Lost & Found Chest from the Fantastical World

Lost & Found Chest
from the
Fantastical World

This is a dictionary of weapons , armor , and items in mythology, and medieval heroic literature. Also listing horses as well as other pets, vessels and vehicles of conveyance, etc.

The concept of such a site being far from original or unique, the stress here is placed on discovering lesser-known objects or providing plotlines, etymology, and other minutiae not often elaborated on.

The index is bi-columnal in Alphabetical order (in English) on the left, and in Japanese on the right. I should separate them, but this way it's easier for me to maintain.

幻想アイテム

拾遺匣おとしものばこ

神話や中世の英雄譚など幻想世界の 武器 防具 , ・アイテム集。その他、馬 やペット、 乗り物なども範疇に入れる。

この手のサイトは既に複数立上がっていて、コンセプト自体にはなにも新鮮味はないが、 知られざるアイテムの発掘や、すでに名は出ているが、出典、語源、詳細などをつきとめることに 焦点をあてることを、いちおう志としている。結構、気まぐれ的に項目を追加しているが。

また、索引は ABC 順で、右欄に日本語名および説明を加えている。本来は分けるべきだろうが、 メンテの面倒くささの都合上、やっていない。おそらく将来的にもアイウエオ順にはしないと思う。 そのところご寛容を。

Notable Updates/Featured stuff:
(I am concentrating on letters A ~ C but I go off on cross-referential tangents so often that much is left incomplete or not fleshed out).

  • Bitterfer - Sword (forged by Weland) that Horn received from Rimnild (King Horn). (06/07/04)
  • Chrysaor (of Artegal) - sword of Artegal (Faerie Queene character). (06/07/01)
  • Afilé- horse that Charlemagne got from Galafre (who also gave him Joiuse?) (06/06/15)
  • Mimmering - (Danish ballad) sword of Vidrik Verlandson (= Wittich); also his helm Blank, shield Skrepping, his horse Skimming. (06/06/15)
  • «Hildebrand's shield»
    (06/03/25) updated - info on coat of arms of his "Wolfing" clan.
  • Aroundight (source poem identified)
    (06/03/25) added variant names
  • «Abaris' arrow» (06/03/10) Identity with Apollo's arrow that killed cyclops.
  • Ascalon - (16c. text image of source work uploaded) (06/01/15)
  • Caliburn - (tracing post-HRB chronicles)(05/11/05)
  • Added just a couple of horse-names from the Triads in the index. (Cei's "Chestnut long-neck" and Owain's "Cloven hoof")(05/11/05)
  • «Turpin's Crosse» - A handheld crucifix containing a particle of the True Cross, which shone bright in Turpin's hand and blinded the Saracens.(new supplementary info) (05/11/11)
  • Mysterious stones, aetites "eagle-stone" and alectorian "cockstone". (05/11/16)
  • Almace derivation - Uploaded Old Norse text of Karlamagnus saga I, ch. 44 where Karl tries Kurt, Almacia, Dyrumdali (+). Expanded on my theory that it means "alms/mercy" vs. Arab etymology theory.(05/11/23)
  • Uploaded pic of Aaron wearing breatplate (from KJV bible)(05/11/28). The twelve stones on the breatplate represent the tribes of Israel, and inspired John's twelve gems (reprenting the apostle). The stones are used on the German imperial crown, now kept in Vienna's Schatzkammer.
  • maelstrom page added. (06/1/15) Grotti mill page is being worked on.
  • Started uploading a selection of Danish ballad translated in George Borrow's vol.7, with a focus on ballads that mention swords (Adeling , Birting, Kolebrand (Coalbrand)). (06/1/21)
To-Do list / In the Works:
  • Durandal derivation - Some websites say Roland got it from the giant Jutmundus, but I think this is only a presumed Latin form concocted by someone who didn't know his sources too well. In the Old French e.g. Ch. d'Aspremont, the giant-statured Saracen prince is named Aumons, Eaumont, Hiaumont, Yaumont, etc. etc. )(+orig. text). In the Italian versions, this Saracen is named Almonte, and is mentioned in passing by the Orlando poems, although the prose work of Barberino gives a much more complete account.
  • Veillantif - The Italian version reveals that the horse the Saracens called Briadoro was renamed by the French.
  • Hauteclaire derivation - Girart de Vienne provides the exact provenance. Closamont is described as a Roman emperor of yore who owned it before. Sword given (+orig. text)
  • Joiuse derivation - Mainet or the enfance of Charlemagne. (orig. text avail as pdf@BNF).
  • Adelring - Occurs in at least 5 Danish ballads, though only in variants in some cases. Four of the five ballads have Eng. trans. of some sort.
  • Dietleip's sword called Welsung in the poem Biterolf is called Belsung on the Runkelstein castle mural. And Mülenhoff suggests this is based on the name of the clan called the Vösungs in the Norse saga. Which means...
重要な更新履歴・注目アイテム:
(現在、 A ~ C に集中しているつもりだが、クロスリンク作業についついつられて道草多し。 ページの完備までの道は遠い。) 。
  • ビターファー - ホーンがリムニルド王女から贈られた剣で、刀匠ウェランドの作 (King Horn). (06/07/04)
  • クリサオル、クリセイオー - 正義の英雄アルテガルの剣。(『妖精の女王』Faerie Queene). (06/07/01)
  • アフィレ - シャルルマーニュがガラフより贈られた馬(ジョワイユーズも与えられた?) (06/06/15 頃)
  • ミマーリング - (デンマーク古謡) ヴィドリク・ヴェーレンソン (≒ ウィティゲ)の剣。その兜ブランク、盾スクレッピング、馬スキミングも収録 (06/06/15 頃)
  • 『アンタル物語』関連:ジャミアブジュルズル・ハヤト ズル・ハヤトズル・ハヤト (06/06/15 頃)
  • 《ヒルデブラントの盾》
    (06/03/25) updated - 「狼」一族の紋章の説明。
  • アロンダイト - (原典究明しました)。完訳 (05/09/30 頃)。
    異名追加しました(06/03/25)
  • 《アバリスの矢》 (06/03/10) じつはアポロンが単眼巨人を殺した矢であることなど。
  • アスカロン - (原典はエリザベス朝英国) (05/10/07 頃)。16世紀テキスト画像up (06/01/15 頃)。
  • カリバーン - (年代記系統の原典たぐり)。 盾プリドウェン、兜ゴズホウィット、槍ロン(05/11/03 頃)
  • ウェールズ三行詩が列挙する馬名のうち、二つばかしを索引に追加(カイの「栗毛長首」号とオウァインの「蹄割れ」号。 (05/11/05)
  • 《チュルパン司教の十字架》新ネタ - ミロン法王からもらった「(キリスト磔刑の)真の十字架」のかけらが入ったもの。 ビカーっと光って異教徒をひるます。(05/11/11)
  • 神秘の力があるとされる石類アエタイトアレクトリアを追加。(05/11/16)
  • アルマスの由来 - 『カルル大王のサガ』の章を抜粋から全文に。原文追加(+)。「慈悲の意」説を拡充。「アラビア語起源(金剛石の意)」説を掲載。(05/11/23)
  • 裁きの(アーロンの)胸当ての画像up (欽定聖書)(05/11/28)。 この胸当てにある十二の宝石(イスラエルの民の象徴)は、ヨハネが新約聖書で挙げる石(十二使徒の象徴)のもととなり、 ドイツ皇帝の王冠も十二+十二種の宝石をあしらえる。この王冠は現存し、ウィーンの 王宮〔ホフブルク〕宝物館所蔵。
  • メールストロム up (06/1/15)。関連する グロッティ(魔法の碾臼)のページも同時着手。
  • 名剣アゼルリング , オーム若青年の剣ビルティング、リボルト卿の剣コレブラン (コールブラン))の元ネタのデンマークのバラードのいくつかの英訳を George Borrow's vol.7に掲載。「バームの巨人とオーム若青年」をとりあえず和訳 (06/1/21)

準備中・予告編:
  • デュランダルの由来 - ロラン青年が剣を奪った相手「(巨人の)ユトムンダス」はよくわからんが、ラテン語形なのだろう。フランス語だとオーモン(古期仏語:アウモンス、アウモント、イアウモント等)(原典)という名。イタリア形はアルモンテで『〜オルランドー』でも確認可。ちなみに馬や角笛もこの敵から奪った。
  • ヴェイアンティフ - イタリア版では、サラセン人がブリアドロと呼んでいた馬をフランス勢が改名した
  • オートクレールの由来 - 『ヴィエンヌのジラール』の詩節(原典引用)
  • ジョワイユーズの由来 - 武勲詩『メネ(ット)』(シャルルマーニュ幼年記)(原典 pdf@BNF)
  • アゼルリング - 同名の剣が、デンマーク古謡には(私が知るなかで)5つある。うち四作までは英訳あり。 ディゼリク。
  • ディートライプの剣は、英雄詩ではウェルスンクと呼ぶが、その変形であるベルスンクという呼び名は、ルンケルシュタイン(ロンコーロ)城の壁画の「名剣3振り」銘にしかのこっていない。記事からのコピー画像はアップする予定。壁画の画像も入手した。ちなみにウェルスンクという剣名は、北欧サガで言う「ヴェルスング一族」の名から発想を得ている考察されている。ということは、...?

⇒GoTo Repository of Mythos & Poesy

⇒神話&詩の格納庫へ


mail:

login:go-stats


Last Modified

banners: Link-Free
Hosted by EarthLink