of Broiefort, the horse of Ogier le Danois.
ドゥラフォルテ 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
ウッジエリ・イル・ダネーセの馬。 デーン人オジエの馬ブロワフォールのこと。

— Ee —

English Japanese
Eliazar [Pr./Occit.]
brown horse of Renelme[s], one of the captains under Maurin (who rode Fortun (q.v.)).
エリアザール [オック語] 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
レネルメ[ス](マウリンの軍属)の茶色い馬。(参:⇒フォルトゥン)

— Ff —

English Japanese
Failinis [Ir., E.]; Failinis (Oideadh Chloinn Tuireann O'Curry ed.; Ossianic ballad, Lismore 153b copy, ZCP III, p.433), var. Ṡalinnis "Salinnis" [G. tr.](ballad, LL copy, Stern ed. in Festschrift Wh. Stokes, p.7-12)
Name of the whelp of the King of Ioruaidhe (≅ Iceland), one of the eirics demanded by Lugh from the Children of Tuireann. [* The Book of Invasions, says an unnamed whelp of the royal smith of Ioruath was demanded of the sons of Tuirill Biccreo.] The dog Failinis (or Shalinnis) once owned by Lugh "of the mantles" was also allegedly the wine-generating wonderdog brought by the threesome from Ioruaidhe, whom the Fianna encountered, according to an old Ossianic ballad. [* But the dog of this threesome is known as Fer Mac in the Colloquy of the Elders.]
ファリニシュ 【禽獣:犬】【アイルランド:神話伝説群】
長腕のルーの仔犬。『トゥレンの子ら最後』の近世版によれば、ルーより求められた賠償のひとつで、 かつてはイルアーズ(≒アイスランド)の王の持ち物。トゥレンの子らは、探求物を得るためには容赦なく持主を 殺しているが、この王は魔法の七豚を拒まず譲ってくれたアッサルの婿だったので、殺さずに捕え、 結局了解の上で犬を譲り受けた。 [*『ただし侵寇の書』によれば、トゥリル・ビグレ[オ]の子らが要求されたのは、イルアーズ王家直参の 鍛冶師の名も無き犬である。]
 また、時代が変わり、フィンの一団が遭遇した、イルアーズから来た三人組がもってきた、水をワインに変えることができる 不思議の犬も、じつはマントのルーの犬ファリニシュ(異本ハリニシュ)だったとする古謡もある。
(「彼らは三人組として来たり Dám Thrír Táncatair Ille」で始まる伝オシアンのバラード)。
ただし、『古老たちの語らい』では、イルーアズ三戦士の不思議の犬はフェル・マックという名で登場する。
Faradin [bestiary:horse][charlemagne]
horse of Bérart de Montdidier (Gaufrei 190).
ファラダン 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ベラール・ド・モンディディエの馬。(武勲詩『ゴフレ』)
Fawnell,
horse from Friesland, ridden by Sir Florent (of France).
フォーネル(フォーンエル) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
[< faune "小鹿" の指小形?]
フランスのフロレント卿がのるフリースランド(フリジア)の産駒。 『頭韻体アーサーの死』2765行。
Faxi [E., ON] [ON "mane"]
A gray, black-maned horse in the stable of Ingjald, foster-father of Arrow-Odd (Örvar-Oddr); the witch prophesied that Odd would live a long life of 300 years but Faxi's skull would be the death of him.
ファクシ 【禽獣:馬】 【北欧伝説】 ["たてがみ"]
矢のオッド(エルヴァル・オッド)の養父インギャルドの厩舎に飼われる、 黒いたてがみの鼠毛の馬。魔女の予言は、オッドは300年の長寿をまっとうするが、 ファクシの頭蓋がその死となろうというものだった。
Fea and Femen (Fe and Men) Two oxen of Dil belonging to Brigid(Brigit), daughter of The Dagda of the Tuatha Dé Dannan, accordding to Book of Invasions ¶ 317. But Dindsenchas record Dil as the owner of an oxen named Brega. フェアフェヴェン × (フェメン) 【禽獣:牛】【アイルランド:神話伝説群】
トゥアハ・デ・ダナーンの神、ダグダの娘ブリギッズ(ブリギッド)の所有する二頭のディルの牡牛。 (『侵寇の書』317章)。ここでは「ディル」の意味は不明で、あるいは大洪水の意かもしれないが、 『地誌』では、ディレという女性が持つ牡牛の名はブレガだとされる。
Fearglonn Domhnall's hound pup, which he envisioned in a dream to be amassing a pack from countries and battling him seven days. His brother Maelcoba said it presaged revolt by a fosterling Congal Claen "One-Eyed" of Ulster. ファルグロン[?]) 【禽獣:犬】【アイルランド:王族伝説群】
上王ドナルの仔猟犬。王がみた夢のなかで、この犬は他国の犬を率い、王と七日間、合戦した。王弟 マエルコヴァ[?]は、養子としてアルスターから人質にとられている王子コンガル・クラエン(「独眼の」〜)が 謀反するというお告げだと解釈した。
Fer Mac [E.]; fhermaic, ḟermeic (Acallamh) [OIr.];
According to Acallamh na Senorach, the wonder-dog owned by three warriors of Iruaith (Norway), who lived at the Little Fort of Wonders amongst the Fiana. An Ossianic ballad alleges however, that the dog was named Failinis/Shalinis and was owned by "Lugh of the Mantles".
フェル・マック(フェルヴァック) 【禽獣:犬】【アイルランド:フィアナ伝説群・神話伝説群】
イルーアズ(≒ノルウェー)の三戦士が飼っている不思議の犬の名。 『古老たちの語らい』によれば、世界のあらゆる色をあわせもつ多彩色の大型犬だが、小型犬にも変身し、 大量の金銀を吐きだしたり、フィンのもつ312の角杯を(酒で)満たしたりでき、魔法の風を呼び起こして 覗き見した者をあとかたもなく始末する。
ただし「彼らは三人の団として来たり Dám Thrír Táncatair Ille」の一句にに始まる 伝オシアンのバラードによれば、犬はファリニシュ(異本ハリニシュ)(訂正)と呼ばれ、 かつて「マントのルー」の所有した犬だとされている。[* 「マントのルー」というのは、 「エスリンの子ルー」を誤記したものと考察されている。]
ferrant; ferrant [OF] iron-gray horse. 鼠毛フェラン : 【禽獣:馬】 【--】 「鈍鉄にびてつ〕色」「鼠毛ねずげ〕」の毛並みの馬。(*だが、『ゴドフロワ辞典』によれば、もはやグレー系の毛色という意味合いが薄れ、単に良質の軍馬の意味としても用いられる。用例:「白いフェラン」等。)
Ferrant (of Clairon), horse of Clairon(or Claires), slayer of Agolant and the nephew of Girart d'Euphrate. フェラン (クレールの馬) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
異教徒王アゴランの首級をあげた騎士クレール(ジラール・ドゥーフラトの甥)の馬。
Ferrant (of Ydelon), horse of French knight Ydelon. フェラン (イドロンの馬) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
フランスの騎士イドロンの馬。
Ferrant d'Espagne, In the verse and prose Fierabras, the horse of Oliver.
(Cf. Pennepie, Marchepin.)
フェラン・デスパーニュ Ferrant d'Espaigne 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
武勲詩および散文体『フィエラブラ(ス)』でオリヴィエの馬。
(参:ペネピー、マルシュパン)
Ferrant (of Wilhelm) (Ogier von Dänmark)
Wilhelm "Firenbrae" von Narbonne's horse; slays Margaris when its master is unhorsed and is in trouble.
フェラント(ウィルヘルムの) 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
剛腕のウィルヘルム・フォン・ナルボンヌ(ギヨーム・ドランジュ)の馬。 主人が落馬されて危機におちいると、敵のマルガリスを殺した。 (ドイツ詩『オギエル・フォン・デーヌマルク』)
Ferroen (Ogier von Dänmark)
horse of Gautier who is mortally wounded in single combats with Karl before he has chance to say he is Bovoen's son.
フェロエン 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
ガウティエル(=ゴーチエ)の馬。カルルはこの戦士と一騎打ちして討ちとるが、 それがボヴォエン王の息子で、自分の名づけ子だと知り嘆き悲しむ。 (ドイツ詩『オギエル・フォン・デーヌマルク』)
Fintan The one-eyed salmon of knowledge, also conceived of as the salmon shape taken on by Fintan mac Bochra, the sole survivor of the great flood. In "The Colloquy between Fintan and the Hawk of Achill," the hawk recounts to him about witnessing the Culglas of Conall the Victorious, i.e. his spear (or sword?). フィンタン 【禽獣:魚】 【アイルランド】
隻眼の知恵の鮭の名だが、大洪水の唯一の生き残りで悠久の歳月を生きるフィンタン・マク・ボフラがなりすました 姿とも言われる。古詩『フィンタンとアキルの鷹との対話』によれば、フィンタンが鮭の姿でいたとき、その片目を獲って 喰らったのが、このアキル島の鷹だとされる。この鷹もフィンタンと同じく長寿で、ヌアザの腕を喰らったとも、 アルスターの戦士、勝利のコナルのクルグラス(槍または剣?)の殺戮を目にしたとも述懐する。
Flori (1) of Ogier Arab destrier (v.3650) that Ogier rode (Girart de Vienne v.3610), but Oliver unhorsed him and gave it to young Poinçonet. フロリ (1)(デーン人オジエの) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】[「白い」の意。]
官軍のオジエが乗っていたアラビアンの軍馬だが、賊ジラール軍のオリヴィエに落馬されて奪われ、 若輩のポワンソン[ポワンソネット]に与えられた(『ヴィエンヌのジラール』3610行)。
Flori (2) of Otuel (p.38, v.1093), Flore (Kms VI, ch. 24) horse that Otinel is seen riding earlier in the chanson. Later on, Otinel rides Migrados against Roland riding Blanchard. フロリ (2)(オティネルの) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】[「白い」の意。]
武勲詩の題名主人公である異教徒のオティネルが序盤で乗っている良馬の名。 のちオティネルは、ミグラドスに乗り、ブランシャールに乗ったロランと手合わせする。
Flori (3) of Fergus of Galloway The horse meaning "white" which Fergus of Galloway rode when he tourneyed against Sir Kay (who rode Morial "black") フロリ (3) (フェルギュスの馬) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】 フェルギュス・ド・ガルヴォワ[英風にいえばギャロウェイのファーガス]こと「美しき盾の騎士」が 乗っていた「白」を意味する馬。対する「黒」の馬モリアルに 乗ったケイ卿は、もんどりうって川に突き落とされた。
Folatil [bestiary:horse][charlemagne]
The horse of Aerofle, Tiebaut's uncle, who carries a fathom-long sword (French unit: toise). It can carry two fully armed men a day at full speed and not break a sweat. During the battle of Aliscans, Guillaume d'Orange slays Aerofle, and captures the horse, setting Baucent loose, but the latter horse is killed in the fray.
フォラティル 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
異教徒エロフルの馬。ティボー提督のおじにしてドラメの兄弟であるエロフルは、 1トワーズ(=6尺)もの剣を、斜帯にかけていた。 馬は、甲冑を具した武辺者ふたりを乗せて、一日中、全速力で駆けてもへっちゃらだった。 (1172-6行) アリスカンの戦いのさい、ギヨームはエロフルを斃してこの馬にまたがったが、そのとき解き放ったボーサン号は、 異教徒勢に殺されてしまった。
födur-naut "Father-Gift" (Ambales XXIX.29) [Icel.]; Ship captained by Ambales, used during his service to the Scythian king, but not navy-issued, but rather his very own dragon-ship (dreki) he said he brought out of his homeland Cimbria. フェドゥルナウト「父の遺産」 【船】 【アイスランド・サガ】
アンバレスの船。スキタイ国が大軍を派遣し、ギリシア帝国を包囲するサラセン軍を討つことになったとき、アムバレスもこの竜船の艦長として出航した。  のちに故国の奪還をとげようと発ったとき、アムバレスは、たった一隻、向こう[祖国キムブリア]から持ってきた私の竜船〔ドレキ〕に乗っていきますというが、 この船がフェドゥルナウト「父の遺産」と同一であることはまず間違いない。
Fortun [possibly < fortun "lot, destiny" (Honnorat's dict.) [Pr./Occit.]] Horse of Count Maurin, at war with his liege lord, King Aigar (Edgar) of England. Maurin's captains had these horses: Liron (Sicar[s]'s), Eliasar (Renelme's), Cobeitos (Asceline[s]'s), Alferrant d'Oltremar (Folque/Folcon's), Roïn de Bar (Draugue's). Maurin's son had Abstruget/Austreget. Another horse Velavent is of uncertain ownershop. The king's son rode Montel. フォルトゥン 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[fortun「運命,天機」(Honnorat辞典)[オック語]]
主人公マウリン伯爵の馬。伯爵は、君主である英国のアイガル王と諍いをおこすが、 マウリンの軍にはほかにも:リロン(シカール意見番の馬)、 エリアザール(レネルメの馬)、コベイトス(アスツェリネ[仏:アスセラン]の馬)、 アルフェラント・ドルトルマール(フォルクエ/フォルコンの馬)、 ロイーン・デ・バール(ドラウグエの馬)があった。 (ただし、最後の二頭は馬名ではなく馬種(毛色)とも考えられる)。 アブストルジェト(アウストレジェト)はマウリン伯の息子の馬。 ヴェラヴェントは持主不確定の馬である。王の息子の馬はモンテルだった。
Frontino (Orlando cycle) The name given by Rogero [Ruggiero] to his horse, provided by the thief Brunella alongside the magic sword Balisard[a], as incentive to join Agramant in the war against the French. As detailed in OI it was bay horse with a white blaze on its brow bred in Granada, and had belonged to Sacripant[e], king of Circassia, who had callled the horse Frontalatte ("milky forehead") ["Frontalact" in Waldman tr.]
The thief's primary mission was to steal Angelica's ring to uncover the magically sequestered whereabouts of Rogero. But while at Albracca (Angelica's refuge in or near her native Cathay), he also stole Sacripante's steed and the warrior-queen Marfisa's broken-tipped sword.
  The thief fled on the horse, pursued by Marfisa on foot. Brandimarte encountered her only to be dispossessed of his horse and weapon by her, but went on to discover the sword Tranchera and gain the horse Batoldo.
  In OF, Rodomont[e] wrested it (26.55, etc.) but was restored to Rogero by future wife Bradamant[e] (35.61); but the horse and sword was abandoned in a shipwreck, so that Orlando's party assigned it to Brandimart[e] (41.79) who perished fighting Gradasso; later it is once again ridden by Ruggiero (44.77).
(Cf. Rogero also rides the Hippogryph)
フロンティ−ノ 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説:オルランド】 ロジェロ [ルッジィエロ]の馬。『恋するオルランド』によれば、 ロジェロが自分の持駒となった馬につけた名で (アグラマン[テ]王の対フランス戦に加担することを条件に) 盗人ブルネ[ッ]ロから、魔剣バリサルダとともに提供された。
[ブルフィンチ再話(市場訳 p.86)では、アグラマン[テ]王より贈られた馬と剣だとあるが、 これは端折りである。]
 馬は額に白い斑があるグラナダの産駒で、もとの所持者チェルケス国王サクリパン[テ]には、 フロンタラッテ(「乳白色の額」)(II 5.39-『狂える』 27.71 )と呼ばれていた。
 ブルネッロの主使命はアンジェリカの指輪の窃盗(ロジェロを隠れ家をあぶりだすのに必要) だったが、アルブラッカ城を守護するサクリパンテの馬もついでに掠めた。 このとき武勇の女王マルフィサの切っ先の欠けた剣も持ち去っている。
 かたやこの馬にまたがるサクリパンテと、かたや魔法の鎧に身をかためた マルフィサは、一騎打ちで力が伯仲し決着がつきそうになかった。
 ちなみに、この馬で逃げる盗人を徒歩で追う女王に馬と武器を横取りされた ブラダマンテは、名剣トランケラバトルドという馬とを入手する。
 『狂えるオルランド』では、馬はのちにロドモンテ(26.55)に奪い取られ、 ブラダマンテによって奪還され将来の夫ロジェロに戻されるが(35.61)、 船が難破し馬と魔剣はオルランド一行が見つけ、ブランディマルテに配分されたが (41.79) まもなくグラダッソ相手に戦死。いつのまにかロジェロの手元に戻っている (44.77)。
(参:ロジェーロはヒッポグリフにも乗っている)
«Ful, red horse of»)
[horse][charlemagne]
In Karlamagnus saga, horse of Ful (= Forré (de Nobles))
《フル王の赤馬》 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
『カルル大王のサガ』でフル王(=フォレ・ド・ノーブル[ス])の馬。

— Gg —

English Japanese
Gabra, Al-Ghabraالشبرا‎ [Arabic] [Arabic]
See Dahis.
ガブラ 【禽獣:馬】 【アラブ・アンタル物語】
アンタル物語の競馬でダヒスの対抗馬。
Gaine/Gainne & Rea Gainne [1)gainne "scarcity, stinginess, hardness(?)" gáinne "dart, a javelin" (DIL). pronunciation: OI prob. gaw-né mod. Ir. rhyming with Gráinne graun-ya (Heaney). 2) ré, rea"span of time or space (cf. DIL)"]
Two horses of the king of sicily, demanded by Lug from the brothers of Tuireann, along with the spear →Gae Assail (in the Lebor Gabhala version). Immune to wound, waves, lightning and not subject to the death of Ernmas. .
ガーネとレー(意味と発音 12.01.02) [1)gainne 「欠乏、吝嗇、堅(?)」" か gáinne 「投槍」 pronunciation: 古式は gaw-né 近代だと人名グラーニアと脚韻する発音。 2)ré, rea 「時間や距離の経過」] 【禽獣:馬】【アイルランド:神話伝説群】
シチリアの王が所有する二頭の馬で、ルーがトゥレンの息子たちに要求した賠償の品目のうちの一目。 怪我、波、落雷に害されず、エルンワス(女神)の死とも無縁と歌われる。 →《アッサルの槍》も賠償。 (『侵寇の書』の古い記述)
Gardivias Gardevias "Guard the Way"
The parti-colored dog attached to the leash brackenseil quested by Tschinotulander, by request of his love Sigune.
ガルディフィアス 【禽獣:犬】【アーサー伝説群】
["garde vias" =「道を守る」]
チノトゥランデル(シーアーナトゥランダー)が愛人ジグーネの願いで探求する 《猟犬の首紐ブラッケンザイル〕》につながれた猟犬(ブラッケ種の犬)。 1)旧『ティトゥレル』:片側が赤く、反対側が貂(テン)のように白と黒であった。 2)『新ティトゥレル』: 額にテンのような白斑をもち、耳は長く、赤茶色の毛色をし、完璧な体格で、頭部は幅広かった。
Garm
Dog kept by Farme Giles of Ham (J.R.R. Tolkien tale). Also, the farmer's favorite cow Galathea was squashed underfoot by the giant.
ガルム 【禽獣:犬】【英国素材?】【近代ファンタジー】
農夫ジャイルズの飼い犬。人語で会話ができ、お調子者。 農夫の家畜には、お気に入りの牝牛ガラシアもいたが、巨人によって アブラムシのようにぺしゃんこに踏み潰されてしまった。
Giuriando Last of Tristano's five horses (q.v.), in Tavola Ritonda; a sagginato or "sorghum" horse, given to him by Inamante della Valle Bruna. [ * sagginato variously defined as being the color of saggina="sorghum, millet" ; or being synonymous with roano "roan"] ジュリアンド 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』で、<トリスターノの5頭の馬>(⇒参)のうちの5頭目。 黍色(蜀黍色)の馬で、イナマンテ・デッラ・ヴァッレ・ブルーナすなわち <褐色が谷のイナマンテ卿>の贈物。
[ * この馬毛色<サッジナート>については、<サッジーナ>つまり蜀黍〔もろこし〕か 黍色〔きびいろ〕色ともいわれるし、<ロアノ>(白い差毛が入った混色)と同義とも解説される。 。 ]
Glas Ghaibhleann A green-spotted white cow of plenty, Cian went to retrieved the cow which Balor had taken, and consequently sired Lugh. グラス・ガヴレン(?) 【禽獣:牛】【アイルランド:神話伝説群】
マク・ダトー(マク・ダ・ゾ)の犬(「白」の意?)。コノートとウルスターの王がそれぞれ飼う 緑斑のある白毛の豊穣の牝牛。無尽の乳を出す。これを盗んだバロルのところへキアンが奪還にいき、その娘と通じてのちにルーとなる子を孕ませた。。
Goti [E., ON] [ON "Goth"]
Gunnar's cowardly horse which refuses to challenge Brynhild's wall of fire (cf. →Grani)
ゴティ 【禽獣:馬】 【北欧伝説】 ["ゴート人"]
グンナルの意気地なしの馬。ブリュンヒルトの火の壁の前ですくんで棒立ちになってしまった。(参: グラニ)
Graaben [Dan.]; Grayshank (Borrow tr.), Grayleg (Prior tr.);
Horse which Swain Felding borrowed from the king of Denmark to fight Peder, the champion of Queen Judte, the king's new bride from Germany .(DgF 32)
グローベン 「鼠色脛(ねずいろずね)」「灰色脚」: [デン] 【禽獣:馬】 【北欧伝説】
フェルディング青年が、主人デンマーク国王から借り受けた、鷲のような「あられ」斑をした馬で、 青年とは犬猿の仲の、ドイツからむかえた新しい王妃が立てた代表者ペーザー卿とは、これにまたがり一騎打ちして 討ち果たした。「フェルディング青年とユーデ王妃」
Grani [E., ON] Gram [Faro.] Grim [Dan.]

Sigurd's fearless gray horse1 (chosen from the horses of King Alf, his step-father), having the bloodline of Odin's steed Sleipnir. (cf. →Goti)
グラ二 [古ノルド] グラム [フェロー語] グリム [デン] 【禽獣:馬】 【北欧伝説】
["灰色(の毛並)"]
シグルド(シグルズ)が乗る鼠毛で、オーディン神の馬スレイプニルの血をひき、ブリュンヒルトの火の壁も怖れずにくぐる名馬。(参:→ゴティ)。
Gressel (Ms. P [olim Ir.]) var. Grissel (Ms. D) [ME] [etymology: "gray" (Shepherd, Middle Eng. Rom.) or "a light Rount or light Flesh colour" Dictionarium rusticum (1726)](+)
Gawain's horse in Anturs of Arthur [aka The Awntyres off Arthure at the Terne Wathelyne l.546), ridden in combat against Galrun (var. Galaron Ms. D) who was making grievance for confiscated land. The horse got decapitated and Gawain replaced his mount with a fresh Frisian horse.
[* etymological note: the usage "grysselle and graye" (in Prophecies of Thomas of Erceldoune, Murray ed. v. 382) suggests grissel must be a distinguished from gray.]
グレッセル(?) (P本=旧Ir本[Princeton大学。旧Ireland-Blackburn大佐所蔵]) 、グリッセル(?)(D本=Douce 324 写本) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
[語源:「灰色(グレー)」の意 (Shepherd 読本)。 「淡いラウント色、または淡い肌色」(1726年の『田舎辞典〔ディクティオナリウム・ルスティクム〕』)]
ガウェイン卿の馬名。 『アーサーのターン・ワザリング冒険』のみに登場(545,6行)。 題名の「ワザリングの池」の周辺の森で狩猟をおこない、近くの館で食事をとっていた アーサー王の一行のもとに、騎士ガルルン(D本 ガルロン 416行)が参上し、領地没収を不服と訴える。 ガウェイン卿が一騎打ちで対峙するが、このグレッセルという名の馬の首をガルルンに斬られてしまう。 ガウェインは、フリジア産駒を換え馬とし、肉薄した戦いを最後には制する。 ガウェインは、馬の喪失を残念がるものの、「べつにマンティコア(人頭獅子身の珍獣)ではない、 代えはあるのだから、そうめそめそしてもいられない」という台詞をはいている。
[* 語源の註:十四世紀頃に"grysselle and graye" (『トマス・オブ・アースルドゥーンの預言』第382行) という用例があり、よって「グリッセル」と「グレー」 は馬の毛並みとしては別種と考えられる。]
Gringolet horse of Sir Gawain. グリンゴレット 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
ガウェイン卿の馬。
Guilodien A horse ridden by Sir Gawain. It had a vair coat ("dappled coat", accord. to Nigel). (Perc. Cont. 1) ギロディエン(ギロディアン) : 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
ガウェイン卿が乗った馬。銀栗鼠〔ヴェール〕の毛並みをもつ。(ペルスヴァル第一続篇)
Guingelot [ME], Wingelock (Vigf.&Powell, CPB I, 162) [reconstucted OE] "Wade's boat" (mentioned by Chaucer in the "Merchant's Tale") was so named according to the annotator Speght (Works of Chaucer, 1598). グインゲロト 【乗物:船】 【英国ロマンス】
チョーサー作『カンタベリー物語』「貿易商人の語」で「相手を騙す手くだ(?)」の意味に用いられる ウァーデの舟(桝井迪夫訳 p.181)[=『ワダの舟』という魔法舟(西脇順三郎訳)p.357]だが、 1598年刊行のチョーサー作品集においてスペイトは、その船号は「グインゲロト号」であったとする。 当時はウァーデの冒険についての長編物語が存在していたが、現在では逸失し内容は不明。
ウァーデとは、あるいは鍛冶師ウェランドの父か、『グートルーン』に登場する側近の名で、 ラテン語の著書『廷臣閑話』では「ガドー」と記される。
Gulistardo First of Tristano's five horses (q.v.), in La Tavola Ritonda; it was a bay that Bellices, the daughter of the king Fieramonte (of Gaule/France) entrusted to a squire to deliver to Tristano, after which she ended her own life. グリスタルド 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』で、<トリスターノの5頭の馬>(⇒参)のうちの1頭目。 鹿毛で、ガウレ(フランス)のフィエラモンテ王の王女ベッリチェスが、報われぬ恋の相手トリスターノに 届けるようにと騎士見習いに託したもの。直後、姫は地面につきたてた父王の剣に覆いかぶさって 自刃して果てた。使者は、姫からことづかった一通の手紙と馬と猟犬を携えてコーンウォルまで旅して 進物をとどけ、トリスターノ(当時十五歳)は泣き悲みながら、馬にまたがってみせる(XVI章 pp. 62-63) 。
Gulrang rose-red charger of Faridun. バラ色の馬グルラング〕》 【禽獣:馬】 【ペルシア:王書】 フェリドゥーンが、蛇王ザッハークを退治したときの乗馬。
Gwineu Gwdwc Hir, [W.] "the long-necked bay" (Lady Guest) "Chestnut Long-Neck" (Bromwich). The horse of Cei (≈ Kay the seneschal) according to the Welsh Triads of Horses. グウィナイ・グゥドゥク・ヒール 【禽獣:馬】 【ウェールズ三題詩】
カイ(≒ケイ卿)の馬。「鹿毛頸長」号 (ゲスト夫人の註による)、あるいは「栗毛長首」号(ブロムウィッチ訳「三題詩」による)。ブリテン島の活気ある三頭の馬に数えられる。(《ヘルゲストの赤本》の三題詩トライアド〕)

— Hh —

EnglishJapanese
Hrimfaxi "Frosty-Mane" [E]; Hrímfaxi [ON] The horse riden by Night (Nótt). Night's son Day (Dag) rode Skinfaxi "Sheen-Mane" or "Shiny-Mane". フリームファクシ 【禽獣:馬】 【北欧伝説】
[定説では"霜のたてがみ"。ただし"煤のたてがみ"ともとれる。参:セーフリームニル]
ノート(北欧の「夜」の女神格化)の馬。毎朝、そのハミからの滴りが、大地を露で湿らす。 「夜」には息子ダグ(「昼」)がおり、その馬はスキンファクシ。(『ギュルヴィ幻惑』10章)

— Ii —

EnglishJapanese
Ischiera-Fiacca [etymology: "eschelon-noise"[?]; or emended form "Ischiera-passa", cog. Fr. Esclairpasse, Passeclair (Rajna)]
horse of Grifone, given to him by the White Fay (la fata Bianca) according to Il viaggio di Carlo Magno in Ispagna. Here, Grifone and Aquilante are twins born in Portugal and sired by Ricciardetto, with the Black Fay and the White as guardians. [* However these two are considered sons of Ulivieri by Boiardo, so Grifone is an analogue of Galien li restor´. Hence cf. Marchepin.
イスキエラ=フィアッカ 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
[語意:「隊列-騒音」[?]。一考察によれば「イスキエラ=パッサ」が正しく、元のフランス作品では、 おそらく「エスクレールパッス」か「パッスクレール」のような名だったはず、という(Rajna 説)]
グリフォーネの馬で、白妖精からもらったもの(イタリア散文『カルロ・マーニョのイスパニアへの旅』)。 この作中では、ポルトガルのグリフォーネとアクイランテの双子は、リッチャルデッドの落胤で、 白妖精・黒妖精の加護を受ける。
[* しかしボイアルド作『恋するオルランド』によれば、これと同名の二人は ウリヴィエーリの子らである。よって、グリフォーネは、ガリエンに相当する人物といえる。 参:マルシュパン]

— Jj —

EnglishJapanese
Jirwet, mare of Shedad, father of Antar. ジルウェト[?] 【禽獣:馬】 【アラブ・アンタル物語】
アンタルの父シェダドの牝馬。

— Kk —

EnglishJapanese
Kastalein; Kastalęin [ON]
Name of a horse Rollant gave to Teorfi
カスタレイン 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ロッラント(=ロラン)が、新米騎士テオルヴィにお下がりとして与えた馬。
Killvillain [E. trans.]
English for Matefelon (1)
下手人殺しキルヴィレン〕」号 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
マトフロンの英訳名。
Keincaled m. gualchme [W.]; According to the Welsh triads, the horse of Gwalchmai, correspoinding to Sir Gawain of Arthurian romance, whose horse was Gringolet カインカレド・M・グワルフマイ 【禽獣:馬】【アーサー伝説】ウェールズの馬の三題詩におけるグワルフマイの馬。ガウェイン卿の馬グランゴレ(グリンゴレット)にあたる。
Keingala [E.]; Kengála [ON]
dun mare of Asmund, father of Grettir the strong -- Grettir flayed her make her shun the gold and release him from the chore of pasturing.
ケンガーラ (英訳ではケインガーラ) 【禽獣:馬】 【アイスランド・サガ】
強者グレッティルの父アースムンドの河原毛の雌馬。ふだんはどんな寒さでも嵐でないかぎり牧草を食みにいく丈夫な馬だが、グレッティルは馬の放牧の世話をさぼるため、 生皮を剥いだりして虐待し、馬が外に出るのを億劫にさせた。

— Ll —

English Japanese
Leo ("Lion") name of the charger of Waltharius(=Walther) of Aquitaine, that was carrying the treasure hoard he stole. レオ (「獅子」号): 【禽獣:馬】 【ラテン詩】【ドイツ英雄譚】

 アクイタニアのワルタリウス(=スペイン/アクイタニアのワルテル)の軍馬。 この駆け落ち騎士がちょろまかしたフン族の財宝の荷を背負わされた。
Lluagor [W.];
Horse of Caradawg Strong Arm (Carados), Tegau Eurfron's husband. In the First Perceval Continuation, Carados had for a half-brother a colt named Lorigal, born between his magician father and a mare. (corrected)
スゥアゴル【禽獣:馬】【ケルト伝説:ウェールズ】 【アーサー伝説】
黄金の胸乳アイルヴロン〕の」テガイの夫、「強腕の」カラダウグの馬。
『ペルスヴァルの第一続編』では、「衰えた腕の」カラドス(≈腕萎のカラドク、ちちんだ腕のカラドック等)(訂正)の腹違いの兄弟として産まれた仔馬(ゆえあってカラドスの実父である魔術師と牝馬のあいだにもうけられた)がロリガル(ルヴァゴール、ロルザゴール、ロリアゴール、リュカノール) [古仏]と名づけられている。
Lewe ("Lion", mod. Germ. Löwe) Name of Hildebrad's horse. Here as in other versions of Virginal, Dietrich rides the horse Schimming which normally belongs to Witege. レーヴェ (「獅子」号): 【禽獣:馬】 【ドイツ英雄譚】
ヒルデブラントの馬の名。『フィルギナル』の異本のひとつ(Zupitza 編 H本=ハイデルベルヒ写本)のみに伝わる。 また、『フィルギナル』では、ディートリヒがスキミンク(普段はウィティゲの馬)に乗っている。
Liron [Pr./Occit.]
[Fr. loir "dormouse"]
A vair(grayish?) black-white (balçan var) horse of Sicars l'Alemans [Sicart the Alemanni], one of Maurin's captains and advisor. Maurin got it for his deeds from the queen of the isle of Fade. The forest horse was caught, Salsapan[s] tied it to a brachet-hound, whereby King of Nuble bought it for 12,000 bezants (for the queen).
リロン [オック語] 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[語意:仏 loir 「オオヤマネ」。(Levy 辞書)]
アレマンニ人シカール[ス](マウリンの軍属。相談番でもある)の馬で、毛並みは白黒斑(ボーサン)の灰色。 森馬だったのを、三人の密猟者[?]がつかまえ、サルサパンが猟犬につなぎ、ヌブレの王に12000 ブザン金貨で買わせ、王はこれを女王(王妃)に与えた。マウリンは、ファーデ島に逗留の際、 彼女のもとにいき、その技倆もてこれを購なった、とされる。 (参:⇒フォルトゥン)

— Mm —

English Japanese
Maigremor horse of Vivien de Monbranc, separated twin of Maugis d'Aigremont. Vivien was raised as a Saracen, and was amachour (almaçour) of Monbranc. メーグルモール 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ヴィヴィアン・ド・モンブランの馬 (ヴィヴィアンは、魔道師モージ・デーグルモンと生き別れた双子の兄弟。 外国で異教徒として養育された)
→«Malpramis' pure white horse» horse of the son of Baligant the admiral. 《マルプラミスの真白き馬》 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
バリガンの息子の馬
→«Malprimis' feet» Malprimis feet, fleeter than a horse. cf. «Shiboob's feet» 《マルプリミスの足》 【人力の足】 【シャルルマーニュ伝説】
ブリガンのマルプリミス(マルシル十二臣将のひとり)は、馬より疾きとされるので、その自前の脚は《マルプリミスの膝栗毛》とでも称そうか(笑)。アラビアの『アンタル物語』の主人公の異母兄弟シブーブも馬並みに速かった。
Maltalant [OF, E]; Mantalint [MDu] Horse of Gondebœuf de Frise, king of Friesland (in variant texts of the Chanson de Roland, Langlois's Ro1, Ro2); Corresponds with Mantalint, the horse of Gundeluff in the Rhenish/Middle Dutch Karl Meinet. マルタラン 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
『ロランの歌』の異本で、ゴンドゥブフ・ド・フリーズ(フリースラント王)の馬。 ライン語/中期オランダ語の『カルル・メイネット』における、グンデルッフ(?)の馬マンタリント(?)に相当する。
Marchegai [OF, E]; (ch. de geste, Élie de Saint Gille) Formerly, the horse of Duke Elie (Élie), husband of Avisse, sister of King Louis the Pious; the duke's old horse and rusty armor was later inherited by the duke's son Aiol [= Ayoel [MDu.], Ajolfo [It.]). In the Elis saga, Elis rides Primasant. The Middle Dutch Ayoel does not supply the horse's name, but there his sword is Scaerdelijn (Scardeline) [MDu]. マルシュゲ 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
もとはエリー公 (Élie)の馬であるが、同公爵は、ルイ敬虔王の姉(妹)アヴィッスの夫としての地位を讒言により失墜、追放の憂き身にあい、のち生まれた息子のエイオル(?)が成長し、錆びついた甲冑とこの古馬を相続する。(武勲詩『サン・ジルのエリー』、『エイオル』)

翻案である中オランダ詩の断片『アユール(?)』には同様の馬名はないが、 アユールの剣はスカールデレイン(?) Scaerdelijn (スカルデリーネ(?) Scardeline)という。
Marchepin The horse that Galien (li restoré) switched to, after meeting Regnier de Gennes, his paternal grandfather. (Though he got a fine horse and Floberge when he left Constantinople in quest for his true father Olivier). Galien rides on to Roncesvalles, and Olivier recognized the horse, which was one he himself won in battle from Corundi [or king of Corbandi] and left in Regnier's keeping. [* In an Itakian cognate tale Viaggio,, the horse corresponds to Ischiera-fiacca. ] マルシュパン 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
[語意の特定は難題]
『ガリアン回復[王]』(?)の主人公が、父方の祖父レニエ・デ・ジャンヌに出会って乗り換えた馬。 (実父オリヴィエを求めて生国コンスタンティンノープルを発ったときも、いちおう良馬と剣フロベルジェを 母方の祖父ユー王から得ていた)。がリエンはロンスヴォーの合戦へと馬で乗り入れたが、 オリヴィエは、それがかつて自分がコリュンディ[またはコルバンディの王]から戦利品として分捕り、 父に与えた馬だと見覚えがあった。
[* イタリア版『カルロ・マーニョのスペインへの旅』だと、これに相当する人物が イスキエラ=フィアッカという馬をもつ]
Marchevallee [E. trans.] variant horse name given in Bulfinch's version for Baucent マルシュバレー 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ブルフィンチ版『シャルルマーニュ伝説』におけるブリュイエの名馬。 (定本であるバロワ編本『オジエの騎士道』のブレユスの馬 ボーサン に相当。)
Matefelon (1) [F.], "Killvillain" [E. trans.]. Horse of Girard d'Eufrate in the Chanson d'Aspremont.
[+In the Italian prose Aspramonte, Matefellone is the name of the Saracen who originally gave the horse Briadoro to Almonto, which horse was later taken by Orlandino and renamed Veillantino [cf. Veillantif])] The horse of Girart d'Eufrate (Ch. d'Aspremont).
マトフロン 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ジラール・ドゥーフラトの馬(?)。英訳では「キルヴィレン」(「下手人殺し(悪党殺し)」号)。 誤写の産物で、本来は馬ではなく、ジラールと戦う異教徒の将マトフロン (オーモン王子の家令セネシャル〕)。 [* <+イタリア散文『アスプラモンテ』では、このマテフェッローネという異教徒の家臣が、 異教徒の王子アルモント(=オーモン[仏])にブリアドーロという馬を贈ったが、のちに オルランディーノ(=ロラン坊や[仏])が奪ってヴェイランティーノと改名した。+>
Matafellone (2) Horse of Gano (Italian equivalent to Ganelon) according to Pulci's Morgante. The man's full name is here Gano di Pontieri, Lord of Maganza (tr. "Gano of Pontier" although "Ponthieu" seems to be the correct name of the country), , according to Pulci (Morgante XI,38, XX,13). [Although Ganelon's horse is called Tachebrun in Ch. de Roland] マタフェッローネ 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ガノ(ガヌロンの伊語形)の馬名。(プルチ作『モルガンテ』による)
[ ただし『ロランの歌』では、ガヌロンの馬はタシュブランである。
ガノのフルネームは、ガノ・ディ・ポンティエリ「ポンティユーの〜」で、 マガンツァ公とも呼ばれる。]
Meinlas ("Slender Gray")
Horse of Caswallawn son of Beli which according to the triads he got from Julius Caesar as a gift in return for permission for the Romans to set foot riding horses in Britain.
マインラス 「痩躯な灰色(鼠毛)」:【禽獣:馬】 【ケルト:ウェールズ伝説】
 カスワッサウン(カスワラウン)の馬。ローマ勢が馬上にてブリテンに上陸することを許可する見返りに皇帝ユリウス・カエサルからもらったもの。
Melyngan Gamre "Pale Yellow of the Stud"
Horse of Lleu LLaw Gyffes "of the Skillful Hand", son of Arianrhod; Welsh parallel to the Irish Lug.
メリーンガン・ガムレ 「厩舎の薄黄色」:【禽獣:馬】 【ケルト:ウェールズ伝説】
 「巧み手の」スェウの馬。(「三題詩 」)。スェウを産み落としたアランロド(アリアンロッド)は、 自分の不浄の証として恥をさらさせた息子を忌み嫌い、どんな人間から生まれた女児も妻にもてない、と呪いをかけたので、魔法使いのマースは、花々の粋を集めてブロダイウェズという妻をこしらえた。(「マソヌウイの息子マース 」)
Migrados -- [ME]; Nigrados, Nigradas, Nigratus, Nagratos [ON] Horse ridden by Otuel while combating Roland (who rides Blanchard). Although earlier in the chanson, Otuel is riding a horse named Flori. ミグラドス 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
異教徒の題名主人公オティネルが乗った馬で、これでロラン(ブランシャールに乗る)と一騎打ちした。 ただ、この武勲詩の初めのほうでは、オティネルはフロリという馬に乗っている。
Montel [montel (mountel)[Pr./Occit.] "petite montagne (small mountain, mound)"(?).] Horse ridden by the son of King Aigar (the prince's name not specifically given or is lost). (cf. Fortun) モンテル 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[モンテル (mountel) 「小山」 (Honnorat 辞書)[オック語 ]
英国のアイガル王の息子(名は現存する断片の範囲では不明)の馬 (参:⇒フォルトゥン)
Mora Name of William the Conqueror's ship, the gift of his wife Mathilda. モーラ 【船】 【イギリス史】
ウィリアム征服王の船名。マティルド王妃(当時は公妃)が用意したもの。
morel, Most commonplace name for a black coat, oftentimes ambiguous if it is truly the horse's given name. 黒毛モレル 【禽獣:馬】 【--】 黒馬の名としてもっとも一般的なもので、本当に馬の呼び名なのか、 単に「黒色の毛並み」(青鹿毛)をさす形容なのか釈然としない場合も多い。
Morel (1)
The black horse that Cligés rode when he wore black armor and defeated Sagremor the Unruly in the tournament. He entered the list for four days, and each day he switched to a horse of a different coat and changed his colorful armor, thus confusing the knights of the round. (The other horses bore no names).
モレル (1) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
クリジェスが黒ずくめの鎧を着用したとき乗った黒馬で、 御前試合では「荒くれ」のサグルモールに勝利した。クリジェスは四日間、毎日違う毛並みの馬に乗り換え、 武具の色も模様替えしたので円卓騎士らは惑わされた。(他の試合の馬には特に名は無い)
Morel (2)
Black horse of duke Naimes.
モレル (2) 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
シャルル大帝の重臣、ネーム公の黒馬
Morial (3)
The "black" horse of Kay, a Northern horse, upon which he faces against Fergus who rides Flori "white".
モレル(2) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
シャルル大帝の重臣、ネーム公の黒馬
Muc Shlángha ("the prophylactic pig" or "The Sow of Healing") During the age of St. Patrick, Caílte and companions hunted the last of these, and the meat was divided among men of Ireland. Centuries back, Finn settled for compensation with the sons of Morna who slew his father, until enmity between them re-erupted over the pig.
Similar properties as the Sow of Healing were probably conferred on Mananna´n's pigs that the gods feasted on. In the narrative of the Children of Tuireann, Assal's seven (Essach's pigs) revived and could be re-eaten while Tuis's pig-skin had healing powers. probably possessed both powers, and .
ムック・フローンハ[?]《スローンガの豚》または《治癒の豚》: 【禽獣:豚】【アイルランド:神話伝説群】
[<スローンガは、フィル・ボルグ族のひとり(訂正)(オ・カーリー註)。 上古には、もう一人のスローンガがパーソロン族に存在するが、両者ともに治癒や医療とゆかりがある。 正規な動詞活用であるらしいslándae スロンダイ 「治癒する」に 訂正してしまう編者・訳者もある。]
聖パトリックの時代、生き残るフィアナの古老キールティ(フィンの息子)らが仕留める豚。 その薬効・加護にあずかろうとした者ら、25個大隊ぶんの人数に分配された。 その昔、この豚をめぐりフィンの親族(<バシュクネの末裔家>)と<モルナの子孫家>の確執が 再燃したという。
治癒力(長寿のもと)と不尽の肉の供給については、おそらくは、ダーナ神族に供された 《マナナーンの豚》も同じ性質を兼ねあわせて持ったと思われる。 『トゥレンの子らの悲話』においては、二つ賠償品に、こうした能力がみられる: 《アッサルの七匹(エッサッハ六匹)の豚》が食べてもまた蘇る性質、 《トゥスの豚皮》が治癒能力。

— Nn —

EnglishJapanese
Nublet (1 of 3), Ridel (2), Bauçan (3) [OF/AN] (+10.12.09)
Three of Ipomedon's hunting dogs, which he pretended to have used that day in a hunt, even though he fought as the White Knight in the first day of the tournament, whose prize was his beloved duchess of Calabria, known as "the Proud".
ニュブレ[?] (3匹の1)、 リデル (2); ボーサン (3) : 【禽獣:馬】【キリスト教圏】【ノンサイクルもの】
[(1)(<[?] 古仏/アングロノルマン語 nuble 「(雲のように)暗い、蒼白い」; ) (2) (<[?] 古仏 rideler 「滑る、流れる」; (3) bauçan 「ムジナ(白斑のある黒)」]
イポメドンの狩猟犬のうちの三匹。愛する公女「驕慢のひと」との結婚をかけたトーナメント試合の一日目、 そのじつ白騎士として参加していたが、狩猟に興じていたなどと嘘をついて衆目をあざむき、 そのとき話のたねに出された犬名である。
イポメドンは、アプリアの王子だが、正体を隠しており、現在は愛する人の伯父上であるシチリア王の妃に 仕えており、その王妃に請われて試合の報告をした。

— Oo —

EnglishJapanese
Ossar, Dog of Conaire Mór, high-king of Ireland. The dog appeared in a dream, howling, and forebode doom. The king was killed at the Dá Derga's Hostel. オッサール 【禽獣:犬】 【アイルランド:王族伝説群】 『ダ・デルガの館の崩壊』
アイルランドの上王、コナリ・モールの犬。この犬が遠吠えする姿が夢に現れ、 敗戦の凶兆を伝えた。
 

— Pp —

English Japanese
Passabrunello [Ital. transliteration of OF Passebrun]
Second of Tristano's five horses (q.v.), in La Tavola Ritonda; it was a morel (blackberry-color) horse and was a gift of Mark (p.271). Commentators note this was Tristano's "loyal horse (liale, leale)" killed in actionagainst Urgano the giant (p.241-3); However, Polidori's index does not acknowledge its death her, because he maintains that this was the horse that later recognized Tristano in fool's garb by smell (p.257-8), reasoning this had to be Passabrunello which ahad sniffed the love potion (p.120) and became one of the "lovers' loyal companions".
(cf. Bramante also awarded the fairy puppy Pitetto Araviuto. cf. Passe-Brewel.)
パッサブルネッロ 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』で、<トリスターノの5頭の馬>(⇒参)のうちの2頭目。 黒馬(モレロ=黒苺色の馬)で、伯父のマルク王からもらった。トリスターノが妖精犬ピテット・アラヴュート を得るため戦った巨人、毛むくじゃらのウルガーノに殺された「良き忠義な馬」(LXIV章p.241-3) もこの馬だったと考察される。しかし編者ポリドーリ(の人名索引)は、この馬がこのとき に登場・死亡したとは認めておらず、後章で、狂言者に扮したトリスターノを匂いで嗅ぎ分けた馬 (LXXI章 p.257-8)こそがこれであると断じており、また、パッサブルネッロが、媚薬を嗅いで トリスターノとイゾッタの「忠義あるものたち」の仲間となったことも併記している。 (参:パス・ブルーエル)
Passe-Brewel (Malory), Passebreuil, Passebroill, Passebrun (Prose Tristan) [OF]
[prob. < passe "[over]passes" + breuil "hedge" (?)]
Sir Tristram (Tristan)'s horse. In Malory, Book IX, Bragwaine, entrusted to deliver her lady The Beale Isoud (Isold)'s letter forgot what Tristram looked like, but recognized him by his horse. In Prose Tristan, Tristan while hiding in the Forest of Morroiz misses his horse (Passebruel [E.tr.]) as well as his hound Hudenc, and Gorvenal goes straight up to King Mark to ask the creatures be brought forth (Curtis tr., p.167-8 [§553]). There is inconsistency as to the coat-color of the horse: when King Mark seeks Tristan he inquires after a knight on a sorrel horse (p.167), but in contrast, Palamedes's messenger-girl (p.213) and Fergus (p.222) witness Tristan riding a black horse. Later (p.300), it is this horse that Tristan rides into exile out of Cornwall (an onto Loegre, where Arthur's court is at).
Tristan's horse killed while fighting the giant Urgan li vilus is not mentioned by Gottfried, but the Italian La Tavola Ritonda says Tristano rode a string of five horses, and the destrier struck on the shoulder and slain by Urgano the Hairy was Passabrunello [It.]. (cf. also Bel Joeor, Bastard).
パス・ブルーエル (井村君江・表記)、パスブルール (野上訳『中世騎士物語』131頁) パースブリューユ(大久保博訳ブルフィンチ『新訳アーサー王物語』167頁) (改訂) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
[語意:「生垣越え」?]
トリストラム卿(トリスタン)の馬。マロリー編『アーサーの死』九巻によれば、 手紙を届けに来た《美しきイソード》王妃の侍女、ブラグウェイン婦人は、 トリストラム卿の風貌を忘れてしまっていたが、騎士の長年の飼馬を見て彼だと気づいた。
(この場面は、厨川抄訳本では割愛されるが、野上、大久保の両氏の訳によるブルフィンチ本 に記述される)
 『散文トリスタン』によれば、モロアの森の隠れ家には、猟犬ユダンだけだなく、 この馬(パッスブルイル[古仏])も連れてこられたことになっており、師傳ゴルヴェナルが、 マルク王のところへ行って単刀直入に要求した(Curtis 英語抄訳 p.167-8、 編本 §553)。散文では馬色に矛盾がある:トリスタンを探索するマルク王は、 柑子鹿毛の馬に乗っているはずだ(p.169)と言うが、パラメデスが遣わした使者の女性(p.213)や フェルギュス(p.222)は黒馬に乗るのを見ている。終盤では、トリスタンがコーンウォールを 永久追放になり、この馬に乗り、アーサー宮廷のあるローグルに向かう(p.300)。
 イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』では、トリスターノは五頭の名のある馬にのるが、 パッサブルネッロ(⇒参)は巨人の<毛むくじゃらウルガーノ>に殺されたことになっている。 しかしこれに相当する場面を扱うゴットフリートのドイツ詩では、ウルガン・リ・ヴィルスの 長棍棒に両断された馬は無名である。 (⇒参:卿は、ベルールの詩ではベル・ジョエオール[?]、続流布本だと バタール(バスタード)という馬をもつ。)
Passecerf (Ch. Roland) [AN]
["passes/overtakes deer”?]
Horse mounted by Gerers, a douzepere and friend of Count Gerins.
パスセール 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
["鹿を追い抜く"?]
ジェリエ(ジェラン伯の友、12臣将)の馬。
Passelande
[etymology: "passing the moor"]
(Béroul's Tristan v.3526) [OF]
Horse that Arthur rode (v.3526) out of Stirling (=Isneldone) to send off Iseut(Isolde)'s messenger Perinis for a certain far ways back home to Cornwall. [ * Arthur has just complied with the messenger's request to witness Iseut's "trial before God" which is to take place at the Blanche Lande. ]
パッスラーンド[?] (ベルールの『トリスタン』3526行) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
[語意:「荒野越え」[?]]
アルテュール王(アーサー王)が乗った馬。王はスターリング (原文ではイネルドーヌ)の町で イズーから使わされた従僕のペリニスに拝謁をゆるしたが、用が済み、その使者がコーンウォルに 帰還する帰り道を、王はこの馬に乗ってしばらくの距離まで見送った。 [ * 用向きは、イズーが自分の無実を晴らす<神の裁き>のぞむ際、アルテュール王ら円卓騎士に 証人となって事の次第を見守ってもらいたい、との依頼であった。裁きの場所は、 ブランシュ・ラーンドというが、これは佐藤輝夫訳『トリスタン・イズー物語』p.171でいうところの 「白木が原」か? ]
Pennepie horse of Carmel de Tabarie, a Sarracen (Otinel v.945 [p.33]) who wounds Ogier but is killed immediately afterwads by Roland; then the unhorsed Oliver snaps it up (v.972). Karlamagnus saga (ch. 16) turns it into two different horses: Nement ridden by "Karmel of Sarabie", while Oliver helps himself to Penne that belonged to "Kneri of Tabarie". ペネピー[?] 異教徒カルメル・ド・タバリーの馬(『オティネル』 945行)、のちオリヴィエの馬(972行)。 異教徒カルメルはオジエを負傷させるも、即座にロランに討ち取られ、ちょうどニュビーの異人 〔アルファージ〕に落馬させられたオリヴィエが、この馬を拝借した。
『カルルマグヌース・サガ』(VI・16章)では、原作では一頭だった馬が、二頭の馬にされてしまっている: "サラビエのカルメル"がネメントに乗ってきたが、 オリヴェルが乗っ取ったのは"タバリエのクネリ"の馬ペンネだった。
Penevaire, Pennevaire [E., OF], horse of King Désier (Didier) of Pavia, the Lombard. The horse was captured by Bertrand, son of Naimes, who was an envoy sent to demand that Ogier be handed over or face war. (+) On the eve of this war, Désier seems to indicate he will ride a black horse (Morel) to war; however, at the battlefield he is seen wheeling around a horse that is a liart (dapple-gray).
Years later Penevaire became one of the horses test-ridden by Ogier, freed from prison to fight Bréhus (Bruhier).
ペネヴェール[?] ペヌヴェール[?]: 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
[penne 「大羽」 + vair 「栗鼠の近種の上等な毛皮」?]
ロンバルディアのバヴィア国王デジエ(=ディディエ)の馬だが、無法者オジエの身柄を引渡せ、さもなくば宣戦布告する、という役目の使節、 ネーム公の子息ベルトランに強奪された。
(+)(開戦をひかえ、デジエは黒馬〔モレル〕にで戦うような口ぶりをしたが、 戦場では連戦葦毛〔リアール〕の馬首をめぐらせている)。 後年、ブレユス(ブリュイエ)と一騎打ちのため釈放されたオジエが乗る馬として 耐えうるか試された軍馬のうちの一頭にペネヴェールがあったが、役立たずだった。
Pennevare [MDu.], In a MDu. adaptation, the wonder-horse that Ferguut [=Fergus (of Galloway)] took from the Saracen king Lokefeer [=Loquifer] after slaying him. It was raised in Romania and given by a maiden to the Duke of Denmark before the Saracen conquered it. [*In the French version, Fergus originally rides Arondiel and later Flori] ペネヴァーレ[?] 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
中オランダ語の翻案で、フェルヒュート [=ガルヴォワのフェルギュス] がロケフェイル [=ロキフェール]を斃して得た馬。ルーマニアの畜産で、ある乙女がデンマーク公に贈ったものが サラセン人に奪われていた。
[* フランス語で書かれた原作では、フェルギュスはかけだしの無官のころ アロンディエルに乗り、のちフロリの鞍上でケイ卿と対決する。]
Phol or «Balder-Phol's foal» (Meseburger charm) [OHG], Phol is a fellow-wayfarer of Wodan, usually considered a byname of Balder, whose foal sprains its foot, according to the charm. But minority opinion (Med. Scand. an ency.) supposes this to be the name of the horse itself. フォル または 《バルドル神(=フォル神)の仔馬》[古高独]: 【禽獣:馬】 【ゲルマン神話】
古期高地ドイツ語<メルゼブルクの呪文>の第2、馬治しの呪文の冒頭で ウォーダン神と道連れで森に行くフォルとは、<馬の名だ>という少数派説がある。 次行で足をくじく<バルドル神の仔馬>の名だというのだ。 ただし、フォルとはバルドル神の別名ととるのが通説である。
 北欧神話(『ギュルヴィたぶらかし』49)では、他の神々の馬名などが記載されるが、 火葬に殉死させられたバルドルの馬の名は不詳(バルドルの船名はフリングホルニ[ル]である)。
Piantagiorno Third of Tristano's five horses (q.v.), in La Tavola Ritonda; it was a white or ferrant horse, this was a "very fine horse" that Bramante presented to replace whichever horse that was killed fighting Urgano the giant, as well as to present him with the fairy dog Pitetto Araviuto as reward. (there is some dissent as to whether the killed horse was Passabrunello or not). ピアンタジョルノ 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』で、<トリスターノの5頭の馬>(⇒参)のうちの3頭目。 白馬あるいは鈍鉄色系の馬で、巨人ウルガーノと戦ってトリスターノが失った馬の代償として、 当地テネソンのブラマンテ公爵が、妖精犬ピテット・アラヴュートとともに進呈した。 (先に死んだ馬が、パッサブルネッロだったかどうかについては、解釈が分かれる)。
Plantamor (1) (Jerusalem, 1373, etc) [OF], Horse of Cornumarant, a Saracen king of Jerusalem. He is the initial owner of the sword Murgleis(3) later owned by the Frankish warlords. プランタモール(2) 【禽獣:馬】 【アーサー伝説】
エルサレムの異教徒王、コルニュマランの馬。この異教徒は、のちボードワン王などに伝わった名剣 ミュルグレの最初の持主である。( (武勲詩『エルサレム征服』1373行ほか)
Plantamor (2) (Jerusalem, 1373, etc) [OF], Horse of Cornumarant, a Saracen king of Jerusalem. It can travel XX leagues without slowing. "It had a slender head that was white like the fleur-de-lys, ears red like live coal, .. the breast(?) all black, the flanks were bay and gray elsewhere." Described as both an Araby and Nubie breed. Cornumarant is the initial owner of the sword Murgleis(3) later owned by the Frankish warlords. The horse プランタモール(2) 【禽獣:馬】 【キリスト教圏:十字軍】
エルサレムの異教徒王、コルニュマランの馬。 二十里(リュー)走っても走りがのろまず、 「面細の頭はユリのように白く、耳は燃え炭のように赤く、.. 胸(?)は真っ黒で、脇腹は鹿毛、それ以外は灰色だった"アラビア産駒とも、ニュビー国の産ともいわれる。 (武勲詩『エルサレム征服』)。この異教徒は、名剣ミュルグレ(3)の当初の持主である。
Pridwen (ship) [W.], Name of Arthur's ship in the Mabinogion. プリドウェン(船) 【乗物:船】 【アーサー伝説:マビノギオン】
ウェールズ語物語集マビノギオン収録『キルッフとオルウェン』におけるアルサル (=アーサー王)の船の名。
Puzzat, [MHG]
Horse of Willehalm in Wolfram von Eschenbach's Willehalm. (Equivalent to Baucent of Guillaume d'Orange.). In the prequel Arabel by another German poet, Willehalm's horse is killed in action.
プツァット 【禽獣:馬】【シャルルマーニュ伝説】
ウィレハルム公の馬名で、ウルフラム作『ウィレハルム』に登場。 (ギヨーム・ドランジュ公のボーサン号に相当する。) 別の詩人がのちに書いた『アラベル』では、ウィレハルムのベルールという馬が戦死。

— Rr —

English Japanese
Rakhsh Rustam's famous horse. ラクシュ 【禽獣:馬】 【ペルシア:王書】
ロスタムの馬
Rakshna In Yoshiki Tanaka's fantasy novel Arslan senki, the horse ridden by Kai Khusrau, who appears as a spirit in whose grave the sword Ruknabad is sealed. The bard Gīv sings about them in The Abridged Geste of Kai Khosrau. ラクシュナ 【禽獣:馬】 【ペルシア素材】【小説:田中芳樹『アルスラーン戦記』】
アルスラーンの剣ルクナバードを封じた霊、聖王カイ・ホスローの往年の馬。 吟遊詩人ギーヴが「カイ・ホスロー武勲詩抄」のなかで詠唱している。
roan [E.]
[OED "" rouant [Pr./Occit.]; OF roan (rouen), mod. rouan adj. "cheval qui a robe mêlée de poils blancs, noirs, et roux" (Godefroy, comp. [vol. x]), cf. rovin "rouge, vermeil" (Godefroy). ]
A horse or other animal whose prevailing color coat has thick areas of another color, "esp. bay, sorrel, or chestnut mixed with white or grey" (OED's definition). The French equivalent is defined by Godefroy as "a horse with a coat mixed with hairs of white, black, and red".
ローン(粕毛) roan [英語] roan, rouen [古仏語] rouan [現代仏語] rouant [オック語] roano, rovano [伊] roano [西] ruao [葡]roaensch [蘭] rowansk [中期低地ドイツ語] 【禽獣:馬】 【一般解説】
英語:
OED英辞書「特に鹿毛、柑子栗毛、栗毛に白や灰色がかったもの」としている。 よって<ダーク系統の粕毛>、特に<栗粕毛>、<鹿粕毛>、等が該当するようである。 <栗あし毛>というのは造語?(流通性に欠ける)ようである。
研究社「英和辞典」では、「葦毛の」を充てており、これは白系なので語弊があるが、 次いで「《黒・赤・灰・茶などの地色に白の差毛のあるものにいう》」と補足説明している。
フランス語:
ゴードフロワの古仏辞典では、「地毛に白黒赤の差毛が混じった毛色の馬」と定義しているが、 白水社の仏和辞典では「葦毛」と定義していた。
Roïn (de Bar) [Pr./Occit.]
horse belonging to Draugue de Saure (or ~ de Bar) who with his brother Folque/Folcon is siding with Count Maurin against the king. Possibly "a roan bred in Bar (same home as the owner)". Draugue's horse is elsewhere described as a balçan de Quarrion [ = city of Carrion, Spain]. (cf. Fortun, Alferrant de Saure).
[etymology: Though unattested[?], I suspect it to be a variant of Prov. rouant, cognate to Eng. roan (q.v.). OF roan (rouen), mod. rouan]
ロイーン(バール産のローイン) [オック語] 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
ドラウグエ・デ・バールの馬。(Brossmer 編本の索引では馬名解釈するが、 Scheler 編本はしていないので、あえて医者句するならば《主人と同じ故郷バールで飼育された粕毛[?]の馬》か?) 別箇所では、《クワリオンの斑馬〔バルツァン〕》だと形容されており、クワリオンとは (参:⇒フォルトゥン、アルフェラント)
[語意:辞典では確認できないが、南仏語形 rouantの異綴りと推察する。同義語は 古仏 rouan、 現代フランス語 rouan、 英語 roan で、「粕毛」の意 (英和や仏和で「葦毛」とも定訳されることもある)。]
Rondello (1) Horse of Buovo d'Antona (or Bovo de Antone [Fr.-It.]), given to him by his beloved princess of Erminia, here named Drusina or Druxina. So called because it sped like a little swallow (rondinello). The Middle English counterpart is Arundel, the horse of Bevis of Hampton given him by Josian. ロンデッロ(1) ロンデル、ロンデロ [仏伊] : ブオーヴォ・ダントーナの馬 (仏伊版 ボヴォ・デ・アントーネ[?])で、 想いびとであるエルミニア国の姫ドルシナの贈物で、その強引な求婚者と対決するためのもの。 散文『レアリ』では、馬は、エルミニオネ王の所有する、誰にも馴らせない馬で、 アゴスティーノ(ブオヴォの仮名)が手なづけたが、ブオヴォ以外は御せず 「走るとまるで燕子(ロンディネッロ)が飛ぶようなので」こう名づけられた。 また、姿をやつしたブオヴォの正体を姫より早く真っ先に見破る馬だった。
 イタリア版は、フランス貴族の設定であるが、同工異曲の中英詩では、 英国の騎士ハンプトンのビーヴィス卿がジョシアン馬から贈られた馬アルンデルに相当する。
Rondello (2) Horse that belongs to Ugieri the Dane, but which Orlando carries off from the Dane's wife Ermellina, together with the Dane's sword Cortana. Orlando was in an angry fit, and Ulivier[i](=Oliver) had wrested Durlindana from him. (Pulci's Morgante I. In XXVIII, the poet says Ugieri's horse was named Duraforte). ロンデッロ(2) [伊] ロンデル、ロンデロ [仏伊] : デーン人ウジエリ(=オジエ)の馬だが、冒頭でウリヴィエリ(=オリヴィエ)に 凶器のドゥリンダナを手からちぎりとられたオルランドーは、デーン人の馬と剣コルタナを、 男の妻エルメッリンナの元から奪って去っていってしまう。 (プルチ『モルガンテ』第1歌章。しめくくりの第28歌章で、 <ラクタニウスの作品に、デーン人の馬ドゥラフォルテについて語られる>とある。)。
Rondel (3)) Horse of St. Maurice according to one MS of the chanson of Jérusalem (Thorpe ed., T812 [ms. T, v.812]) ロンデル(3) [仏] : ブオーヴォ・ダントーナの馬 (仏伊版 ボヴォ・デ・アントーネ[?])。
ros liart d'Agent [ros "roux (red-haired)"; liar (var. liart) = "pommelé, gris, gris-pommelé" (Raynouart) [Pr./Occit.]]
horse of Milon d'Aiglent (cf. Fortun)
《アジャンの紅連銭葦毛〔ロス・リアール〕》 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[ros [オック語] 「赤毛」; liar [オック語] liart [古仏 ] pommelé [フランス語] 「連銭葦毛」] アイグレントのミロン[仏:エーグラン]の馬。
Rusche Röschlin (Alpharts Tod 445, 1) Ruschen (Biterolf 10228) Eckehart's horse. ルッシュ[?] ルェシュリーン (『アルプハルトの死』) ルッシェン (『ビテロルフ』) 【禽獣:馬】 【ドイツ英雄譚】
エッケハルトの馬。

— Ss —

English Japanese
Sérénade [F.] Serenade [E.] The gray horse of Allégrignac de Cognac, first of four knights to initially attempt the adventure of the Fear Fortress (Château de la Peur), in Croque-Mitaine, Part III. He reported his horse lost in an avalanche, and falsely claimed to have beheaded the Lord of Fear. セレナード 「セレナーデ(小夜曲)」のフランス読み。 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説(を基にした近代創作)】
 エルネスト・エピーヌ『クロックミテーヌ』(1863年)の第三部で「恐怖城の冒険」に最初に挑んだ 四騎士のひとりアレーグリニャク・ド・コニャクの灰色の馬。騎士は、この馬を雪崩で失ったと報告し、 みごと「恐怖の主」の生首を持参したと嘘をついた。
Shab-dez; Name of Khusrau's black horse. シャブデズ 【禽獣:馬】 【ペルシア】
ホスローの黒馬。
Shab-rang(1); dark bay or iron-grey horse; name of the horse of Prince Siyawush (Siyāwush) son of Kai Kaus and father of Kai Khosrau. Sometimes not taken as proper name but merely a designation of its coat-color, thus rendered "black steed" or "black charger". シャブラング(1) 【禽獣:馬】 【ペルシア】
黒毛(青鹿毛/黒鹿毛)か鼠毛の馬。カイ・ホスローの父でカーウースの息子スィヤーウシュ王子の馬。 ただし馬号ではなく、単に毛色の形容ととられることがあるので、単に「黒馬」と訳されることもある。 (岩波文庫『王書』第2部第五章)
Shab-rang(2); In Arslan Senki, the name of the black horse ridden by DarkD;n[?], the most formidable fighter in the Parsian army, known as mard-e-mardan "the warrior among warriors" シャブラング(2) 【禽獣:馬】【ペルシア素材】【小説:田中芳樹『アルスラーン戦記』】 元万騎長ダリューンの黒馬。
«Shiboob's feet» This half-brother of Antar was faster than horses on his feet. cf. «Malprimis feet» 《シブーブの足》 【能力/足】 【アラビア伝説】
アンタルの異母兄弟は、走れば馬より速かった。参:《マルプリミスの足》
Stappi(1 of 8), Stutt (2), Brakka (3), Luska (4), Ruska (5), Porsa (6), Paron (7), Bonikt (8) (tale in Thidrekssaga) Eight of the hunting dogs owned by Earl Iron son of Artus, lord of Brandinborg, which he used to harry King Solomon's Valslangforest, ultimately to kill his protected bison. (1)~(6) were killed by the beast, but the last two survived to subdue their prey. スタピ Stapi, Stapp (8匹の1) ストゥト Stut[t]r (2)、 ブラッキ Brakki (3)、ルスカ Luska (4)、ルスカ Ruska (5)、 ポルシ Porsi (6)、パロン Paron(7)、ボニクト Bonikt(8) 【禽獣:犬】【北欧サガ】【ドイツ英雄譚】
(『シズレクのサガ』の挿入話) ブランディンボルグ[=ブルターニュ?]の領主イロン伯(アルトゥスの息子)が持つ自慢の十二匹の猟犬のうち、名が知れる八匹。敵対するサロモン王の狩場であるヴァルスレングの森 Valslœnguskogr を荒らすのに伴わせ、王が保護する大バイソンに けしかけたが、(1)~(6)はその獣に殺された。(7),(8)は果敢にバイソンを追いつめ、獲物を仕留めるに至った。
Styrus, Stýrus (IV.35)[Icel.]. Horse of Faustinus (Fástínus), given by the Scythian ruler of Spain, Malpriant (Mápríant) as the latter set out to conquer nearby Cimbria, ruled by Ambales's father Salman. ステュールス 【禽獣:馬】【アイスランド・サガ】
スキタイ国の末弟王子ファースティーヌスの乗馬。 ファースティーヌスは、主人公アムバレスの祖国キムブリアを征服し王となった。 馬の贈り主、スキタイの次兄マールプリーアントは、スペインの征服者。
Azrael hawk (named after angel of death) which Kishwād " Twin-Sword" loaned to Arslan (Y. Tanaka's Arslan Senki) 告死天使アズラエル【禽獣:鳥】【ペルシア素材】【小説:田中芳樹『アルスラーン戦記』】 アルスラーン王子に預けられた飼い鷹の名。
Swallow (1) [E.] Hirundo (MS Yrundo) [L]. (+10.09.01) Swift mare that Hereward the Wake acquired in Scaldemariland (= Frisia; but Zealand rather than Friesland) (Gesta Herewardi XIII), together with her colt Lightfoot (Levepes). It had an awkward and cumbersome gait but nevertheless was swift and endured long distances. (XXIV). Later he killed his prized horse (presumably Swallow) rather than have it captured (XXVII) スワロー(1) 【禽獣:馬】【英国ロマンス】
ヘリワード・ザ・ウェイクが、スカルデマリランド (=「フリースランド地方」。オランダ・フリースランド州ではなくゼーランド州寄り) で入手した俊足の牝馬。(ラテン散文『ヘレワルドの事蹟』XXIV章)。 馬名は、スワローと明記されていないが、「アングリア語(Anglice)で "燕(Hirundo)"を意味する名の牝馬」とある。  同時に手に入れた子馬は「軽足〔レウィペス〕」 (原文 Levipes [羅] 英訳 Lightfoot) と名づけた。  ウィリアム征服王軍の動静をさぐるためヘリワードは、エリー島の要害を出てスワローに乗り斥候に出た。 スワローの歩みはぎこちなく、大儀そうだったが、俊足で長距離にも耐久力があった。 (XXIV章)。 のちに窮地に陥り、馬を他人に取られるよりはと自らの手で殺めた(XXVII章)。
Swallow (2), Swalowe [ME]. White horse of Miles, second son of Sir Bevis of Hamptoun, according to a ms. variant; the printed version merely says: "horse as swift as any swallow." スワロー(2) 【禽獣:馬】【英国ロマンス】
ハンプトンのビーヴィス卿の次男マイルズ(ミルズ)の白馬。 ただし、手写本の異本では馬はこのような号名だが、活字本では、単に「燕のように速い馬」とある。

— Tt —

English Japanese
Tachebrun Horse of the traitor Ganelon, whose sword is Murgleis (Song of Roland, line 347). An Italian work has him riding Matafellone. タシュブラン 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
逆臣ガヌロンの馬。(剣はミュルグレス)。
Teetgong ="swift-going" [Orkney dial.]; The swift horse of the goodman of Leegarth, which his youngest son Assipattle rode in order to go fight the Mester Stoorworm. Assipattle overheard the secret of how to control the horse: two claps on the right shoulder for speed, and a blow to the windpipe for storm-wind speed. His sword was Sickersnapper. ティートゴング 【禽獣:馬】 【北欧系:オークニー諸島民話】
「疾走(素早く往く)」[オークニー方言]
リーガースの自由農夫の末息子アッシパトル(「灰掻き」の意)が、父に無断で乗った国一番の駿馬で、 《主の大竜》〔メスター・ストーアワーム〕の退治に駆けつけた。この馬を御するには秘密のコツがあり、右肩に2回平手打ちで並みの速さ、喉笛に一撃で暴風の速さを出す。 <+竜退治の褒美にもらった+>剣はスィカースナッパー)
Triath The king of the boars of Eirenn which apparently formed a threesome with Fe and Femen, and all apparently owned by Brigid(Brigit) daughter of The Dagda. With three beasts are associated the three demon cries of Ireland, whistling, and wailing and outcry, according to LG. But cf. Brígh and the first keening in Ireland, in connection with Sláine in CMT. トリアス 【禽獣:猪】【アイルランド:神話伝説群】
[tríath 「主、王」「猪」「海、波」等。ただしDILは、 t(orc) tríath の意味は不詳とする。]
「アイルランドの猪の王」。これと「ディールの二牡牛」の三頭は、ダグダの娘ブリギッズ(ブリギット)の所有 で、アイルランドの「三つの悪魔の叫喚」である「口笛」、「号泣」、「悲鳴」がこの三頭にまつわると 『侵寇の書』にある。
『モイトゥラの戦い』ではしかし<+ 「三叫喚」と動物は直結しない:女神(ここではブリーグという) の息子が刺客を働くが返り討ちに遭い、息子の死を悲しんでアイルランド最初の「号泣」をしたといい、 また彼女が「口笛」を発明したとする。刺客の標的、鍛冶師ゴヴニュは、負傷した体を 治癒の井戸スローンで癒した。+>
Trakune
Horse of Tschinotulander(Schionatulander), the knight in the quest of the leash of the hound (brackenseil). His sword was →Falzone and his spear was →Duranz. (Albrecht v. Scharfenberg, Jüngerer Titurel)
トラクーネ 「竜」号: 【禽獣:馬】 【アーサー伝説群】
宝石でメッセージが書かれた《猟犬の首紐ブラッケン・ザイル〕》を探求する騎士、 チノトゥランデル(シーアーナトゥランダー)の馬。その剣は→ファルツォーネ、 その槍は→ドゥランツ(ェ)。(アルブレヒト・フォン・シャルフェンベルク『新ティトゥレル』)
Trenchefis, Trinchefis [ME]; -- [AN/OF]
Horse of Grander, conquered and ridden by Bevis of Hampton for awhile.
トレンチェフィス[?](トランシュフィス)【禽獣:馬】 【英国ロマンス】
グランダー(グランデール)の馬。ハンプトンのビーヴィス(ビーヴェス)が奪って乗る。
Tristan's five horses According to La Tavola Italiano, they were: 1) bay horse Gulistardo given by the French princess Bellices who loved the youth; 2) morel Passabrunello given by King Marco; 3) white or ferrant Piantagiorno given by Duke Bramante; 4) black Brunfort given by la fata Morgana; 5) a sagginato ("millet clor"[?]) Giuriando given by Inamante. <トリスターノの5頭の馬> イタリア散文『ラ・タヴォラ・リトンダ』の後半に、トリスターノが持っていたとする五頭の馬の 名が挙げられている: 1)鹿毛グリスタルド(フランスのフィエラモンテ王の王女ベッリチェスより)、 2)黒馬パッサブルネッロ(マルコ王より) 3)白か鈍鉄色のピアンタジョルノ(ブラマンテ公より) 4)黒馬ブルンフォルト(妖精モルガナより) 5)黍色(蜀黍色)のジュリアンド(イナマンテ・デッラ・ヴァッレ・ブルーナより)
«Turpin's horse»
Conquered from Grosaille, a king he killed in Denmark.
《チュルパンの馬》 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
=《グロッサイユより奪いたる馬》(『ロランの歌』第127詩節)

— Vv —

English Japanese
Vaillant [F.][E.] horse of aspiring-knight Mitaine, daughter of knight Miton and Mita, goddaughter of Charlemagne. (l'Épine's Croque-Mitaine). During the Siege of Saragossa (Part II), her horse is not where she tied it, and she calls to it, "Vaillant!". Presumably ridden by Mitaine to the adventure of the Fear Fortress [château de la Peur] (Part III), and to Ronceveau accompanying Roland as squire. ヴァイヤン 「果敢」。 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説(を基にした近代創作)】
 エルネスト・エピーヌ『クロックミテーヌ』(1863年)の創作で、男勝りの令嬢ミテーヌの馬。 ミテーヌは、シャルルが代父(名づけ親)をつとめた女性ミタと騎士ミトンの娘。 第二部のサルゴッサ包囲戦で、彼女の馬が繋いだところからいなくなり、「ヴァイヤン!」と何度も呼ぶ。 以後の部では馬名は出ないようだが、ブリュワーの説明(あるいはフッドの英訳?)によれば、 第三部「恐怖の要塞」の冒険を果たした際も、エピローグで、ロランの従士としてロンスヴォーで戦死際も、 この馬に乗っていたとしている。
Veillantif; "Wideawake" (Newth tr.) [E.]
Horse of Roland, conquered alongside Durendal from Aumont (ch. d'Aspremont). In familiar Italian works (Orlando cycle) the horse's name is Brigliadoro, but the L'Aspramonte explains that Briadoro was its name when it belonged to pagans, before Orlando renamed it Vegliantino. (Cf. Matefelon).
ヴェイヤンティフ 【禽獣:馬】 【シャルルマーニュ伝説】
ロランの乗馬。アスプルモン遠征の際、まだ騎士見習いだったロランが、オーモンを倒して 名剣デュランダルやこの馬を手に入れたことにされている。 イタリア語の伝承では、『恋する/狂えるオルランドー』の題名主人公の馬は ブリリアドロというまるで違った名である。だが、 アンドレア・ド・バレベリーノ作『アスプラモンテ』によれば、ブリアドロ というのは、この馬が異教徒の持ち物だったときの名で、オルランドーが得てのち ヴェリアンティーノと改名した、と説明する。 (参照:マトフロン)
Velavent [[vel "vieil(old), voile(sail,veil)" + vent "wind" [?] [Pr./Occit.]]
A horse (of ambiguous ownership) mentioned in Aigar & Maurin. In the verse line that follows is mentioned the vairet d'Aquillant (gray horse of Aiguilante [identified by Brossmer in index]). These may be the horses being readied for Prior Brun and Abbot Franco, the hostages whom the king is about to release. Or they could belong to some of the seven counts in the king's retinue [who Brossmer explains are the excessive escorts for the two prisoners]. (v. Fortun)
ヴェラヴェント 【禽獣:馬】 【英国素材】【ノルマン王朝】
[vel 「帆・ヴェール」 + vent 「風」=「風帆」 (現代フランス語読み=ヴォワル・オ・ヴァンで、料理名とは似て非なる)]
オック語の武勲詩『アイガルとマウリン』に登場する、持主不詳の馬。
 次行には、《アクイラントの灰色小栗鼠》(ヴェーレット・ド・アクイラント)という馬、 つまりアイグイランテ公爵の乗る灰色馬が登場する。 英国王が捕虜から解放しようとするブルンとフランコの二人の僧侶のために用意された馬か、 それに付き添うための七人の伯爵からなる、ものものしい護送者のためらしい。 (参:⇒フォルトゥン)
Vigi (Vígi); ["scrapper" (Gwyn Jones), "fighter" (Cleasby-V.)] Dog of Ólaf Tryggvasson, bought from a peasant in Ireland. In a battle in Hálogaland, the dog chased down Thorir Hart [Þórir hjörtr] and either was injured by a sword (Snorri), or was gored by a phantasmical hart that emanated out of Thorir's body (Oddr). Vigi starved himself to death upon hearing of his master's death. ヴィーギ 【禽獣:犬】 【北欧サガ】
「戦う奴、喧嘩野郎」オーラヴ・トリュグヴァッソン王の犬。 アイルランドで強奪行の折、現地の農夫が飼い牛を返してくれと求めてきた。 王は、「自分の牛が選別できるようなら回収してもかまわぬ、が、そうそうは待ってやらぬぞ」という。 犬は群を上手に追い、よりわけた牛には皆同じ印がついていた。王は、犬を気に入って黄金の環を代償に 買い取った。
ハロガランドの一戦では、敵将である早足の男、一名「牡鹿の」ソーリルを、ヴィーギが追い詰めた。 犬はそのときソーリルの剣で傷を負った、とスノーリは記述する。 だが、ソーリルの体から跳び出てきた大牡鹿に、ヴィーギが喰らいつき、角で突き刺された とも書かれている(オッド・スノーラッソンが著したオーラヴのサガ)。 また、王の訃報の意味を理解し、ヴィーギは餌を拒み餓死したという。
Voroneyushka "Little Raven" Mike Dixon-Kennedy, Enc. Russ. and Slav. Myth and Leg.); Воронеюшка [Ru.] Horse that Dobrynya Nikitich got separated with in the initial encounter with the dragon Goryshche, and which only returned to him after Dobrynya mounted another horse (called Burka in other versions) and finished killing the dragon for good. ヴォロネユシュカ Воронеюшка 「大鴉っ子」(ワタリガラスの指小形): 【禽獣】 【ロシア民話】
ドブルイニャ・ニキーテッチが最初に乗っていたが、竜のゴルイニチと最初に遭遇したときにはぐれた馬。 ドブルイニャが改めて竜からウラジーミル太陽公の姪奪回を命じられ、別の馬(異本ではブルカという馬)に乗り、 竜を退治して帰参したころになって、ひょっこり帰ってきた。(ディクソン=ケリーの要約に拠る)。

— Ww —

English Japanese
Wave Sweeper (Sguaba Tuinne [Ir.]) Manannan's magic boat or coracle, used by Lugh Lamfhota, lent to the Sons of Tuireann for their eiric-seeking voyage. スグゥーヴァ・トゥンヌ[?] ウェイヴ・スウィーパー [英訳名] 「静波号」ウェイヴ・スウィーパー[邦訳名] 【船】 【アイルランド:神話伝説群】
長腕のルーが使用をしている海神マナナン・マックリールの舟であるが、 ルーの貸した賠償物を探し求めるための旅に出るトゥレンの息子たちに 渋々、貸し出された。舟名は、正確には「波を掃くもの」あるいは「波箒〔なみぼうき〕」の意である。
White Ship [E. tr.]; Blanche-Nef [Fr. tr.]; Candida navis (Ordericus Vitalis, Historia Ecclesiastica) [L.] A brand-new ship owned by Thomas FitzPatrick, which in 1120 shipwrecked while carrying several offsprings of King Henry I, including William, the sole legitimate heir in a transport from Barfleur back to England, killing all passengers save one. ホワイト・シップ号 [英訳名]; ブランシュ・ネフ号 [仏訳名/復元名]; カンディダ・ナウィス号(?) [羅・原典] 【船】 【イギリス史】
1120年、英国のヘンリー1世の嫡子ウィリアムを含む2子2女を乗せて大破した悲劇の船。 トマス・フィッツスティーヴンという男が所持した新調の船で、 バルフルールから英国に向かったが、座礁し、搭乗者は、肉屋ひとりをのぞいて、全滅した。 (オルデリクス・ヴィタリス『教会史』)

— Zz —

English Japanese

ICONS: Some of the icons are hand-created by me, but ones I haven't yet bothered are ripped from Nethack tiles (Revamped 32x32 versions of these are found at Mr. Itakura's RL Tiles (Roguelike tileset) website).
Beasts horse dog cow, ox pig, swine, sow, boar elephant bird
werewolf
ship feet wing
アイコン一覧: 一部は、自作したが、手が回ってないものは、Nethack 用のタイルを流用している。 (新バージョンの 32x32 タイルは、板倉氏の RL Tiles (Roguelike tileset)サイトでご覧なされたし。